広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?

この記事の所要時間: 253




武田勝頼 wikipedia

(画像引用元:武田勝頼 wikipedia)

 

武田勝頼は父である信玄が亡くなると武田家の跡をついで新当主に就任することになります。

彼は新当主になった数日後に色々な問題に直面することになるのですが、

その中でも一番の問題で早々に解決しなくてはならない問題がありました。

それは徳川軍を追い払わなくてはならないということと家臣団の一致団結です。

かれは家臣団を一致団結させるためには父信玄を超える働きをしなくてはならないと考えて、

領土拡張政策を積極的に行っていくことになります。

そこで彼がまず目につけたのが美濃侵攻(みのしんこう)と信玄が陥落することができなかった

高天神城(たかてんじんじょう)攻略戦です。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




美濃へ大軍を率いて侵攻を開始

炎 s

 

勝頼は徳川軍が三河や遠江、駿河へ攻撃をしかけていることを防ぐためにまず小手調べとして

信長が領土としている東美濃(ひがしみの)へ攻撃を開始。

徳川と織田は同盟していることから武田軍から攻撃を受ければ織田から

徳川へ武田領へ攻撃を仕掛けることに対してストップがかかるのではないかと期待して攻撃を行います。

この攻撃ではかなりの戦果をかげることに成功しており、

東美濃の明智城(あけちじょう)を含む数十城を陥落させることに成功しています。

しかし織田家から徳川へストップが掛かるようなことはありませんでした。

そのため勝頼は徳川を打ち払うべく自ら大軍を率いて出陣することにします。




父が陥落することができなかった高天神城を攻略

月 f

 

勝頼は自ら大軍を率いて遠江の要である二俣城(ふたまたじょう)へ救援に赴きます。

徳川軍は二俣へ武田軍がやってくるとすぐに浜松城へ帰還します。

勝頼は徳川軍へ痛撃を与えることができないため、父が陥落することができなかった要害堅固な

高天神城へ攻撃を仕掛けます。

この城は武田信玄の攻撃を弾き返しただけあり、

勝頼率いる武田軍の猛攻を一ヶ月以上耐え抜きますが、

兵糧不足が問題となって武田軍に城を明け渡しております。

この結果信玄が抜けなかった高天神城を攻略してことによって自らに自信がつくと同時に、

内外に父以上の人物であることを印象づけた一戦と言えるのではないのでしょうか。

 

信長が恐れた武田勝頼

織田信長01

 

織田信長は武田信玄が西上作戦を行うために西進してきた時の恐怖を

ぬぐい去ることができませんでした。

そのため彼は信玄が亡くなった後に勝頼が武田家の新当主として就任しても恐れておりました。

彼がいかに武田家を恐れていたかを現すエピソードが残っております。

上杉謙信は勝頼を早く討伐してくれと徳川と織田へ要請を出します。

信長は謙信に対して「越後から勝頼軍を牽制してくれると非常に助かる」と述べてから

「勝頼は信玄の遺言や法をしっかりと守っており、信玄に勝るとも劣らない人物であると考えている。

油断すれば大変なことになるから気をつけるべし」と書状を送っており、

信長の中でいかに勝頼が大きな存在であったのかがわかるエピソードだと思います。

 

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

武田勝頼は領土拡張制作を推し進めていくことで、

家臣団の意思統一を図っていこうと考えておりました。

この考え方は確かに正しいと私は思います。

勝頼は信玄から色々な事を教わったかもしれませんが、

重臣達から認められるような実績を残していないまま武田家を継ぐことになってしまいます。

その彼が重臣達から認められるためには戦で勝利を重ねるのが、

一番早いのではないかと思います。

しかしこの領土拡張政策は家臣団の意思統一を図るにはいいのかもしれませんが、

国力を省みてやらないと大変なことになるのと一度敗北してしまったときにも大変なことが

おきます。

さて勝頼はどうやって領土拡張政策を推し進めていったのでしょうか。

 

参考文献 新人物往来社 武田勝頼 柴辻俊六著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  2. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!
  3. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島…
  4. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  5. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  6. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  7. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  8. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  2. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  3. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】
  4. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  5. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?
  6. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上! 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの? 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介

おすすめ記事

  1. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  3. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  5. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  6. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  7. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  8. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP