はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟

この記事の所要時間: 340




キングダム 政

 

キングダムでは、秦王政の弟として登場し、露骨な貴族意識と差別主義で

政を憎んで王位を狙い、漫画でも異彩を放った成蟜(せいきょう)

結局は信の活躍で陰謀は破れ、政に派手にボコられるという形で

漫画からは、一旦、フェードアウトしていました。

次に現れた時には改心し、政を支える頼れる男になっていましたが、

封地の城主代行に叛かれて幽閉された上に反乱軍の親玉の濡れ衣を着せられ、

妻である瑠衣(るい)を救う為に重傷を負い、死んでしまっています。

そんな思わぬ所で泣かせてくれる成蟜は、本当はどんな人なのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




政とは違い、秦本国で産まれたエリート王族

呂不韋

 

成蟜には個人の伝はありませんが、史記、春申君列伝や始皇帝本紀に記述があります。

事実として秦王政の弟ですが、趙で産まれた政と違い、紀元前258年に

父の子楚(しそ)が呂不韋(りょふい)の手引きで趙を脱出した後に秦で産まれます。

もちろん、政と母は趙に置き去りなので、母親も違うという事になります。

 

こうして考えると、政と違い、趙人の憎悪の中で生活する事がなかったので、

性格としては、暗いところがなく伸び伸び育ったのかも知れません。

成蟜は王族として長安君に封じられます。

 

関連記事:【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?

関連記事:【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?




少年時代、韓の宰相として領地を割譲させる

 

漫画では、自分では何もできず、部下任せでありながら、尊い血筋だけを誇り

成りあがり者を毛嫌いする嫌な性格として描かれる成蟜ですが、現実には

兄の政よりも早く手柄を立てています。

 

史記、春申君列伝によると、彼は盛橋(せいきょう)という名前で登場し

曾祖父である昭襄王(しょうじょうおう)の命令で韓に宰相として送り込まれます。

当時の韓は漫画と違い(同様?)弱小国で、常に秦の干渉を受けていました。

 

ここで成蟜は、秦の為に謀り、韓の土地の百里四方を割譲させて、

秦の領地に組み込んでいます。

 

これは、昭襄王の末年の出来事ですが、その時、成蟜は十歳未満なので

大きな手柄と言っていいでしょう。

年齢から言って当人の仕事ではないでしょうが、それだけ有能な臣下に

恵まれていたという事かも知れません。

 

呂不韋の策謀で王位は望めず恨みが募る

ろうそく f

 

しかし、成蟜が王位に就く事はありませんでした。

彼の父である子楚は呂不韋の援助を受けており、紀元前250年

荘襄(そうじょう)王として即位すると趙から帰還した趙姫を正妃とし、

政を太子としたのです。

 

当時の成蟜は10歳に満たないので、何と言う事も無かったのでしょうが、

成長するに従い、腹違いの兄の事が疎ましくなっていきます。

それが成蟜の中にいつか取って替わろうという野心を育てていきます。

 

紀元前239年、屯留で謀反!

炎 s

 

紀元前239年、秦王政の命令により成蟜は軍を率いて

趙の領地である屯留を攻めて、これを陥落させます。

ところが、その後、成蟜は屯留の人間をまとめ上げて秦に反旗を翻すのです。

もちろん、この謀反を秦王政は許さず、軍を送り込んで鎮圧します。

屯留と蒲鶮(ほこう)の兵は降伏せずに勇敢に戦い、すべて斬り殺されました。

 

八年、王弟、長安君成蟜、軍を将いて趙を撃ち、屯留に反す。

軍吏皆斬死す。其の民を臨洮に遷す。将軍、壁死す

 

その団結力を恐れた政は、屯留の民がここに留まる事を許さず

臨洮に移動させてしまいました。

史記正義による補則では、成蟜は城壁の中で戦死した、

つまり将軍壁死すと解釈しています。

 

異説、成蟜は死なず趙に逃れた説・・

趙政

 

史記正義は、唐の張守節が編纂し736年に成立したものです。

司馬遷(しばせん)の記述を補う為に書かれましたが、しかしキングダムの時代から

およそ千年後のもので、どこまで真実か分りません。

 

また、壁死は壁という名前の将軍が死んだとも解釈できるようで、

成蟜が戦死したと断定できる記述ではありません。

 

このように史記には、成蟜が死んだという断定的記述はありません。

では、本当に成蟜は死んだのでしょうか?

実は、ここには異説があり成蟜は死なず趙の悼襄(とうじょう)王により匿われ

饒に封じられたという話があるのです。

 

忽然と出現する紀元前239年長安君、饒に封じるの記述

 

史記の趙世家には、

悼襄王の六年、長安君を封ずるに饒を以てすという記録があります。

これは紀元前239年にあたりますが、ちょうど成蟜が反乱を起こした

その年にあたるのです。

 

長安君という尊称は、同じ時代の趙の王族には見当たりません。

時代を遡る事26年前、紀元前265年に悼襄王の父である孝成(こうせい)王が

即位した時に、趙は援軍を斉に求めていますが、この時に趙は、

先代恵文(けいぶん)王の皇后であった太后が自分の末っ子の長安君を

人質に差し出さないと援軍は出さないと言ったという記述が出てきます。

 

その後、すったもんだで長安君は斉に人質に出され、

斉からは援軍を受ける事が出来ました。

 

しかし、その後、この長安君には何の音沙汰もありません。

あるいはお役御免として紀元前239年に斉から趙に戻り、

甥にあたる悼襄王が改めて封地を与えたと考えられなくはありませんが、

かなり不自然な感じがします。

 

成蟜は趙による扇動で反乱を起こしたのではないか?

 

こちらは、成蟜が陥落させた屯留の位置ですが、趙の領内にあたります。

あるいは、趙は、李牧(りぼく)か龐煖(ほうけん)の計略によって

成蟜を叛かせたという事は考えられないでしょうか?

 

キングダム セイキョウ

 

元々、血筋では政よりもずっと王位に近い成蟜ですから、

「ここで自立して趙の援軍を受けて秦に攻め入り、お前が秦王になる」

と唆されれば、将来を考えて、いちかばちかの賭けに出たと考えられなくありません。

 

そもそも、成蟜の単独の謀反なら、被征服者の屯留の兵が

全員斬り死にする程に秦に抵抗した理由が分りません。

どうして、侵略者の成蟜の為にそこまでしたのでしょうか?

 

ここは、成蟜と趙の間で密約、おそらく反乱の成功、失敗も含めての談合が

すっかり出来あがっていて、その密約に沿い敗れた成蟜は悼襄王の手配で

饒に封じられ、秦の内情を知るものとして重宝されたと考えるのが自然です。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

キングダムでは、キレイに最期を飾ってしまった成蟜ですが、

史実では叛いたのは確実であり、なかなか強かな野心家だったようです。

個人的には、屯留では死なず、趙の領地で一生を終えたという説が

魅力的に見えるのですが、皆さんはどう思いますか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人…
  2. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  3. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  4. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  5. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!…
  6. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?
  7. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  8. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  2. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介
  4. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  5. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  6. 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう! 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう

おすすめ記事

  1. 夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??
  2. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  3. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  4. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  5. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天
  6. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  7. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  8. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP