三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての魏

郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

郭嘉

 

郭嘉(かく か)

人材コレクター・曹操(そうそう)が最も愛したと言っても過言ではない人物です。

 

郭嘉

 

曹操献帝を迎え、張繍や呂布と争っていた197年頃に、荀彧(じゅんいく)の推挙により

(演義では程昱も関わっています)27歳で曹操陣営に加わりました。

 

 

 

 

曹操陣営に加わる前の郭嘉は何をしていたの?

郭嘉

 

郭嘉は荀彧(じゅんいく)と同郷の頴川出身で、若い頃から優秀との評判でしたが、20歳前後で世間との関わりを絶ち、

密かに英傑たちとのみ交流を持ったと伝わっています。

 

郭嘉

 

曹操の元へ来る前には袁紹(えんしょう)の元を訪れています(当時の情勢から見てまず袁紹に、というのはごく当たり前の事でした)。

しかし袁紹の器量に失望し、同郷の郭図や辛評に「あの殿様は駄目だ」と袁紹の欠点を伝えて去ったそうです。

 

郭嘉が曹操陣営に加わるきっかけ

郭嘉

 

 

ちょうどその頃、曹操は軍略について頼りにしていた戯志才という人物を亡くした曹操は、誰か代わりになる人材はいないかと荀彧に相談しました。

そこで荀彧が推挙したのが郭嘉でした。

 

郭嘉

曹操と郭嘉は天下について議論し、お互い大いに満足し郭嘉は幕僚に加わります。

 

 

 

郭嘉は次第に曹操を支える重臣

郭嘉

 

軍祭酒(曹操軍の属官の筆頭格)に抜擢され、優れた洞察力を駆使して曹操を大いに支える重臣となっていくのです。

 

郭嘉はどんな性格だったの?

郭嘉

 

ちなみにあまり清廉な人物とは言い難かったようで、同僚の陳群からしばしば素行を咎められています。

この素行の悪さがどんなものであったのか詳細は不明です。

 

しかし曹操から荀彧に宛てた手紙では「中庸(過不足なく偏りがない、という意味)」という言葉で

郭嘉の人格を表しています。

真面目すぎず、潔癖すぎず、たまにはハメをはずし、それでも我を忘れない…

 

郭嘉

 

とてもバランス感覚に長け、飄々とした人物だったのでしょうね。

 

 

 

袁紹の十敗、曹操の十勝

官渡の戦い 曹操 勝利

 

先にも少し書きましたが、この頃は天下第一の人物といえば袁紹でした。

曹操といえども袁紹討伐には尻込みするような状態です。

 

これを郭嘉に相談すると、「道・義・治・度・謀・徳・仁・明・文・武」という10の項目を挙げ

「袁紹の十敗、曹操の十勝」を説きました。

 

そして袁紹が北方へ目を向けている今のうちに、呂布を討つべしと進言します。

 

 

郭嘉の功績

郭嘉

 

この後の呂布討伐や、情勢定まらない中原での袁術劉備孫策劉表の動きについても郭嘉は見事な見解を示し曹操を支えます。

また袁紹没後の後継者争いの行方も見事に言い当て、袁譚との折衝や冀州平定にも功績を挙げました。

 

郭嘉

 

袁紹の後継者・袁尚と袁煕および2名が逃げ込んだ烏桓族征伐を曹操が決定した際は、「兵は神速を貴ぶ」と軽騎兵だけの進軍を献策。

曹操はこれを採用し烏桓族征伐を成功させました。

 

 

郭嘉の早死、あまりにも短い一生で曹操は悲しむ

郭嘉

こうして数々の功績を挙げた郭嘉でしたが、北方からの帰途で発病、そのまま帰らぬ人となりました。

享年38。

 

郭嘉

 

曹操はこの頃52歳。

荀彧45歳、程昱65歳、賈詡59歳、董昭51歳、鍾繇57歳という曹操陣営でとびぬけて若かった郭嘉に曹操は後事を託そうと考えていたようで、

その死をとても嘆き悲しみました。

 

郭嘉

 

後日曹操自身が振り返ったように、郭嘉が生きて従軍していれば、赤壁の戦いで勝ったのはもしかして…

なんて想像してしまいます。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

孔明 軍師

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

荀彧 立ちノーマル

 

 

よく読まれてる記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?

 

曹操&袁紹花嫁泥棒

 

よく読まれてる記事:曹操と袁紹の花嫁略奪!

 

 

 

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

HN:

栂みつは

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

関連記事

  1. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  2. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  3. 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは?
  4. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい) 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  5. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  6. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  7. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い
  8. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 安土城 織田信長が作らせた城

おすすめ記事

  1. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  2. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  3. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  4. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  5. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  6. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の周瑜、孫策、程普

おすすめ記事

【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者! 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人 西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」
  2. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  3. 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧
  4. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  5. 読者の声(2018年11月12日〜18日)
  6. 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?!
  7. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  8. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP