袁術祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

この記事の所要時間: 66




鍾離昧

 

韓信(かんしん)は、若い頃、貧しく、また自分でお金を稼ぐ力もありませんでした。

いつも、人の世話になっては、ぶらぶら遊び歩く韓信を馬鹿にする人はいても

友達だと思う人は少なかったのです。

しかし、鐘離昧(しょうりばつ)だけは、韓信の野心と優れた将軍としての才能を

評価していました。

ところが、二人の友情は、残念な結末を迎える事になります。




若い頃の韓信を知る鐘離昧

韓信と鍾離昧

 

鐘離昧は、会稽郡(かいけいぐん)、山陰(さんいん)県の人であるようです。

若い頃から、武勇の誉れ高い人で、いわゆる出来る人でした。

韓信も会稽郡からは遠くない淮陰県の出身で、鐘離昧は、

若き、ニート同然の頃の韓信をよく知っていました。

 

周囲の人々は、韓信をロクデナシの臆病者と馬鹿にしていましたが、

鐘離昧は、韓信の底知れない才能を見抜いていたので、

嫌な顔もせず、韓信と友達として付き合っていました。




鐘離昧と韓信は反秦連合軍に加わるが・・

始皇帝 キングダム

 

二人が成人した頃、始皇帝が死去し、翌年の紀元前209年には、

陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)が、100万の流民を率いて反乱を起します。

その頃、会稽で挙兵したのが、項梁(こうりょう)と項羽(こうう)でした。

場所が近い事もあり、鐘離昧と韓信は、共に項梁の軍勢に身を投じます。

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

項羽の覚え目出度い鐘離昧、無視される韓信

韓信 PR

 

項梁の軍に入った鐘離昧は、項羽に気に入られてメキメキと出世します。

項羽には、范増(はんぞう)、周殷(しゅういん)、竜且(りゅうしょ)という

信頼の厚い重臣がいましたが、鐘離昧も、この中に入っていたそうです。

ところが、同じ頃に入った韓信は、項羽に評価されず、いつまでも

郎中(ろうちゅう)という、ボディーガードの地位のままでした。

将軍として、一軍を指揮したい韓信は、それが不満で何度も、

項羽に献策しますが、ことごとく項羽に無視されました。

 

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

 

見かねた鐘離昧も項羽に韓信を推挙

項羽と鍾離昧

 

対照的に重臣の地位にあった鐘離昧は、何度も項羽に、

 

鐘離昧「韓信はミラクルな男です、是非将軍の地位に就けて下さい」

と推挙を繰り返します。

しかし、項羽は、鼻で笑って、本気にしませんでした。

 

項羽「友達を思う、そなたの心は麗しい、、

しかし、誤解しないでくれ、余は韓信を知らず使わないのではない。

聞いた話では、韓信は昔、生命惜しさにゴロツキの股の下をくぐったそうではないか?

何と意気地の無い事か、、そのような男に一軍を任せる事は出来ぬ」

 

鐘離昧は、それには理由がある事を説明しますが、無駄でした。

 

韓信、項羽の下を飛び出し、劉邦に仕える

韓信 項羽

 

幾ら献策しても、項羽に使われない事を知った韓信は、

鐘離昧に別れを告げ劉邦(りゅうほう)の陣営に入っていきます。

やがて、項羽は秦を滅ぼして、西楚の覇王を名乗りますが、

劉邦はその功績を危険視されて、秦嶺山脈の向こうの

巴蜀(はしょく)の地へ左遷されます。

 

ここで、韓信は、劉邦の重臣、䔥何(しょうか)の必死の説得もあり、

ついに大将軍の地位に就きます。

 

やがて、劉邦は、項羽が主君である楚の懐王(かいおう)を

弑逆(しいぎゃく:家臣が主君を殺す事)した事を理由に、

反項羽の旗を挙げて、巴蜀を脱出するのです。

皮肉にも、韓信と鐘離昧は、ライバルの重臣同士になってしまいます。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  2. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  5. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  6. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  7. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!…
  8. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  2. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  4. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  6. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった? もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!? こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選

おすすめ記事

  1. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  2. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  3. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  4. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  5. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  6. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  7. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  8. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP