広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?

この記事の所要時間: 248




真田丸02(武田信玄)

 

武田晴信(たけだはるのぶ)は北信濃最大の豪族である村上氏の本拠地陥落に成功します。

しかし村上氏は本拠地から逃れて長尾家へ逃亡し、

長尾家当主である長尾景虎(ながおかげとら)に北信濃のへ出兵して欲しいと懇願します。

この懇願を聞いた景虎は軍勢を率いて北信濃へ向けて出陣を行います。

晴信は景虎との直接対決を避け続けていたそうですが、

彼はなぜ景虎との戦いを避け続けていたのでしょうか。

川中島前半における晴信の挙動をおってみたいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




長尾景虎動く

上杉 謙信 wiki

(画像引用元:上杉 謙信 wikipedia)

 

長尾景虎は村上義清(むらかみよしきよ)の要請を受けて越後(えちご)を出陣して、

北信濃へ向かいます。

この時晴信も越後勢を迎撃するべく出陣しておりますが、景虎との直接対決を行うことを

しないで信濃の領内防衛に努めておりました。

景虎は晴信が出てこない為、北信濃の武田方の豪族達の居城を攻撃して陥落。

景虎はその後も北信濃で暴れまわることと数十日、晴信が出てこない為越後へ帰還します。

晴信は越後勢が帰還したことをするとすぐに出陣して、攻略された領土を奪い返すことに成功

しております。

こうして武田・長尾の領有対決は見送られることになり、

第一回川中島の戦いは終結することになります。




晴信の逆襲

炎 s

 

晴信は景虎と直接対決することはしませんでしたが、調略によって逆襲を図ります。

彼は越後の豪族である北条(きたじょう)景広(かげひろ)へ調略を行い、

影虎に反乱を起こすように仕向けます。

この調略は成功し、景広は影虎に叛旗を翻すことになります。

景虎は北条景広が反乱を起こしたことを知ると急いで反乱軍を鎮定。

そして晴信は景広を降伏させたことでこの反乱は幕を閉じることになるのですが、

この時景虎は景広に「なぜ反乱を起こしたのか」と問いただします。

すると景広は「甲斐の武田家から援軍が来る予定でしたが、奴らわしらを見捨てたのです。」と

怒りをあらわにして訴えます。

このことを知った景虎は晴信へ強い怒りを覚えることになります。

 

第二次川中島の戦い勃発

炎 s

 

景虎は景広をそそのかした武田家に強い怒りを覚え、再び北信濃へ向けて出陣。

晴信は景虎が再び信濃へ出陣したことを知ると北信濃の豪族で善光寺別当(ぜんこうじべっとう)で

ある栗田氏を善光寺近くの旭山城(あさひやまじょう)に入城させ、

景虎軍からの防衛をさせます。

また晴信も自ら軍勢を率いて北信濃へ向けて出陣。

そして旭山城に対抗して葛山城を構築して長期戦の構えを見せます。

こうして第二次川中島の戦いが勃発することになります。

しかしこの戦いでも晴信は終始越後勢との決戦を行うことをしないで防衛に努めます。

両軍の対立は4月に始まったのですが、7月になっても決着を見ることはありませんでした。

そのため晴信は同盟していた今川家に要請を出して和睦の仲介に立ってもらうように

お願いします。

今川義元は晴信の要請を受けて武田・長尾両者の和睦の仲立ちに立つことにします。

こうして両者は今川義元の仲介によって和睦が成立したことがきっかけで、

撤退することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

晴信はなぜ景虎へ決戦を挑まなかったのでしょうか。

その原因は決戦を行ったことによって起きる人的損害と敗北時の影響を考えてのことです。

晴信と景虎が一大決戦を行った場合、勝ったとしても人的損害は計り知れないほどのダメージを

受けて国力は低下することになるのでしょう。

また敗北してしまった場合、せっかく苦労して手に入れた信濃全域に及ぶ影響は計り知れず、

もしかしたら信濃の大半を失う事になるかもしれません。

このようなことを考えた晴信は長尾家と一大決戦をすることを避けて、

駆け引きに終始することで結果的に勝利に持っていくことを考えていたのではないかと

思います。

 

参考文献 信玄の戦略 中公新書 柴辻俊六著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  2. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  3. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  4. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  5. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  6. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  7. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  8. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  2. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍
  3. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  4. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  5. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  6. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず! 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】
  2. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  3. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?
  4. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  5. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  6. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  7. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP