太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張角逝く 張角 死

 

首領である張角(ちょうかく)の死後、弟の張宝、張梁もあいついで戦死してしまいます。黄巾軍はこれを機に一気に勢いを失い、黄巾の乱は平定されました。張角の墓は暴かれ、首は都に送られてさらされてしまいます。しかしながら、黄巾軍は、すべて根絶やしになったわけではなかったのです。その後も、各地でゲリラ戦を起こしていくのです。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?

関連記事:張角が太平道信者を増やした方法


もう1つの黄巾賊 「青州黄巾軍」

曹操 黄巾党が仲間に!

 

董卓の死を契機に蜂起!青州で機をうかがっていた黄巾軍は、兗州(えんしゅう)へ進軍しました。彼らのことを、「青州黄巾軍」と呼びます。兵力は実に100万を超えていました。

 

劉岱

 

兗州を治めていた劉岱(りゅうたい)は、青州黄巾軍と戦おうとしました。ところがここへ、助言をするものが現れたのです。

 

鮑信

 

曹操の盟友である鮑信(ほうしん)は言いました。「戦っても勝ち目はありませんよ。守りを固めるべきです」と。劉岱は挑発されて、「そんなことはない!」と意気込んで出陣してしまいます。結果、劉岱は青州黄巾軍に討ち取られてしまうのです。兗州は、トップ不在の土地となってしまいました。


曹操と青州黄巾軍が遂に交わる

曹操 魏王

 

曹操VS青州黄巾軍!

 

この機に兗州へやってきたのが曹操です。都から派遣されてきた新しい兗州刺史をさっさと追い返し、自分が兗州刺史の座に就任してしまいます。そしていざ、出陣!鮑信とともに、青州黄巾軍をたたくべく、出撃します。兵力差は、圧倒的に青州黄巾軍が有利でした。また、青州黄巾軍は、長年戦ってきた、戦い方を熟知している精鋭たちです。

 

鮑信と曹操

 

半年間にわたる激戦を繰り返し、その中で鮑信は戦死してしまいます。曹操は鮑信の遺体を探し回りましたが見つからず、木彫りの人形を作って手厚く葬りました。曹操は伏兵戦術を駆使し、ようやく青州黄巾軍を追い詰めます。形勢不利と悟った青州黄巾軍は、講和の使者を送ってきますが、曹操は突っぱねて戦いを続けます。


青州黄巾軍、曹操に降伏

曹操軍

 

そうしてついに、青州黄巾軍は、曹操に降伏するのです。このとき、兵卒30万人、信徒100万人は、まるごと曹操の配下となりました。これがそののち、曹操軍の中でも精鋭中の精鋭となる、直属軍団「青州兵」となるのです。

 

関連記事:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

関連記事:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力

 

【黄巾の乱を起こした宗教団体・太平道の秘密】
太平道の秘密

 

 

関連記事

  1. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  2. 孔明インタビュー
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  5. 城 銅雀台
  6. ホウ徳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP