架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い

この記事の所要時間: 229




 

後漢の末、涼州は馬騰(ばとう)韓遂(かんすい)、辺章(へんしょう)のような

群雄が度々蜂起して危ない土地でした。

それは、もちろん政治が腐敗して王朝の官僚機構が上手く機能しなくなり、

異民族を抑える力が落ちた為ですが、それに加えて、涼州に送られる刺史という

刺史が、揃いも揃ってボンクラだった事もあります。

今回は、全員更迭間違いなしの涼州のダメ刺史を4連発で紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




賊を討伐すると集めた軍資金を横領、左昌

 

後漢書の蓋勲(がいくん)伝によると、中平元年、すなわち西暦184年、

黄巾の乱の時の涼州刺史は、左昌(さしょう)という人物でした。

 

しかし、この左昌、金儲けにしか目がない明らかな腐敗官僚でした。

吸い上げた軍資金から、相当額を抜き取り、自分の懐に入れてしまう始末。

見かねた部下の蓋勲が諫言すると、「うるさい」とばかりに辺境に飛ばし、

ろくに軍勢もつけずに戦わせようとします。

 

こんなゲスな刺史がいつまでも地位に留まれる筈は無く不正を告発され

あっさりクビになってしまいました。




心が荒んでいる人には道徳の本を配れ!宋梟

 

次にやってきた涼州刺史は、宋梟(そうきゅう)という人物でした。

悪人ではありませんが、この人は人畜無害で品行方正な「だけ」の人物。

荒れ果てている涼州の有様を見て、心を痛めてしまいます。

 

「ああ、なんという事だ、民がお互いに争うのは、きっと道徳を知らないのだ

夫婦は仲良く、年寄りを大切に、朋友は信頼しあえば、必ず争いは消える

そうだ、一家に一冊、孝経をプリントして配り、朗読会をさせなさい」

 

それを聞いた部下の蓋勲、開いた口がふさがりません。

 

「畏れながら、それは、余りにも、のんびりし過ぎでは」

 

と、やんわりと諫言しますが、こういう人は無能な癖に頑固なので

言いだしたら聴きゃしません。

 

「いや、、争いは良くない、孝経を配る準備をするのです。

朝廷には私から計画を上奏します」

 

宋梟より上奏を受けた朝廷は、余りの危機意識の無さに

全員が呆れかえり、許可を出す代わりに宋梟をクビにしました。

 

なんだか知らないけど、いつの間にか首に・・楊雍

 

この宋梟の次は、今度こそ、ちゃんとした刺史をと思う所ですが、

やってきた楊雍(ようよう)も、やはりパッとしなかったようです。

ほどなく首になるのですが、その前に蓋勲を漢陽郡の大守にします。

功積といえば、この程度のものでした。

特筆すべき記述がないのは、何もしなかったという証明です。

 

ろくに訓練もしないで戦いに行き戦死 耿鄙

 

次にやってきた涼州刺史は、耿鄙(こうひ)と言い血の気が多い人物でした。

就任するや否や、「よし賊を討伐するぞ、兵を集めよ」と大乗り気です。

そこで傅燮(ふへん)という部下が、それを諌めます。

 

「ろくに訓練もせず、親しんでもいない軍勢を率いて討伐など無謀です

まずは、異民族に対して柔軟に対処しながら油断をさせて、仲間割れを誘い、

その間に、こちらは訓練をして時期を見て攻め込めば労せずして勝てます」

 

傅燮の助言は、外敵がいないと仲間割れを繰り返す遊牧民の特性を

利用した見事なものでしたが、脳筋の耿鄙は聴く耳がなく、

大軍を興して、金城という所に攻め込み、大敗して戦死しました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

このように、4代に渡り、奇跡的にボンクラ刺史がやってきた結果、

涼州は完全に危ない無法地帯に落ちてしまいました。

やがて、辺章や韓遂が10万人規模の大反乱を起こしてしまい、

曹操(そうそう)が鐘繇(しょうよう)を司隷校尉(しれい・こうい)として派遣し

涼州軍閥の力を削ぐまで、涼州は後漢の火薬庫として揉め続けるのです。

 

 

でも、宋梟みたいな人、今でもいますよね。

若者の心が荒んでいるのは道徳を知らないからだとか何とかで

やたらに道徳教育を強調する人、それが悪いとは言いませんが、

原因は他にもありませんかね。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  2. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  3. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  4. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  5. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  6. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  7. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  8. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  2. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介
  3. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点
  4. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  5. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  6. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3 三国志の結末(最後)ってどうなるの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

おすすめ記事

  1. 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える
  2. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  3. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  4. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  5. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった
  6. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート
  7. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦
  8. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP