三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説

騎射の術に長けた騎馬兵士
この記事の所要時間: 315




 

後漢をぶち壊した男、董卓(とうたく)、若い頃は男伊達を気取り異民族と好んで

交際したという彼は桓帝の末年に六郡良家子(ろくぐん・りょうかし)に選ばれ、

羽林騎(うりんき)になったとされます。

よく三国志に出てくる羽林中郎将などの羽林ですが、どのような役職なのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓




元は前漢の武帝の時代に設置された建章営騎

 

羽林騎の歴史は、前漢の武帝(ぶてい)の時代まで遡ります。

武帝は、隴西(ろうせい)、安定、北地、天水、上郡、西河という

涼州と并州(へいしゅう)にまたがる地域から良家子を選抜して建章宮を守らせました、

なのでこれを建章営騎(けんしょうえいき)と言います。

仕事としては、天子の行幸や狩猟などに付き従い、身辺を守る仕事です。

では、どうして、この六郡から良家の子弟を選んだのでしょうか?

 

それは、ひとえに、この地域が遊牧民と境界を接しており、

よく言えば勇猛、悪く言えば荒っぽい元気な青少年が多かったからです。

当然の事として、家柄以外にも、騎射の術の熟達度も見たはずで、

やがて、皇帝を守る直属の騎兵の性質を持っていきます。




羽林騎を監督するのが羽林中郎将

 

建章営騎は、前漢の9代皇帝、宣帝(せんてい)の時代に中郎将と

騎都尉(きとい)により監督されるようになり、羽林騎と呼ばれるようになります。

ちなみに羽林とは、国の羽翼が林の如く盛んであるという意味です。

やがて、羽林騎は、九卿の一つ、光禄勲(こうろくくん)に属して宮殿を守るようになり、

隊長としては、羽林中郎将が監督するようになります。

武帝に直々に任命された事から、羽林騎は非常に名誉ある地位でした。

 

羽林騎は、左右の羽林監に別れる

 

羽林騎は、後漢の時代に再び復活し、光武帝は建国に功積のあった者を

羽林騎に任命し、その職は代々世襲になりました。

この羽林騎は全部で1800騎ほどいて、左右の羽林監に900騎ずつ

配備されていました。

 

董卓のせいで脳筋イメージですが、羽林騎は虎賁(こほん)と同様に

洛陽の大学で学び文武両道であったようです。

そう考えると、董卓も見た目よりは本当はずっと賢かった事になります。

 

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯

関連記事:【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介

 

董卓、桓帝の末年、羽林騎に任命される

 

男伊達を気取り、異民族を討伐したり、羌族の酋長に牛を潰して振る舞うなど

中華の秩序に捕らわれずに異民族と対等に付き合ったロックな董卓は、

桓帝(かんてい)の末年、西暦167年頃、六郡良家子に選ばれて羽林騎になります。

董卓の年齢は不詳ですが、幾ら男伊達を気取って放浪しても当時の事、

二十歳くらいではなかったかと思います。

 

董卓の武芸は抜きんでて素晴らしく、弓袋を背の左右に背負い、

馬を走らせながら左右、いずれの腕でも弓を放ったと言います。

 

董卓、張奐に従い、東羌と先零を撃破する

 

羽林騎に任官したその年、東羌(とうきょう)と先零(せんれい)の掠奪がヒドイので、

朝廷は護匈奴(ごきょうど)中郎将の張奐(ちょうかん)に命じて討伐させます。

董卓は司馬として、尹端(いんたん)と共に討伐し、敵の領酋を斬って騒乱を鎮めました。

この時、討伐軍は張奐が宦官の機嫌を取らなかったので讒言され恩賞が出ず、

董卓は個人的に貰った絹九千匹を配下の兵に配り感謝されています。

 

以後、董卓は広武令、蜀郡北部都尉、西域戊己(せいいき・ぼき)校尉と昇進して

免官になり再び、召し出され、并州刺史、河東大守から、中郎将になり

黄巾(こうきん)の乱を迎えます。

中郎将は、光禄勲に属していて、五官、右、左、羽林、虎賁と5名いますが、

羽林騎で入った董卓は1800名の羽林騎を統率する羽林中郎将に

なったのかも知れません。

 

羽林騎の時代に董卓は霊帝が大嫌いになった?

 

並はずれた体力を有していた董卓ですが、やはり騎兵を扱い

理不尽な朝廷の命令を受けながら辺境で戦うのは相当な不満があったようです。

献帝春秋(けんていしゅんじゅう)という資料には、少帝を廃位して

陳留(ちんりゅう)王を立てると言った時に、それに反対した袁紹(えんしょう)と

言い争ったとされるセリフが残っています。

 

「天下の主は賢くないとダメなのだ、あの霊帝を思いだすと毎度腹が立つ

ああいうボンクラはダメだ!それに比べると董侯(献帝)は、まあまあだ。

少なくとも史侯(少帝)よりはいいんじゃあないか?

まあ、ガキの時は良くても大人になったらどうか分らんが、その時はそれよ。

劉家の種なんか、いつまでも大事にする事はなかろう」

 

随分、横暴なモノ言いですが、霊帝を思いだすと腹が立つというのが印象的です。

これは、羽林騎の時代から、霊帝を近くで見て知っていて、コキ使われたという

恨みがこもっているのではないでしょうか?

 

もっとも献帝春秋は史書に誤りが多く、裴松之(はいしょうし)が酷評していますから、

どこまで真実かは分りません。

しかし、事実として少帝は廃され、袁紹は都を去っているので、

似たような事は発言したのかも知れませんね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

董卓は武帝が組織した名誉の騎兵隊に所属して手柄を立てますが、

あまり報われた思いが無かったようです。

なにより、あのボンクラの霊帝がボスですから、まともに辺境対策も出来ず

危険な現場を何度も経験して、しだいに霊帝に憎悪を持ったかも知れません。

 

もしかして、少帝は父親に顔が似ていて、なお腹が立ったというような

個人的な好き嫌いもあったのかも知れません。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  2. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  3. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  4. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫…
  5. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  6. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  7. 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
  8. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてく…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹叡

おすすめ記事

  1. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  2. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将
  3. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  4. 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】
  6. 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった! 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!? 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう) 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

おすすめ記事

  1. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  2. 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
  3. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  4. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子
  5. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
  6. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 蜀の馬超
  7. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  8. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP