呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?




武田勝頼 wikipedia

(画像引用元:武田勝頼 wikipedia)

 

武田勝頼は父である信玄が亡くなると武田家の跡をついで新当主に就任することになります。

彼は新当主になった数日後に色々な問題に直面することになるのですが、

その中でも一番の問題で早々に解決しなくてはならない問題がありました。

それは徳川軍を追い払わなくてはならないということと家臣団の一致団結です。

かれは家臣団を一致団結させるためには父信玄を超える働きをしなくてはならないと考えて、

領土拡張政策を積極的に行っていくことになります。

そこで彼がまず目につけたのが美濃侵攻(みのしんこう)と信玄が陥落することができなかった

高天神城(たかてんじんじょう)攻略戦です。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




美濃へ大軍を率いて侵攻を開始

炎 s

 

勝頼は徳川軍が三河や遠江、駿河へ攻撃をしかけていることを防ぐためにまず小手調べとして

信長が領土としている東美濃(ひがしみの)へ攻撃を開始。

徳川と織田は同盟していることから武田軍から攻撃を受ければ織田から

徳川へ武田領へ攻撃を仕掛けることに対してストップがかかるのではないかと期待して攻撃を行います。

この攻撃ではかなりの戦果をかげることに成功しており、

東美濃の明智城(あけちじょう)を含む数十城を陥落させることに成功しています。

しかし織田家から徳川へストップが掛かるようなことはありませんでした。

そのため勝頼は徳川を打ち払うべく自ら大軍を率いて出陣することにします。




父が陥落することができなかった高天神城を攻略

月 f

 

勝頼は自ら大軍を率いて遠江の要である二俣城(ふたまたじょう)へ救援に赴きます。

徳川軍は二俣へ武田軍がやってくるとすぐに浜松城へ帰還します。

勝頼は徳川軍へ痛撃を与えることができないため、父が陥落することができなかった要害堅固な

高天神城へ攻撃を仕掛けます。

この城は武田信玄の攻撃を弾き返しただけあり、

勝頼率いる武田軍の猛攻を一ヶ月以上耐え抜きますが、

兵糧不足が問題となって武田軍に城を明け渡しております。

この結果信玄が抜けなかった高天神城を攻略してことによって自らに自信がつくと同時に、

内外に父以上の人物であることを印象づけた一戦と言えるのではないのでしょうか。

 

信長が恐れた武田勝頼

織田信長01

 

織田信長は武田信玄が西上作戦を行うために西進してきた時の恐怖を

ぬぐい去ることができませんでした。

そのため彼は信玄が亡くなった後に勝頼が武田家の新当主として就任しても恐れておりました。

彼がいかに武田家を恐れていたかを現すエピソードが残っております。

上杉謙信は勝頼を早く討伐してくれと徳川と織田へ要請を出します。

信長は謙信に対して「越後から勝頼軍を牽制してくれると非常に助かる」と述べてから

「勝頼は信玄の遺言や法をしっかりと守っており、信玄に勝るとも劣らない人物であると考えている。

油断すれば大変なことになるから気をつけるべし」と書状を送っており、

信長の中でいかに勝頼が大きな存在であったのかがわかるエピソードだと思います。

 

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

武田勝頼は領土拡張制作を推し進めていくことで、

家臣団の意思統一を図っていこうと考えておりました。

この考え方は確かに正しいと私は思います。

勝頼は信玄から色々な事を教わったかもしれませんが、

重臣達から認められるような実績を残していないまま武田家を継ぐことになってしまいます。

その彼が重臣達から認められるためには戦で勝利を重ねるのが、

一番早いのではないかと思います。

しかしこの領土拡張政策は家臣団の意思統一を図るにはいいのかもしれませんが、

国力を省みてやらないと大変なことになるのと一度敗北してしまったときにも大変なことが

おきます。

さて勝頼はどうやって領土拡張政策を推し進めていったのでしょうか。

 

参考文献 新人物往来社 武田勝頼 柴辻俊六著

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張翼 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の墓はどこにある?2箇所ある明智光秀の墓へのアクセス方法…
  3. 信(キングダム風) 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…
  4. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振…
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  7. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の…
  8. 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長は理想の上司?リーダーシップは本当に優れていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朱治
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)
  5. 曹操
  6. 朶思大王
  7. 陸遜
  8. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  9. 鍾会を説得する姜維

おすすめ記事

  1. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  2. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 蔡琰
  3. 明智光秀の手紙は分かりやすい?信長に褒められた内容とは? 馬にまたがって戦う明智光秀
  4. 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの? 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その5「別離の日」 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ 織田信長

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 三国志 象兵
  3. 孔明のテントがある野外のシーン
  4. 朝まで三国志 劉備
  5. 周倉


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  3. 韓信将軍
  4. 斎藤道三
  5. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  6. 劉邦と簫何
  7. 曹操は関羽をGET

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? キングダム53巻 キングダム594話ネタバレ雑学「趙峩龍の戦術元ネタを暴露」 チャーチル 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点 前原一誠 吉田松陰の思想を最も濃く受け継いでいたのは、前原一誠だった?! 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 幕末 洋式軍隊の行進 酒井忠篤とはどんな人?明治新政府軍に降伏後まで紹介 旅馬 三国志 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 陸遜 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP