はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?

この記事の所要時間: 34




 

三国志の軍師の中で天才的な軍略を持っている人物はたくさんいますが、

鬼畜のような作戦を編み出して実際に提案したの魏の郭嘉(かくか)ぐらいではないでしょうか。

彼が行った作戦というのは呂布(りょふ)が籠城している下邳 (かひ)城攻防戦で行った

水攻めくらいではないでしょうか。

水攻めのどこがひどいかというと川を氾濫させなくてはならないため、

田畑や家などが水浸しになって使い物にならなくなるため民衆にとっては非常に迷惑な作戦です。

籠城側も水攻めが行われるの知っておれば兵糧等を高い場所へ上げることもできますが、

知らなかった場合、兵糧も水浸しになってしまうためかなり厳しい状態になってしまいます。

しかし日本ではもっと鬼畜な作戦を提案した人がいました。

 

 

その人の名は竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)です。

彼はどのような作戦を行ったのでしょうか。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




羽柴秀吉と共に中国地方へ

 

織田信長に仕えていた羽柴秀吉。

彼は信長の草履取りから始まり、美濃(みの)攻略戦の時に築城した墨俣の一夜城や

朝倉・浅井連合軍に追い詰められた金ヶ崎の退却戦、北近江の浅井長政討伐戦などで

功績を挙げ続け大名にまで出世することになります。

秀吉がここまで成り上がることができたのは秀吉の努力と竹中半兵衛重治の智謀によってでした。

こうして大名にまで上り詰めた羽柴秀吉は信長から中国地方攻略軍の司令官に任命されます。

秀吉と軍師である竹中半兵衛は中国地方へ向かうことになります。

 

 

そしてこの地で織田に味方することを表明した

鬼謀の軍師・黒田官兵衛孝高(くろだかんべえよしたか)と合流。

こうして秀吉は官兵衛が味方につけた豪族や播磨(はりま)の大名である別所氏などに

挨拶回りを行いつつ、中国地方の覇者である毛利の動向を調査していくことになります。




叛旗を翻した別所氏

 

秀吉は官兵衛と半兵衛のおかげで播磨近辺の諸豪族達の大半は織田へ味方することを表明。

そして秀吉はいまだ織田に味方しない豪族達を討伐している最中に大事件が発生します。

それは播磨の大名であった別所氏が織田家から毛利家に寝返って反乱を起こしたのです。

官兵衛は秀吉へこの事件を報告した後急いで別所氏を再び味方につけるべく

説得しに行きますが失敗してしまいます。

秀吉は織田に叛旗を翻した別所氏を討伐するため、三木城(みきじょう)へ攻撃を仕掛けますが、

城内に籠城している軍勢は皆士気が高く、攻撃は失敗してしまいます。

 

半兵衛の献策

 

半兵衛は三木城にこもっている兵士達の士気がかなり高いことを知って驚きます。

彼はこのまま三木城を攻略できずに手こずっていては危険だと感じます。

彼が危険だと感じた理由は毛利氏が本格的に援軍を三木城へ送ってくることになれば、

三木城の兵士たちの士気は益々上がり、

播磨の豪族達が全て毛利側へ寝返ってしまうことも考えられるからです。

この為半兵衛は三木城を陥落させることのできる策を幾日も考え、

ついにその秘策を思いつきます。

半兵衛は自らの秘策を秀吉へ進言します。

彼が考えついた秘策とは三木城の周りを砦囲み、兵糧を運搬させないようにすることです。

彼は秀吉に「三木城を砦で囲んでしまえば城内の兵士は攻撃することはできません。

もし攻撃してきて撃退されてしまえば士気は大きく低下することになります。

また毛利軍が三木城へ兵糧を運搬しようとしても周りに砦があるため運搬することはできません。

こうして城内の兵糧がなくなるのを待っている間に、

山陰道方面の毛利の城を陥落させてしまえばいい」と進言します。

秀吉は半兵衛の進言を採用して三木城へ砦をいくつも構築して兵糧が運搬できないようにします。

そしてこの作戦は成功し、三木城は徐々に兵糧がなくなって兵の士気は低下していきます。

城内は兵糧がなくなり馬や草などを食べていたそうですが、

最終的に食べるものがなくなって秀吉へ降伏することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

半兵衛が編み出したこの兵糧攻めは鳥取城攻略戦にも使用され、

後に「鳥取の飢え殺し」と言われる作戦になり、

三木城の方は「三木の飢え殺し」と言われることになります。

鳥取城の方は毛利軍が籠城する前に近隣のコメをすべて買い占めたことと

城内にある籠城用のコメを買い占めていったことが原因で比較的早く決着がつきますが、

三木城は籠城戦を始めてから2年間も秀吉軍に抵抗しております。

また半兵衛は三木城の兵糧攻めが行われているさなかに亡くなってしまいます。

まさに半兵衛が秀吉のために用意した最後の策といってもいいのではないのでしょうか

 

参考文献 名軍師ありて、名将あり 小山田哲夫

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

関連記事:孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  2. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  3. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をした…
  4. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  5. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  6. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  7. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…
  8. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  2. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  3. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  4. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  5. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  6. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

おすすめ記事

  1. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  2. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  4. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  5. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  7. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた
  8. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP