広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての漢

王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士

この記事の所要時間: 242




 

後漢王朝の名士としてその名を轟かせながら官吏に就くことがなかった王烈(おうれつ)

彼は董卓が権力を濫用して好き勝手やり始めると遼東(りょうとう)へ逃亡。

その後は商人として生きていくことになるのですが、

一体どのような人物なのでしょうか。

三国志の人物の中でもかなりマイナーな武将・王烈についてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




学生の中でもトップクラスの人材に

 

後漢の名士としてその名を轟かせていた陳寔(ちんしょく)。

彼の元には大勢の名士と言われる人々が門下生として学問を陳寔から教わっておりました。

王烈も彼の門下生の一人でした。

彼は勉学に励んで各地の名士達が集う陳寔門下生の中でも、

トップクラスの成績を収めることになります。

そのため彼の名声は中国の津々浦々まで響き渡ることになり、

彼の事を知らない人はいないほどの人材に成長するのですが、

父親が亡くなったことをきっかけに郷里に帰って喪に服すことになります。




民衆のために貯蓄を分け与える

 

王烈は父の喪が開けると郷里は飢饉に苛まれており、

村中の人々は食べるものがなく自らの子供を喰らうような状態でした。

彼は郷里の惨状を目にすると自らが蓄えていた貯金を全て食物に使い、

郷里の人々へ分け与えることにします。

この結果、王烈の郷里の人々は飢えることがなくなり飢饉の悲惨な状態から脱することになります。

また彼は郷里の人々のために学校を立てて、自らが教師として学問を教えていくことにします。

村人たちは皆彼が立てた学校へ行き、勉学を学んだことによって村から争いごとがなくなり、

飢饉や戦乱のために民衆の心が荒んで争いごとばかりしていた当時の中国において、

王烈の村だけは見違えるような状態になります。

 

盗人に布を与えたそのワケとは

 

王烈の村では一切盗人や争いごとが無くなったはずでしたが、

一人の村人が住民の牛をパクってしまいます。

しかし村人の協力によってすぐに牛をパクった盗人は捕縛され、

王烈の元へ突き出されることになります。

すると王烈はこの盗人に対して布を1反与えて帰してしまいます。

村人は王烈のこの行動に驚き「どうして盗人に布を与えたのでしょうか。」と質問。

王烈は「この盗人は自分が犯した罪をしっかりと反省しており、

私に悪事を知られないか心配していたそうではないか。

盗人がしっかりと良いことに励めるように私は応援するつもりで布を1反あげたのだ」と説明します。

この行動が後に効果を表すことになります。

 

老人の代わりに荷物を運ぶ

 

王烈の村の老人は重い荷物を担いで村に帰っている途中でした。

そんな時、ある若者が老人の荷物を代わりに持って、老人の家まで持って行ってくれました。

老人は大いにこの人へ感謝して名前を聞きましたが、この人は名前を教えずに去っていきます。

 

なんと老人に優しくしたのは○○であった

 

王烈の村の老人は帰る途中に剣を落としてしまいます。

道に落ちていた剣を拾った人はこの剣をおとした人物へ届けたかったのですが、

持ち主がわからないためどうすればいいのか途方にくれてしまいます。

彼は道に剣をおいておとした人物が戻ってくるまで剣が落ちていた場所で見張ることにします。

老人は剣を落とした場所に見当付けていたので、その場所に戻ってみると剣が落ちておりました。

しかしそこには以前荷物を運んでくれた人物がおり老人は急いでその人物の服を掴んで

「以前あんたに助けてもらったが、名前を教えてくれなかった。

今回は絶対に教えてくれ。わしの村の村長である王烈に話をしておくから」と

言って無理やりその人物の名前を聞いて王烈に報告します。

王烈はこの人物を大いに褒めてその人物がどこに住んでいるのか調べさせると

なんと昔村に侵入してきて牛をパクった人物であったのです。

王烈は盗人が改心したことを自分の事の様に喜び、

役所へ手紙を送って彼に褒美を与えるように指示を出したそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王烈はその後董卓の乱を避けるために村を捨てて遼東へ逃亡し、

この地で名士の名を捨てて商人として生活していくことにします。

曹操は王烈の名前を聞くと彼を招くために使者を幾度も送りますが断っていたそうです。

曹操の招きに応じることなく遼東で亡くなった名士・王烈をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  2. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  3. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どこ…
  5. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  6. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  7. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  8. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  2. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  3. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  4. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  5. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  6. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人? はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた! はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました! 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達

おすすめ記事

  1. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  2. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将
  3. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  4. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち
  5. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝
  6. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  7. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  8. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP