春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?

この記事の所要時間: 248




真田丸02(武田信玄)

 

武田晴信(たけだはるのぶ)は北信濃最大の豪族である村上氏の本拠地陥落に成功します。

しかし村上氏は本拠地から逃れて長尾家へ逃亡し、

長尾家当主である長尾景虎(ながおかげとら)に北信濃のへ出兵して欲しいと懇願します。

この懇願を聞いた景虎は軍勢を率いて北信濃へ向けて出陣を行います。

晴信は景虎との直接対決を避け続けていたそうですが、

彼はなぜ景虎との戦いを避け続けていたのでしょうか。

川中島前半における晴信の挙動をおってみたいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




長尾景虎動く

上杉 謙信 wiki

(画像引用元:上杉 謙信 wikipedia)

 

長尾景虎は村上義清(むらかみよしきよ)の要請を受けて越後(えちご)を出陣して、

北信濃へ向かいます。

この時晴信も越後勢を迎撃するべく出陣しておりますが、景虎との直接対決を行うことを

しないで信濃の領内防衛に努めておりました。

景虎は晴信が出てこない為、北信濃の武田方の豪族達の居城を攻撃して陥落。

景虎はその後も北信濃で暴れまわることと数十日、晴信が出てこない為越後へ帰還します。

晴信は越後勢が帰還したことをするとすぐに出陣して、攻略された領土を奪い返すことに成功

しております。

こうして武田・長尾の領有対決は見送られることになり、

第一回川中島の戦いは終結することになります。




晴信の逆襲

炎 s

 

晴信は景虎と直接対決することはしませんでしたが、調略によって逆襲を図ります。

彼は越後の豪族である北条(きたじょう)景広(かげひろ)へ調略を行い、

影虎に反乱を起こすように仕向けます。

この調略は成功し、景広は影虎に叛旗を翻すことになります。

景虎は北条景広が反乱を起こしたことを知ると急いで反乱軍を鎮定。

そして晴信は景広を降伏させたことでこの反乱は幕を閉じることになるのですが、

この時景虎は景広に「なぜ反乱を起こしたのか」と問いただします。

すると景広は「甲斐の武田家から援軍が来る予定でしたが、奴らわしらを見捨てたのです。」と

怒りをあらわにして訴えます。

このことを知った景虎は晴信へ強い怒りを覚えることになります。

 

第二次川中島の戦い勃発

炎 s

 

景虎は景広をそそのかした武田家に強い怒りを覚え、再び北信濃へ向けて出陣。

晴信は景虎が再び信濃へ出陣したことを知ると北信濃の豪族で善光寺別当(ぜんこうじべっとう)で

ある栗田氏を善光寺近くの旭山城(あさひやまじょう)に入城させ、

景虎軍からの防衛をさせます。

また晴信も自ら軍勢を率いて北信濃へ向けて出陣。

そして旭山城に対抗して葛山城を構築して長期戦の構えを見せます。

こうして第二次川中島の戦いが勃発することになります。

しかしこの戦いでも晴信は終始越後勢との決戦を行うことをしないで防衛に努めます。

両軍の対立は4月に始まったのですが、7月になっても決着を見ることはありませんでした。

そのため晴信は同盟していた今川家に要請を出して和睦の仲介に立ってもらうように

お願いします。

今川義元は晴信の要請を受けて武田・長尾両者の和睦の仲立ちに立つことにします。

こうして両者は今川義元の仲介によって和睦が成立したことがきっかけで、

撤退することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

晴信はなぜ景虎へ決戦を挑まなかったのでしょうか。

その原因は決戦を行ったことによって起きる人的損害と敗北時の影響を考えてのことです。

晴信と景虎が一大決戦を行った場合、勝ったとしても人的損害は計り知れないほどのダメージを

受けて国力は低下することになるのでしょう。

また敗北してしまった場合、せっかく苦労して手に入れた信濃全域に及ぶ影響は計り知れず、

もしかしたら信濃の大半を失う事になるかもしれません。

このようなことを考えた晴信は長尾家と一大決戦をすることを避けて、

駆け引きに終始することで結果的に勝利に持っていくことを考えていたのではないかと

思います。

 

参考文献 信玄の戦略 中公新書 柴辻俊六著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  2. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…
  3. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  4. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  5. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  6. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  7. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  8. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  2. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  4. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  5. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  6. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ! かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし

おすすめ記事

  1. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!
  5. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  6. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  7. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP