はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

この記事の所要時間: 248




シミルボン

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

孫権と張昭

 

外交の場は、今も昔も華やかな舞台の裏で各国の思惑がぶつかる真剣勝負です。

そのピリピリした緊張感は、映画などでも格好の材料になる絵になる場面ですね。

ところが、三国志の時代には、交渉の只中に頓智(とんち)が出される事がありました。

現代では考えられない、三国志の時代の外交交渉に迫ります。




呉の宮廷で頓智合戦が勃発!

 

三国志、呉志、薛綜(せっそう)伝には、地位も名誉もある

大の大人達によって行われた頓智合戦が記録されています。

 

ある時、英傑、劉備(りゅうび)が興した蜀漢(しょくかん)からやってきた外交官

張奉(ちょうほう)が呉の皇帝孫権(そんけん)の前で闞沢(かんたく)という

呉の学者の名前を分解し面白おかしく揶揄(やゆ)しました。

 

はい、これは、わざと相手を侮辱して相手の力量を見ようという外交戦術です。

なので、ここで「無礼な!」と怒って刀を抜いては0点という事になります。

表面上は怒らず、頓智には頓智でやり返すのが伝統的なルールだからです。

 

しかし、闞沢という人は、学問はあっても頓智のような機転が無い人でした。

顔を真っ赤にして、口ごもっていますが何も言い返せません。

張奉は、闞沢をやりこめて得意満面で、呉の家臣達はイライラしていました。




呉の薛綜が、張奉に反撃する

 

ところが、ここで周囲の家臣に酒を注いでいた薛綜(せっそう)が

張奉に酒を注ぎながら反撃を開始します。

 

「いやー、蜀という漢字はヘンテコなものですなあ、犬とつけると

獨(孤独)になり犬をどければ蜀になりますなぁ・・

目という文字は横を向いておりますし、背中は丸くしょぼくれて勹)

おまけに腹の中には虫がいるじゃあないですか?」

 

この発言に呉の宮廷はどっと沸きあがり、闞沢は救われました。

国名で恥をかかされた張奉は見た目、平静を装いながら言い返します。

 

「これは、これは、我が国の字を分解していただき有り難う御座います

ところで、呉の国の字を分解するとどうなりましょうや?」

 

薛綜が呉の字を分解して解説する

 

すると薛綜は、少しも慌てずにこう言います。

 

「しからば、お言葉の通りに致しましょう

そもそも、呉の文字は、口と天に分れております。

すなわち、口が離れれば天、口がくっつくと呉で御座います。

口とは人の事であれば呉は天子の国であり、

万民万邦が等しく仰ぐ偉大な国ですぞ」

 

鮮やかな薛綜の物言いに呉の家臣達は拍手喝さいし、

張奉は、何も言い返す事が出来ず、面目を失いました。

 

この時代の外交官には、知力や胆力だけでなく明快に頓智を言う

ユーモアや相手の謎かけを解く才能も要求されたのです。

 

漢字遊びは謎語と呼ばれていた・・

 

このような漢字解きは、謎語(めいご)と言われていて、

三国志の時代には結構、盛んに造られていました。

 

あの三国志の覇者である曹操(そうそう)も謎語が大好きで、

ある時、北方から送られた酥(らく:ヨーグルト)を食べると、

蓋の上に「一合酥」と書いてどこかへ行ってしまいました。

 

家臣達は集まってきて、「一合酥」と書かれた蓋を前に、

しばらく考えていましたが、やがて謎が解けました。

 

一合酥という漢字を分解すると・・

 

一合酥という漢字を分解すると一+人+一+口+酥となります。

つまり曹操は、残りの酥は一人、一口ずつ食べなさいと伝言していたのです。

このように戦争ばっかりやっているように見える三国志の時代でも、

知的遊びの原点のような謎語が楽しまれていたのです。

 

魏氏春秋では、孔明も司馬懿を挑発

司馬懿

 

魏氏春秋(ぎし・しゅんじゅう)という文献では、五丈原の戦いに臨んだ

蜀の丞相、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が、

ライバルの司馬懿仲達(しばい・ちゅうたつ)が貝のように陣地に籠り

打って出てこないのに業を煮やし、女物の装飾品を陣地に送りつけて

「お前は女のようなヤツだ!」転じて、陣に籠ってばかりの臆病者だという

サインを送ったとの事です。

 

この挑発にいきりたった司馬懿が出陣しようとして部下の辛毗(しんぴ)に

止められて何とか思いとどまったという逸話があります。

本当かどうか分りませんが事実なら、当時の外交の頓智が効いた部分が

分かる逸話と言えますね。

 

参考文献:諸葛孔明の兵法

著者: 諸葛 孔明 出版社: 徳間書店

 

シミルボン

 

【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  2. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  5. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散…
  6. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  7. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  8. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  2. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?
  3. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  4. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  5. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  6. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの? 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見? 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった

おすすめ記事

  1. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  2. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  3. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  4. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  5. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  7. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  8. 三国志の時代に象兵はいたの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP