古の軍師、張良に陳寿と裴松之もぞっこんほれ込む?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

張良

 

劉邦(りゅうほう)の腹心であり、功臣であり、稀代の人物でもあった張良(ちょうりょう)。彼の名は時代を越えて尚、漢の時代が終焉しても尚褪せることはありませんでした。

 

魏の曹操孟徳

 

今回はそんな張良の紹介を軽くしつつ「曹操(そうそう)にとっての」張良もご紹介していきたいと思います。




張良という名の復讐者

始皇帝に恨みを抱く張良

 

張良、字は子房(しぼう)。彼は元々韓の人物であり、彼の家はその韓で代々宰相を務めた家柄でした。

 

始皇帝(キングダム)

 

しかしこの韓は滅ぼされます。そう、秦の始皇帝(しこうてい)に。

張良

 

韓の滅亡時にはまだ若く、官職には就いていなかった張良ですが、国を滅ぼした秦、そして始皇帝への恨み、憎しみは強く、復讐を誓います。

 

関連記事:キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?

関連記事:キングダム休載雑学2「秦の最強の敵は楚ではなく三晋だった」




始皇帝暗殺失敗

張良と始皇帝

 

張良は全財産を使い、刺客を探して雇いだします。そして準備が整った張良は始皇帝の暗殺に動くのですが……残念と言うべきか、この暗殺自体は失敗。

張良と始皇帝

 

始皇帝を暗殺して祖国を滅ぼした恨みを晴らすことはできず、そればかりか張良自身が天下のお尋ね者となってしまいます。

 

張良

 

こうして張良は一時は名を変え、逃亡生活をおくることになりました。

 

関連記事:高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画

関連記事:荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

 

【国を動かせ!古代中国メンタリスト列伝】
戦国策

 

張良、劉邦と出会う

始皇帝

 

やがて時は流れ、暗殺に失敗した始皇帝も不老不死となることのないまま、崩御します。この死によって天下は乱れ、反秦の者たちが決起し始めます。

 

張良と劉邦

 

この際に張良は楚の地で立った景駒(けいく)の元に行こうとしていました。その途中で出会ったのが劉邦です。劉邦は張良を厚く持て成し、その兵法を良く聞き入れました。

 

張良

 

この出会いは正に運命的なもの、張良はこれから、劉邦の元に身を寄せ、良く補佐し、天下を取らせるに至ったのです。

 

関連記事:項羽相手の劉邦の戦績は負け続きのイメージ? 本当に72回敗れた?

関連記事:【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)

 

「子房」の意味

張良と劉邦

 

劉邦はやや振る舞いが傲慢であり、部下に対してもその片鱗を覗かせることがままあります。しかしそんな劉邦であっても張良は「子房」と字で呼び、敬意を払っていたことが伺えるのが特徴です。

 

張良

 

張良は蕭何(しょうか)韓信(かんしん)と共に劉邦の三傑と言われますが、彼らを評価する際に劉邦は張良を字で呼び、他の二人は名前で呼んでいます。

 

呂雉(りょち)

 

劉邦から敬意を払われつつも、その妻・呂后(りょごう)からも深く信頼され、数々の功臣たちが疑われる中でも張良は主に疑惑を持たせることはありませんでした。

 

関連記事:【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?

関連記事:秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

 

「師」という存在

釣りをしている太公望(老)

 

そんな張良の振る舞いは、古の存在、太公望(たいこうぼう)に倣ったものとも言われています。太公望は君主のために策略を巡らし、いくつもの補佐を行う役でありながら、君主からも尊敬される「師」です。

 

 

劉邦からも敬意を払われる存在である張良は、正に君主の師というべき存在だったのでしょう。張良はある意味で劉邦に並ぶ、ただし君主への敬意と尽力を忘れない、そんな存在であったと思われます。

 

関連記事:六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?

関連記事:太公望とはどんな人?全ての軍師の祖になった遅咲き賢者

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 韓信vs孔明
  2. 張良と劉邦
  3. 劉邦と簫何(蕭何)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP