劉邦はなぜ大粛清を行ったのか?劉邦の粛清を少し考えてみる




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

陳平と劉邦

 

項羽(こうう)との戦い後、天下を統一した劉邦(りゅうほう)。その天下統一に至るまでは数々の苦難があり、多くの臣下たちの助けがありました。

 

 

韓信と劉邦

 

しかし天下統一を成し遂げるや否や劉邦は疑心暗鬼に憑りつかれ、韓信を始めとした部下たちを粛清した。

 

……と、今回はこの粛清に関して、考えてみたいと思います。




劉邦の粛清

劉邦と樊カイ

 

劉邦が粛清した、もしくはしようとしたとされる人物は、臧荼(ぞうと)利幾(りき)韓信(かんしん)韓王信(かんおうしん)彭越(ほうえつ)黥布(げいふ)盧綰(ろわん)蕭何(しょうか)樊噲(はんかいといった面々です。この内、蕭何・韓信は三傑と呼ばれた人物彭越・黥布は王としての功績の大きい人物。彼らは功績が大きく、力を持った人物だちです

 

劉邦と樊カイ

 

ただし前述したように、この全てを粛清したという訳ではありません。またこれらの人物を見ていくと反乱を起こしていたり、内通していたりと、疑わしい行動を起こしていたこともまた事実です。

 

ここで粛清に付いて少し考えてみましょう。

 

関連記事:樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑

関連記事:【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・




粛清とは?

粛清を繰り返す賈南風

 

粛清とはどうして行われるのでしょうか。良く「狡兎死して走狗煮らる」と言われるように、悪意を持って考えれば「天下統一を成し遂げた後は用無し」というのも理由の一つでしょう。

 

人たらしの豊臣秀吉からのオファーを拒否する佐久間盛政

 

しかし、天下を取るまでに力を付けすぎた部下たちを、天下を取ったからこそ処分しておく。こう考えると粛清にはもう一つの理由も見えてきます。

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

後の世のため

樊城の戦い

 

それは「後の世」です。自分が生きている間は大人しくしているかもしれない、しかし後を子が継いだ後、自分が死んだ後の時代にはどうなるのだろうか。

 

劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)

 

力を持ってしまったあの配下が、何かやらかしたりしないだろうか。そう思ったからこそ、子のためにも今自分で取り除いておく。粛清にはそういった「後の世のため」という理由もあると思います。

 

それを踏まえて、韓信の粛清に付いてちょっと見てみましょう。

 

関連記事:王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族

関連記事:高祖劉邦と劉備の「子供の扱い」について考察

 

韓信の粛清の主犯

 

韓信の粛清についてざっくりと話しましょう。劉邦の留守中に反乱を起こそうと考えていた韓信は、解放した囚人に呂后(りょごう)劉盈(りゅうえい)を捕らえさせようとしていた所、これを密告されてしまいます。

 

これを呂后に相談された蕭何は策を持って

「劉邦の使者から討伐完了したと報告があった」と布告を出し、諸侯(しょこう)が祝辞のために次々集まってしまったために韓信は計画を中断、仮病で引きこもります。

 

しかし蕭何から「病気だとは思うけど疑われているよ。疑いを晴らすために祝辞を述べに参内した方が良いよ」と言われて参内、捕らえられた韓信はそのまま劉邦の帰りを待つことなく、処刑されます。

 

韓信

 

この事を振り返ると、韓信の粛清の主犯格は呂后と蕭何ということもできるでしょう。

 

関連記事:蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

 

粛清の主犯は呂后?

復讐の鬼に変貌する呂雉

 

さて劉邦の粛清の話をすると「劉邦は悪くないの!大体の主犯は呂后!」という意見も見ることができます。しかしそういうと「劉邦の粛清の罪を呂后にかぶせてる!」という意見も出てくると思います。

 

筆者の意見としては、全てではないにしろ「粛清に乗り気だったのは劉邦よりも呂后」だと思うのです。その理由として「粛清には後の世のためという理由」が、劉邦よりも呂后の方が大きいということがあります。

 

関連記事:彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄

関連記事:漢王朝を裏切って異民族の土地に逃げた盧綰とは何者?

 

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 皇帝に直言する季布とヒヤヒヤする周辺
  2. 劉邦と項羽
  3. 陳平
  4. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  5. 水魚の交わり
  6. 張良と劉邦

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • くろだっち
    • 2021年 8月 27日

    いつも興味深く拝見させてもらっています。
    唐の太宗と李靖が登場人物の「李衛公問対」の中で孫子から「道」、「天地」、「将法」の3つがあり、諸葛孔明は「天地」を把握していたと評価されていましたが、
    三国時代で、「天地」を極めていた人物はいたのでしょうか?
    もしくは諸葛孔明はもし存命中に蜀が中華を統一したら張良や范蠡のように地位をすっぱりと棄てる事ができたでしょうか?
    それとも韓信のように粛清されてしまうのでしょうか?

    南北朝時代の人物「檀道済」の兵法書「三十六計」の特徴や三国時代にあった戦いでとった戦法に通じる事があったら教えてほしいです。
    よろしくお願いします。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP