法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説




呂布VS劉備三兄弟

 

三国志上、最強の男といえば、関羽(かんう)でも張飛(ちょうひ)でもなく、

呂布(りょふ)です。その圧倒的な武力と自信の為に、それ以外のパラメーターは

ガタガタですが、良くも悪くも、呂布は自分の欲望に忠実に生き、人を裏切っても

自分を裏切らずに死を迎えました、その堂々とした人生を見て行きましょう。



呂布は五原(ごげん)九原(きゅうげん)に生まれた孤児

 

呂布は字を奉先(ほうせん)といい、五原九原に生まれました。

この土地は、現在、内モンゴル自治区に入っていて、

当時から遊牧民の住まう草原の国だったようです。

後漢書 呂布伝には、父母の記載もなく、先祖の事もないので、

父母は早くに死んだか、捨てられた孤児だったのかも知れません。

 

しかし、成長するに従い、呂布は筋骨逞しい大男になり、

特に弓馬の術に優れていました。後漢末の辺境では異民族との

紛争が続き腕っ節のある人間はいつでも不足気味でした。

そこで、呂布は放置されず洴州(へいしゅう)でヒラの武官に取り立てを受けます。



最初の主、丁原(ていげん)に出会う

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

その頃、丁原が洴州刺史に任じられて、騎都尉としてやってきました。

バリバリの脳筋武将だった丁原は、ひときわ逞しい呂布を気に入り、

彼を盛大にもてなしていきます。

 

丁原「どうだ、呂布、ワシの幕僚にならぬか?

お前の腕前を、このまま、洴州のド田舎で腐らせるには惜しい」

 

狼のような心を持ち、常に上昇志向の高い野心の塊だった呂布は、

一も二もなく承諾して、丁原の幕僚になりました。

 

時代は動く、、丁原、何進の命令で洛陽に向かう

呂布 三国志

 

西暦189年4月、霊帝が死去、これを機に、宮中にはびこる宦官勢力を

抹殺したいと考えた大将軍何進(かしん)は、宦官抹殺に同意しない、

妹の何皇太后に脅しを掛ける為に、丁原や董卓(とうたく)

鮑信(ほうしん)といった軍閥を洛陽に呼び寄せます。

丁原は、勅命とあっては、参内しないわけにもいかず、

呂布を連れて、洴州を出発しました。

 

何進暗殺され、呂布は丁原を斬り、董卓につく

董卓えらそう 独裁

丁原と呂布は軍勢を率いて、洛陽に入りました。

何進は喜んで、丁原を執金吾(しつきんご)に命じて宮殿の護衛隊長にします。

しかし、宦官を排除する前に何進は、宦官に殺されていました。

 

何進の部下だった袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)は怒り

宦官を皆殺しにして、その仇を討ちますが洛陽は大混乱になって収拾不可になりました。

 

そこに入ってきたのが、董卓でした。偶然に、城外で少帝と劉協を

保護した董卓は、次第に横暴な振る舞いをするようになります。

 

董卓戦上手なの?

 

しかし、呂布が丁原と衝突するようになると丁原の側に控える呂布が、

竹内力のような形相で董卓を睨むので、さすがの董卓も色々チビります。

 

そこで、董卓は策を巡らし、物欲に弱い呂布を赤兎馬(せきとば)

黄金と、将軍の位で買収して丁原を殺すように命じます。

呂布は少しも躊躇せず、丁原をサックリと殺しました。

 

董卓と呂布は親子の契りを結ぶ

董卓&呂布

 

自分が唆しておきながら、恩義ある丁原をサックリ殺した呂布の軽さに

董卓(とうたく)は内心では、再びチビリます。

 

董卓(おがっ!こいつ、おっかないっぺ、、だだの用心棒にしたら、

また、誰かに買収されて、オラが殺さちまうだよ・・)

 

そこで、董卓は、呂布と親子の契りを結び、自分を父と呼ばせ、

呂布を子として扱いました。

これなら、呂布も裏切るまいと考えた董卓ですが、まったく甘い話です。

 

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

呂布、董卓の愛人と関係し王允と手を組む

連幹の計 呂布 貂蝉

 

董卓は、自分が他人の恨みを買っているのを知っているので、

どこに行くにも、呂布を同行させました。

しかし、ある日の事、董卓は機嫌が悪い時があり、

カッとして呂布に向かい、戟を投げつけました。

 

呂布は動物的な運動神経で、戟をキャッチして、

即座に、ひざまずいて詫びたので、董卓は機嫌を直します。

が、呂布は、この董卓の振舞いに内心腹を立てていました。

 

また、呂布は内密に、董卓の侍女と関係を持っていて、

これがいつか、董卓に発覚するのではないか?と

毎日、気が気ではありませんでした。

 

そこに接近してきたのが、司徒(しと)の王允(おういん)です。

従順に董卓に仕えているように見えた王允は、本当は、

董卓暗殺の野心を持ち、呂布に近づいてきたのです。

 

呂布「しかし、俺と親父は、親子の契りを結んだ仲だ。

子が親を殺すという事が許されようか?」

 

王允「何を言うのです、あなたの姓は呂、相手は董です。

血肉を分けた間柄ではありません、あかの他人でしょう。

それに、あなたを子と思う人間が、戟を投げつけたりしましょうか?」

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物

関連記事:中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

 

呂布、董卓暗殺計画

裏切り 呂布

 

呂布「そうだ・・あの豚め、、俺に戟を投げつけおった!!

よし、任せておけ、俺が董卓を殺る!」

 

王允は呂布と結託して、董卓暗殺の計画を練ります。

その頃、献帝(けんてい)が流行病に罹っていましたが

回復したのを幸いに、王允は勅命を出して董卓に健康回復の

お祝いの挨拶に来るように命じました。

 

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

 

虫の知らせ、馬が脱糞して董卓にウンコがつく

相国 董卓 ゆるキャラ

 

董卓は、肥りまくった体を揺らして、馬車に乗り込みますが、

突然に馬が暴れて、立ちあがり脱糞したので、転げ落ちた董卓は、

馬糞で着物が汚れてしまい、一度帰宅します。

 

董卓の若い妻は、

「晴れの日にこういう事があるのは不吉です。

今日の参内は、見合わせられたらいかがでしょうか?」

 

と言いますが、董卓は笑って、聞き流しました。

 

董卓が再び、馬車に乗り込むと周辺には呂布以下の護衛が

数十名つきますが、馬車が北腋(ほくえき)門に至ると、

馬が異変を察知して動きません。

 

董卓「おがっ?そう言えば、さっきもこんな事があったっぺ!!

今日は、やっぱし日が悪いから帰るっぺや!」

 

しかし、呂布は、薄ら笑いを浮かべて、馬車の退却を許さず、

これを北腋門に押しこむと城門を閉じました。

 

呂布、董卓を刺し殺す!!

呂布 バックブリーカー

 

北腋門をくぐると、そこには王允に寝返った李粛(りしゅく)という男がいました。

 

李粛「逆臣、董卓、詔(みことのり)なり、命はもらったぞ!!」

 

李粛は勢いよく、馬車の中に矛を突き立てますが、董卓は万が一の為に

鎧を着ていて、それが致命傷にはなりませんでした。

董卓は、衝撃で馬車から転げおちて、無様に地面に転がります。

 

董卓「呂布ゥ!呂布はどこにいるっぺ!早く来るっぺ!」

 

呂布「だからよぉ!詔があるってよぉ、、逆臣を殺せってさww」

 

呂布は、少しも悪びれず、喚き散らす董卓の前に立ちます。

 

董卓「おめえ、裏切ったっぺ!!薄汚い犬め!恩知らず!腐れ外道」

 

呂布「あーもう、うるせェ・・あばよ!!」

 

董卓 呂布

 

呂布は、矛を取って、董卓を刺し貫きました。

倒れ込んだ、董卓に周囲の兵士が襲いかかり、董卓を切り刻みます。

こうして、暴虐の限りを尽くした董卓は絶命しました。

 

関連記事:中国四大美女のひとり貂蝉

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

関連記事:中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

董卓が死んで、長安の人々は大喜び

呂布 英雄石像

 

董卓が死んだと聞くと、長安は盆と正月が、一緒に来たような喜びに湧き立ちました。

女性達は、身につけていた装飾品を売り、肉と酒を買い、誰彼構わず、

暴政から解放された事を喜びあいました。

 

呂布は、董卓を殺した一番手柄で、王允により奮威(ふんい)将軍に任命され、

仮節を与えられ儀同三司(ぎどうさんし:副大臣)にされて、

領地を貰い温(おん)候になります。

 

関連記事:菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!

 

董卓の仇討ちに李傕郭汜が攻め上り、呂布は逃亡する

朝まで三国志 董卓

 

一気に、長安の人の声望を集めた呂布でしたが、王允は、狭量な人物で、

董卓ばかりではなく、董卓にやむなく協力した人々まで処刑します。

このせいで、長安の人々の希望はしぼんでいきました。

 

さらに、罪を許してくれるように言ってきた、董卓の子分で、

今は西涼にいる李傕(りかく)と郭汜(かくし)も王允は許さず、

厳罰を加えようとしたので、李傕郭汜はヤケクソで蜂起します。

 

「こうなりゃ、やられる前にやれだ!!」

 

必死の李傕と郭汜は、途中で山賊や流民を吸収しながら、

5万の大軍に膨れ上がっていきます。

 

呂布は、奮武将軍として、李傕の軍勢と戦いますが、多勢に無勢

勝てないと分かると、董卓の首を赤兎馬の鞍につけて、

さっさと長安から逃亡してしまいました。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. おんな城主 直虎 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  2. 馬超と韓遂 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  3. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  4. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  5. 三国志 武具 軍備 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?
  6. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  7. 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…
  8. 陸遜 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術、曹操、袁紹(他人とすぐ比較する癖を直す)
  2. 蜀の魏延
  3. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操
  4. 孟嘗君

おすすめ記事

  1. 周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみた 陸遜
  2. 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ 甄氏(しんし)
  3. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  4. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!! おとぼけ
  5. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  6. 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介 大久保利通 幕末

三國志雑学

  1. 馬良と孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 真田丸 武田信玄
  3. おんな城主 直虎
  4. 劉禅

おすすめ記事

【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選 生姜を買ってくる左慈と曹操 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 河上彦斎 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王 陳羣と曹丕 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!? 孫堅と董卓 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP