編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!

この記事の所要時間: 224




張良と劉邦

 

高祖・劉邦(りゅうほう)

歴史を少し知っている方なら漢帝国を樹立した初代皇帝です。

しかし劉邦は天下統一後疑心暗鬼に駆られてしまい、

今まで一緒に闘ってきた諸将をちょっとしたことでも疑ってしまいます。

それが原因で項羽と天下を争っていた時の諸将が反乱を起こします。

 

冒頓単于、劉邦

 

劉邦はこれらの諸将の反乱鎮圧や長城の外にいる異民族である匈奴との戦いを行った後、

亡くなってしまいます。

その後劉邦の妻呂雉(りょき)が漢の政権を握り、

呂雉の一族が漢の政権内で非常に強い力を持つことになります。

その為漢の政権は大きく乱れてしまいますが、呂雉の死後彼女の一族を粛清。

そして劉邦の第四子である劉恒(りゅうこう)が皇帝の座に就きます。

だが彼が皇帝の座についたとき漢帝国は大いに乱れておりましたが、

この皇帝は家臣とともに一生懸命頑張って漢帝国を立て直していきます。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




お母さんが人相見から予言をくだされる

趙達

 

劉恒のお母さんである薄(はく)という人でした。

この人は昔お母さんに連れられて人相見で有名な許負(きょふ)へ占ってもらったことがあります。

ここで許負は薄を見て「この娘は天子の子を後年生むことになるであろう。」と予言されます。

薄のお母さんはこの言葉を信じて、

薄が住んでいた魏の実力者である魏豹(ぎひょう)へ嫁がせます。

しかし魏豹は劉邦に敗北して薄は劉邦の後宮へ入れられます。

その後薄夫人は劉邦の息子である劉恒を生むことになります。




代王に就任

劉邦

 

劉邦が天下統一すると劉邦の四男であった劉恒は代王になるように命じられます。

彼は代の地へ赴き、この地の王として君臨することになります。

その後劉邦が亡くなると彼の妻であった呂雉(りょち)が漢帝国を牛耳り、

自らの一族を要職につけて漢の国をすき放題、やりたい放題に政権を運営していくことになります。

 

呂氏一派粛清、そして皇帝に

陳平

 

呂雉が漢帝国の政権を運営しておりましたが、彼女が亡くなると漢帝国樹立時の功臣である

周勃(しゅうぼつ)や陳平の働きによって政権を牛耳っていた呂氏一族が殺され粛清。

そして新たな皇帝として代王であった劉恒が指名されます。

彼は皇帝になる決意を固めて漢の首都である長安へ向かうことにします。

 

ボロボロになっていた漢帝国

漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 01 匈奴族

 

劉恒が皇帝に就任した時、漢の政権はボロボロになっておりました。

その原因は呂雉一派が政権を握って好きなことをやった事で政権内はボロボロ。

また前漢最強の異民族である匈奴(きょうど)との戦いなどが主な原因です。

そこで彼は農政に力を入れることを主眼に置き、政権を立て直す計画を行っていきます。

 

ボロボロになった漢を立て直す政策その1:農業奨励

 

まず劉恒は農業を奨励して民衆の力を回復させるために、税を安くすることにします。

また一定期間税を廃止するなど民力回復に努めます。

この結果、民衆の力は回復していき、

倉庫には食べきれないほどの食料が備蓄されていたそうです。

 

ボロボロになった漢を立て直す政策その2:厳罰廃止

 

劉恒は民力回復に努めていく一方で厳罰の全撤廃を行います。

当時重罪であった罪人には、刺青の刑や鼻を切る刑、

踵をブッタ斬る刑など肉体に損傷を与える刑罰が行われておりました。

彼が目指す政治は仁政を目指していることから身体にこのような損傷を与える刑罰を廃止。

また大逆罪適用などを緩和していき、極刑を減らしていくことにします。

 

色々な政策を実施して漢を立て直していく

 

劉恒は上記以外にも匈奴との外交において親しくなる方針を行い、

匈奴と国境を接している地域の守備兵を減らすことで戦費軽減に努めます。

また長安で贅沢ぐらしをしていた王達を領地へ返して、領土の統治に専念するように命じます。

領地経営に専念させることで、漢全体の国力増加が狙いでした。

さらに自分も節約して豪華な服を着ないばかりか、夫人達にも豪華な服を纏うことを禁じます。

こうした節約を行ったことで、国庫は潤っていきます。

彼が皇帝としていた期間を文帝の治といい、

ボロボロだった漢帝国が豊かになっていく時代となります。

 

前漢ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

前漢時代は文帝が節約や民力回復に勤めていったことで漢の国力は回復していくことになります。

そのおかげで、民衆は豊かになり心に余裕が出来てきます。

しかしまだまだ漢の国力回復は達成されましたが、増大することはありませんでした。

だが文帝・劉恒の次代の皇帝によって漢は最大の国力に達することになるのです。

「今回の前漢時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  3. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  4. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  5. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  6. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた…
  7. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなっ…
  8. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  2. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  3. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  4. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭
  5. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  6. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実! 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた! 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ? 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの? 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)

おすすめ記事

  1. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  2. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  3. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  4. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官
  5. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  6. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  7. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  8. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP