編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

この記事の所要時間: 221




黄巾党員

 

三国志の幕開けとなる黄巾の乱。

この宗教反乱は太平道と言われる宗教団体が各地で民衆をかき集めて起こした反乱です。

しかしどうしてこの世間的にはほとんど無名である太平道と言う怪しげな宗教団体に

民衆達は参加したのでしょうか。

ここでは太平道がどうしてあんなにも多くの民衆を集めることができたのかについて、

レンの考察を交えながら考えてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




太平道が多くの民衆を集めることができた理由その1:「病気を治すことができる」と宣伝

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

太平道のトップである張角(ちょうかく)は道教をもとにして新しい宗教である太平道を設立します。

この太平道はどのような宗教団体だったのかについて着目してみました。

太平道は多くの巫女を各地へ派遣。

そして巫女たちは各地で「民衆の間に広まっていた病を感知させることができる」と

言うことを宣伝しながら練り歩いたそうです。

当時の中国では重税に喘いでおり、

医術を学んでいる先生の元へ通うほどのお金を持っておりませんでした。

そこに無料で病を治すことができるかも知れない太平道の宣伝を知った民衆がやってくると

巫女たちにお願いして病を見てもらいます。

全員が治ったわけではないと思うのですが、

ある程度の効果を発揮することに成功したのは間違えないはずです。

でなければ民衆達は太平道を信じることをしないはずですから。




太平道が多くの民衆を集めることができた理由その2:病が治った民衆を勧誘

張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

太平道の巫女たちは民衆達へ「病を無料で治してあげますよ」と

宣伝しながら各地を練り歩いていきます。

民衆は巫女たちに病を治してもらうようにお願いして見てもらいます。

巫女たちに見てもらった民衆達の何割かは病を治してもらうことに成功します。

この時に巫女たちは病を治すことに成功した民衆達へ「太平道に入信しなさい。

さすれば次に病にかかっても治すことが可能でしょう。」と太平道に入るように勧誘します。

実際に病が治った民衆達は太平道に多く参加することになり、

病を治してもらった人の知人などにも太平道の信仰の素晴らしさを伝えて、

太平道に参加する人数は多くなっていたのではないのでしょうか。

現在で言うところのクチコミ方式的な感じでしょうか。

ついでに病が治らなかった民衆達には「太平道を信じる心が薄かったので仕方ありません。」

と言って治すことができない理由にしていたそうです。

 

太平道が多くの民衆を集めることができた理由その3:世情不安定とスローガン

暴れる黄巾党008

 

太平道が巫女たちに命じて各地で民衆の病を治していた頃の後漢王朝は最悪の一言に尽きます。

まずボンクラ皇帝である霊帝(れいてい)は宮殿の庭で官位の売買を配下達に行います。

高い官位を金で購入することができることから、

配下の人々は争って金を集めて官位を買っておりました。

そして高い金を払って買った官位の元手を回収するため役人が行った方法は、

民衆達に重税をかけて回収する方法と部下から賄賂をもらう方法の二つが取られておりました。

民衆達は役人から重税をかけられたことに対しての不満と

政治が改革されずにいつまでも民衆から重税を搾り取っている後漢王朝に対しての

不満を持っておりました。

そんな時太平道のリーダーである張角は太平道の信者達に

「後漢王朝は既に死んでいるから俺らが立ち上がらねばなるまい」と言うスローガンを掲げます

(「蒼天すでに死す。黄天当に立つべし」が本当のスローガンです。

ここではわかりやすいようにレンが勝手に解釈して太平道のスローガンとして掲げております。)。

このスローガンに惹きつけられた信者や外部からこのスローガンを見て参加した民衆達の両方が

合わさってあれほど大規模な反乱が起きたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

プチはじ知識

太平道の病の治し方を伝授。

これで明日から君も太平道の巫女になれる・・・・かも

1:9個の節がある杖で巫女が患者に対して呪い(のろいじゃないよ。まじないだよ)を行います。

2:患者に過去の行いに対しての反省をさせます。

3:呪いをかけた水を飲ませる

するとあら不思議病が完璧に治っちゃたそうです。

皆さんもぜひ試してみたください。

治らなくても保証はしませんが・・・・・。

 

参考文献 中国人物列伝 井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:張角が太平道信者を増やした方法

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  2. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  3. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  4. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  5. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  6. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  7. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  8. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  2. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  4. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  5. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  6. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り! 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます! 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

おすすめ記事

  1. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  2. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  3. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  4. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  5. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  7. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  8. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP