魏延
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての魏

辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家




 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)

自分が気に入らない人物がいれば、

誰であろうと容赦せずに処刑することも多かった皇帝ですが、

失策なく領土を安定させた魏の皇帝として知られている人物です。

そんな彼に泣き言を言わしめるほど厳しい人物がいたことをご存知でしょうか。

 

 

その名を辛毗(しんぴ)と言います。

一体彼は曹丕にどれだけ厳しく反対意見を言ったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




冀州の住民の移住政策

 

辛毗袁紹(えんしょう)にはじめ仕えておりました。

袁紹が亡くなると袁紹の息子である袁譚(えんたん)に仕えることになりますが、

曹操袁譚の和睦の話を取りまとめるために曹操の元へ出向いた時、

そのまま曹操の家臣として仕えることになります。

曹操死後、曹丕が皇帝の位に就任するとある政策を行うことに決めます。

彼は冀州の兵士の家を河南へ移住させ、河南の地を充実させようとします。

しかし当時河南はイナゴの群れに農地を荒らされていたため、

食物がほとんどない状態で民衆達は飢えておりました。

そのため群臣達は曹丕の政策に反対意見を述べますが、

彼は群臣達の反対意見を聞いても賛成することなく、政策を推し進めていくことにします。




群臣達はビビって曹丕に反対意見をいえない

 

群臣達はこのまま曹丕の政策を認めるわけには行かないと考え、

曹丕の所に行ってみんなで反対意見を言おうということになりました。

辛毗もこの仲間に加わって曹丕へ反対意見をいう仲間に加わり、

彼らと一緒に曹丕の元へ出かけて行きます。

曹丕は彼らが来ると冀州から河南への移住計画の反対意見を言うために来ていると考え、

彼らと会うと不機嫌な表情を表に出します。

群臣達は曹丕が不機嫌な表情をしているので、

ビビって移住計画の反対意見を述べることができませんでした。

しかし群臣達の仲間に加わった辛毗は彼らの沈黙を破って発言するのです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

なぜ怒っているのです

 

辛毗は曹丕へ向かって「冀州の兵士達の家を河南に移住させる計画があると聞きましたが、

いったい誰がこの計画を決めたのでしょうか。」と発言。

曹丕は「君は彼らを移住させることがいけないというのか。」とキレ気味反論します。

すると辛毗は冷静な口調で曹丕へ「絶対ダメであると考えます。」と述べます。

曹丕は彼に「私は君と議論する気はない。これは決定したことだ」と

答え自分の部屋に下がろうとします。

すると辛毗は曹丕の服を引っ張って食らいつきます。

曹丕は辛毗が自分の服を引っ張っていることにイラっとしますが、

そのまま奥に下がるのはしゃくにさわったのか彼の意見を聞く体勢をとります。

辛毗は曹丕が立ち止まるとすぐに「陛下は私を愚かでありながら、

側近くに仕えさせて諮問の官職に就けてくださいました。

諮問の官職についた私と議論しないで済むことは不可能でしょう。

今私が述べているのは個人のことではなく、

国家のことに対して意見を述べているのになぜ陛下はそんなに怒っているのでしょうか。」と述べます。

曹丕は彼の意見を聞いてすぐに奥に引っ込んでしまいました。

 

君はなんでそんなに厳しく責めるのだ

 

曹丕は奥に引っ込んでしまいますが、しばらくすると彼らの前に再び姿を表します。

そして辛毗へ「君は私に恨みでもあるのか。ちょっと厳しく責めすぎではないか。」と

半べそをかいて辛毗へ泣き言を言います。

すると彼は「陛下。泣き言を言ってもダメなものはダメなのです。

今河南には食べ物が無くて飢えている状態なのに、

冀州から住民が移住することになれば、民衆から支持されなくなってしまいますよ。」と

厳しく曹丕を責め始めます。

曹丕は彼の意見をこれ以上聞きたくないと泣き言を言いながら、

奥に引っ込んでしまったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕が立案した移住計画はその後どうなったのでしょうか。

結局辛毗の意見に従ったのではなくて、半数を河南に移住させることにします。

そして残りの半分は冀州にとどまらせることにしたそうです。

一応反対派と曹丕の意見の折衷案を披露したことで、

反対派の意見を押さえ込んで自らの計画を実施したそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  2. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  3. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われ…
  4. 周瑜と孫策 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  5. はじめての三国志 画像準備中 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の…
  6. 許靖 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  7. 鍾会 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  8. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. 孔明
  3. 曹宇
  4. キングダム
  5. 赤鎧を身に着けた曹操
  6. 劉備
  7. 「斉」の旗を持った兵士

おすすめ記事

  1. キングダム576話最新ネタバレ「王翦の下知」レビュー キングダム
  2. 本能寺の変で織田信長を討った黒幕はスペインだった 燃える本能寺
  3. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  張松
  4. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  5. 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 合戦シーン
  6. 司馬懿仲達はどんな人?諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた西晋の高祖宣帝 司馬懿対孔明

三國志雑学

  1. 荀彧
  2. 曹宇
  3. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  4. 人材マニア 曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 織田信長
  3. 劉備の黒歴史
  4. 黒船(ミシシッピ号)
  5. 呉の孫権は皇帝
  6. 幕末 帝国議会
  7. 夏侯淵
  8. 張飛の男気人生

おすすめ記事

司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」 劉邦と陳平と張良 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】 韓信vs孔明 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 秦の旗を掲げる兵士 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る 袁紹を説得しようとする沮授 もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP