曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの?

この記事の所要時間: 259




キングダム 始皇帝

 

秦が天下統一することができたのは秦王政の果断な決断と他国を圧する

国力・人材を持っていたことが原因であると黒田廉は考えます。

上記は秦国内において秦が統一できた理由ですが、外部的要因は一体何なのでしょうか。

色々あると思いますが、一つ挙げるとするならば黒田廉は東方の大国であった斉が沈黙していた

ことが要因に挙げられるのではないかと思います。

この斉の国は田氏が王として君臨している国ですが、元々は羌族(きょうぞく)が建国した国でした。

今回は斉の国はいったい誰が建国したのかをご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!

 

斉は羌族が打ち立てた国

羌族

 

羌族。

この民族は古代中華で異民族に入る部類で、

三国志の時代には蜀地方に住んでいる部族です。

 

馬超と羊

 

蜀の五虎将軍のひとりである馬超(ばちょう)がこの羌族と仲が良かったそうで、

彼が一声かければ多くの民族が彼の元に結集し、

蜀軍は幾度も助けられることになる異民族です。

さて斉の国を建国したのは羌族の中のある有名な人物が周王朝の時代に斉を建国することを

許されたことがきっかけで誕生した国です。

その有名な人物とは釣りが大好きな人でした。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)




大軍師呂尚の活躍がきっかけ

日光 ピンク f

 

羌族出身の呂尚(りょしょう)は羌族出身の人物でした。

しかし呂尚が属していた羌族は戦うことが苦手で、

部内で争いが勃発した際に戦嫌いの羌族は部内を離れて西方や東方へ逃亡。

この時呂尚も西方へ部族と共に逃亡しております。

そして当時西方の地の有力者であった西伯侯(せいはくこう)とであったことがきっかけで

彼の人生は大きく変化することになります。

西伯昌と呂尚が出会ったのは釣りがきっかけだったそうで、

西伯昌と呂尚はたがいに意気投合したことで西伯侯が呂尚を自らの車に乗せて、

その後本境地へ連れて行き軍師として迎え入れます。

こうして呂尚を手に入れた西伯侯は彼の進言を採用していったことで大きく飛躍することになり、

西伯昌の死後息子である発が跡を継ぎます。

彼は暴君である紂王(ちゅうおう)を討伐するため呂尚と共に大決戦を計画。

そして呂尚の進言によってついに暴君・紂王を倒して殷王朝を討伐。

殷を倒した武王は周を建国します。

武王は呂尚の軍功を褒めたたえて、彼を東方の営丘(えいきゅう)という土地に領土を与えます。

これがきっかけで斉は誕生することになります。

斉の初代君主であり、斉建国の立役者は太公望・呂尚です。

この呂尚が斉へ赴くときにエピソードが残っているのでご紹介します。




時は得難くして失しやすし

月 f

 

呂尚は武王から斉の国に領土を与えられます。

彼は馬車に乗って悠々と斉の国へ向かっていき、色々なところで宿泊をしながら向かっていきます。

彼はある宿に泊まった際、この宿の主人から厳しいアドバイスをもらいます。

宿の主人は呂尚へ「お客人。あなたは国をもらって向かう途中なのに、

こんなにゆっくりでいいのですか。『時は得難くして失しやすし』といいますぞ」と

アドバイスを受けます。

この言葉を聞いた呂尚は急いで宿を飛び出して斉へ向かって驀進していきます。

このアドバイスをもらった時、斉へ異民族が大軍を率いて攻撃を行うために進軍中でした。

呂尚が攻撃軍より早く着いたことによってなんとか斉の首都であった営丘を死守することができ、

斉の国は守られることになります。

宿屋の主人からのアドバイスがなければ斉の国は誕生した瞬間に滅亡したかもしれませんね。

 

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

太公望呂尚が建国した斉はその後名君と言われる桓公と管仲の名コンビによって、

中原一体を収める覇者へと成長することになるのですが、

この名コンビ以降斉の国力は徐々に弱っていくことになり、田氏が台頭してくることになります。

そして田氏が斉の国の実質的に運営していた事と羌氏の後継が途絶えたことを契機として、

田氏が斉の国主に就任することになります。

こうして田氏が新しい斉国を誕生させることになり、

秦の天下統一まで田氏の血脈が続いていくことになります。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  2. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  3. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介
  4. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  6. キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃
  7. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  8. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  2. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  3. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  4. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?
  5. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  6. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる! 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長

おすすめ記事

  1. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  2. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  3. 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  4. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!
  5. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。
  6. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  7. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証
  8. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP