よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信




韓信 将軍

 

前漢の名将・韓信(かんしん)

いくつもの戦いを勝利に導き、

楚漢戦争の最終決戦では彼の軍勢が劉邦軍に加わったことで、

大勝利を収めます。

そんな彼ですが、若い頃はダメ人間でした。

 

韓信 2

 

仕事をせずにのらりくらりと遊んでばかり、友人に食べさせてもらっていましたが、

あることがきっかけで韓信は激怒してその友人の元を飛びだし、

色々と仕事を転々とした後、漢の劉邦に才能を見出されて将軍へと出世。

彼は仕事を転々としている時にある老婆から助けてもらいます。

それを天下統一後楚王となってからも忘れずにいて、彼は老婆へ恩を返すのです。

さて彼はどのような恩返しを老婆にしたのでしょうか。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




淮陰のダメ人間

韓信と鍾離昧

 

韓信は淮陰(わいいん)出身の人物です。

彼の家は富豪ではなく貧乏な家出したが、彼は仕事をせずのらりくらりと遊んでおりました。

もちろんお金なんてほとんどなく、貯蓄もゼロです。

しかし彼にはなぜか友達が多く、いつも誰かの家に泊まって食べさせてもらっていました。




ブチギレて友達の家を飛び出す

韓信と鍾離昧

 

韓信は仕事もせずにブラブラと遊んで、毎日友達の家に寄宿してご飯を無償で食べておりました。

そんな彼は役人の友達の家でご飯を数ヶ月無料で食べさせてもらっていました。

友達は優しくいつも通りに接してくれていましたが、

友達の奥さんは仕事もしないでタダ飯ばっかり食っている韓信を見て呆れておりました。

そんなある日友達の奥さんは朝早く出て行く旦那さんの食事を作って食べさせます。

そして彼女は韓信が起きる前にご飯を寝床で食べた後、寝てしまいます。

遅起きの韓信は家のテーブルの上に自分のご飯がないことを不思議そうに感じて

友人の奥さんに「ご飯はまだですか」と尋ねます。

だが彼女は韓信の言葉を無視して、家事を行っていきます。

この奥さんの姿をみた韓信はブチギレて「マジうぜーな。今後この家には一切近づかねーよ!!」と

ブチギレて出てってしまいます。

 

お婆さんの優しさ

韓信

 

友人の家を出た韓信は一念発起して、仕事を行いますが何をやってもうまくいきませんでした。

そんな彼を見かねた老婆が韓信にご飯を食べさせてあげます。

韓信は老婆からの施しをありがたく受けて、ガツガツご飯を食べます。

ご飯を食べ終えた韓信は老婆へ「ありがとう。俺が出世したら今日の恩は必ず返すから」と

述べます。

しかし老婆は「ふん。お前さんからの恩返しなど期待していないわい。

お礼をもらいたくてあんたに施しをしたわけではないよ」と冷たく言い放ちます。

その後韓信は幾日か老婆の元へ通っていましたが、

ある日を境にぱったりと彼は姿を見せなくなります。

 

楚王韓信の恩返し

韓信

 

韓信は老婆の元を去ってから劉邦軍に属して将軍の位にまで出世。

その後劉邦が天下統一を果たすと韓信は楚王に任命されます。

彼は楚王になると数ヵ月食べさせてもらった友人へ百斤もの黄金を与えます。

そしてどの仕事を行ってもダメだった韓信にご飯を与えてくれた老婆へ千斤もの黄金を与えます。

こうして韓信は恩を施してくれた人間には恩を恩でしっかりと返すのです。

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

彼はさらに韓信に股くぐりをさせた男を呼び、「君を中尉任じる」と言って官職を与えます。

彼には屈辱しかもらっていない韓信ですが、

彼は「あの時、私は彼を斬ることもできた。しかしあそこで耐え忍んで、

股を潜ったからこそ今の私があるのだ。これも一種の恩である」と言っております。

上記のエピソードを見る限り、彼は非常に器の大きい人物であることが

証明されているのではないのでしょうか。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  3. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  4. 魯粛 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  5. 羊コ 羊祜 魏と晋 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  6. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  7. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  8. 腐れ儒者気質な孔融 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

  1. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  2. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る
  3. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  4. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  5. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】

三國志雑学

  1. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 劉備 結婚
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹休と曹丕を可愛がる曹操

おすすめ記事

三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの? 金栗四三の足袋 いだてん 金栗四三の足袋から日本初のマラソンシューズが始まった! kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相

おすすめ記事

  1. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?
  2. 橋本左内には写真が存在するの?
  3. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  4. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  5. 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった? 坂本龍馬(幕末時代)
  6. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」 辮髪(べんぱつ)
  7. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 法正と劉備
  8. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP