三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった




シミルボン

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

孫権と張昭

 

外交の場は、今も昔も華やかな舞台の裏で各国の思惑がぶつかる真剣勝負です。

そのピリピリした緊張感は、映画などでも格好の材料になる絵になる場面ですね。

ところが、三国志の時代には、交渉の只中に頓智(とんち)が出される事がありました。

現代では考えられない、三国志の時代の外交交渉に迫ります。




呉の宮廷で頓智合戦が勃発!

 

三国志、呉志、薛綜(せっそう)伝には、地位も名誉もある

大の大人達によって行われた頓智合戦が記録されています。

 

ある時、英傑、劉備(りゅうび)が興した蜀漢(しょくかん)からやってきた外交官

張奉(ちょうほう)が呉の皇帝孫権(そんけん)の前で闞沢(かんたく)という

呉の学者の名前を分解し面白おかしく揶揄(やゆ)しました。

 

はい、これは、わざと相手を侮辱して相手の力量を見ようという外交戦術です。

なので、ここで「無礼な!」と怒って刀を抜いては0点という事になります。

表面上は怒らず、頓智には頓智でやり返すのが伝統的なルールだからです。

 

しかし、闞沢という人は、学問はあっても頓智のような機転が無い人でした。

顔を真っ赤にして、口ごもっていますが何も言い返せません。

張奉は、闞沢をやりこめて得意満面で、呉の家臣達はイライラしていました。




呉の薛綜が、張奉に反撃する

 

ところが、ここで周囲の家臣に酒を注いでいた薛綜(せっそう)が

張奉に酒を注ぎながら反撃を開始します。

 

「いやー、蜀という漢字はヘンテコなものですなあ、犬とつけると

獨(孤独)になり犬をどければ蜀になりますなぁ・・

目という文字は横を向いておりますし、背中は丸くしょぼくれて勹)

おまけに腹の中には虫がいるじゃあないですか?」

 

この発言に呉の宮廷はどっと沸きあがり、闞沢は救われました。

国名で恥をかかされた張奉は見た目、平静を装いながら言い返します。

 

「これは、これは、我が国の字を分解していただき有り難う御座います

ところで、呉の国の字を分解するとどうなりましょうや?」

 

薛綜が呉の字を分解して解説する

 

すると薛綜は、少しも慌てずにこう言います。

 

「しからば、お言葉の通りに致しましょう

そもそも、呉の文字は、口と天に分れております。

すなわち、口が離れれば天、口がくっつくと呉で御座います。

口とは人の事であれば呉は天子の国であり、

万民万邦が等しく仰ぐ偉大な国ですぞ」

 

鮮やかな薛綜の物言いに呉の家臣達は拍手喝さいし、

張奉は、何も言い返す事が出来ず、面目を失いました。

 

この時代の外交官には、知力や胆力だけでなく明快に頓智を言う

ユーモアや相手の謎かけを解く才能も要求されたのです。

 

漢字遊びは謎語と呼ばれていた・・

 

このような漢字解きは、謎語(めいご)と言われていて、

三国志の時代には結構、盛んに造られていました。

 

あの三国志の覇者である曹操(そうそう)も謎語が大好きで、

ある時、北方から送られた酥(らく:ヨーグルト)を食べると、

蓋の上に「一合酥」と書いてどこかへ行ってしまいました。

 

家臣達は集まってきて、「一合酥」と書かれた蓋を前に、

しばらく考えていましたが、やがて謎が解けました。

 

一合酥という漢字を分解すると・・

 

一合酥という漢字を分解すると一+人+一+口+酥となります。

つまり曹操は、残りの酥は一人、一口ずつ食べなさいと伝言していたのです。

このように戦争ばっかりやっているように見える三国志の時代でも、

知的遊びの原点のような謎語が楽しまれていたのです。

 

魏氏春秋では、孔明も司馬懿を挑発

司馬懿

 

魏氏春秋(ぎし・しゅんじゅう)という文献では、五丈原の戦いに臨んだ

蜀の丞相、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が、

ライバルの司馬懿仲達(しばい・ちゅうたつ)が貝のように陣地に籠り

打って出てこないのに業を煮やし、女物の装飾品を陣地に送りつけて

「お前は女のようなヤツだ!」転じて、陣に籠ってばかりの臆病者だという

サインを送ったとの事です。

 

この挑発にいきりたった司馬懿が出陣しようとして部下の辛毗(しんぴ)に

止められて何とか思いとどまったという逸話があります。

本当かどうか分りませんが事実なら、当時の外交の頓智が効いた部分が

分かる逸話と言えますね。

 

参考文献:諸葛孔明の兵法

著者: 諸葛 孔明 出版社: 徳間書店

 

シミルボン

 

【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  2. 馬超と羊 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…
  3. ボロボロになった馬超 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  4. 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達…
  5. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/…
  7. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編…
  8. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  2. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決
  3. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人
  4. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  5. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  6. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 年越しそばを食べる馬謖
  2. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま

おすすめ記事

曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…! 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 燃える本能寺 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説 真田丸 武田信玄 武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎 なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

おすすめ記事

  1. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  2. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  3. 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!
  4. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  5. 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ
  6. 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!! 蜀の姜維
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  8. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP