ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?

李牧




 

キングダムで絶賛活躍中の趙の名将・李牧(りぼく)

しかし彼が世に出る前は臆病者として罵られていたことを知っていましたか。

周りから臆病者と言われて、

趙王からも臆病者であることが原因で将軍の位を更迭させられています。

今回は世の中に出てくる前の李牧がどうして臆病者として

罵られていたのかをご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




国境守備隊の司令官に任命される

 

李牧は趙の名将として知られる廉頗(れんぱ)や外交で秦とやりあった名宰相である

藺相如(りんそうじょ)みたいに中国国内で活躍した人物ではありません。

彼が一躍その名を轟かすことになったのは趙との国境へ度々侵攻していた匈奴軍を

撃滅させたことがきっかけで将軍として活用されることになります。

しかし名前が知られるまでには散々な目に遭っている李牧でした。

彼が最初に歴史書に登場するのが趙と匈奴の国境を守る守備隊長としてその名が出現。

李牧はただの守備隊長ではなく司令官として赴任するように趙王から命令を受けます。




司令官李牧の国境警備

 

 

李牧は国境警備隊の司令官として赴任するとまず匈奴と交易した金銭はすべて

国境司令官の倉への収入として管理することから始めます。

またこの地にいる役人を李牧が面接して任命。

そして兵士達には弓矢の技術磨かせると共に騎馬隊で迅速に行動できるような訓練を施していきます。

だが李牧はこのような厳格な統治を行っていく一方で住民達にある命令を触れ回ります。

彼は「その命令とは城外で牧畜に携わっているものは匈奴軍が攻め込んできたらすぐに城内へ

入るように」とのお触れを住民達に徹底します。

また兵士や部下の将軍達には「匈奴軍が攻めて来ても絶対に戦うな。

もしこの命令を破ったら即座に死罪である」と厳命を下します。

こうして住民・兵士・将軍達に命令を通達し、匈奴軍が来襲してきても狼煙を見て民衆はすぐに

城内に避難し、兵士や将軍達も積極的に匈奴軍へ攻撃を仕掛けることをしないで、

城内から応戦するだけにとどまります。

 

あいつ臆病者じゃね!

 

この李牧の政策によって北方の住民達は安全に牧畜を行い、

兵士や将軍達は一切被害を出さない状態が数年続くことになります。

しかし住民や兵士、将軍達は陰で「おれらの将軍はなんで匈奴と戦わないのだろう。

もしかしたら将軍は匈奴が怖くて戦えないのだろうか」と噂をします。

次第にこの噂はヒートアップし「あいつは匈奴と戦っても勝てないから

城に閉じこもっているのだろう。臆病者め!!」と言って罵り始めます。

この噂を聞いた趙王は李牧へ「李牧よ。もし次に匈奴軍が来襲して来た時は城外に打って出て

戦え」と命令が届きます。

だが李牧は「馬鹿な。なぜこの状態を維持しようとは思わないのだ」と反論。

趙王は李牧の反論を聞いて激怒。

趙王は李牧から司令官の位を取り上げてクビにしてしまいます。

その後違う将軍が司令官として赴任し匈奴軍へ戦いを挑みますが、

匈奴軍の騎馬隊にフルボッコにされてしまいます。

 

李牧復活そして・・・・

 

趙王は匈奴軍に趙軍が敗北したことを聞くと李牧を召し出して

「私が悪かった。再び司令官として行ってくれないか。」とお願いします。

李牧は趙王へ「私が再び司令官として趣いた場合、

すぐに以前の政策を復活させることになりますが、よろしいですな」と語気を強めて念を押します。

この言葉を聞いた趙王は即座に頷くと再び李牧は司令官として着任。

李牧は復活するとすぐに政策を復活させることにします。

こうして国境は再び平穏な時間が流れることになります。

 

匈奴に鉄槌を

 

李牧は頃合を見計らって今までの政策を撤廃し民衆達へ

「城外へ出て牧畜をしていいよ」と命令を出しますが一つ条件が有り

「匈奴軍が攻め込んできたら即座に逃げるように」と伝えます。

匈奴軍は国境の住民達が城外で牧畜している姿を見ると攻撃を開始。

しかし民衆や軍勢は李牧の命令に従ってすぐに城内へ逃げ込みます。

このように幾度か繰り返していくと匈奴軍は李牧の軍勢が攻撃してこないことにつけこみ、

調子に乗り始めます。

李牧は匈奴軍の警戒が薄くなったときを見計らって守備軍に城外へ出て山野に隠れるようにと

命令を出します。

この命令通り趙軍の大軍が伏兵として山野に隠れます。

そして匈奴軍はいつものように住民達を追って趙の国境近くへやってきた時に

李牧率いる趙軍の伏兵攻撃を受けます。

この攻撃によって匈奴軍は壊滅的なダメージを受けることになり、

命からがら領土内へ逃げ込むことに成功します。

この匈奴軍を率いていた単于は李牧の恐ろしさを知り、約十年間趙へ攻撃が無くなったそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

李牧率いる趙軍が匈奴軍へ大鉄槌を下したことで国境は乱れることなく平穏になります。

趙軍は匈奴軍の攻撃がなくなったことで国境の兵士を中国国内へ回すことができ、

長平の戦いで壊滅的な被害を負った趙軍の国力はちょっとずつ回復していくことになります。

臆病者として罵られていた李牧は匈奴へ大損害を与えたことで一躍その名が国内に知れ渡り、

秦や他国との戦で活躍し、李牧の名前は天下に鳴り響いていくことになり、

秦の最大の敵として立ちはだかることになるのです。

 

参考文献 史記 司馬遷 市川宏・久米旺生訳など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  2. 曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  3. 張良と始皇帝 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  5. 武田信玄と徳川家康 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  6. 劉禅と孔明 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲の…
  7. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  8. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶
  2. 呂布VS劉備三兄弟
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 張魯

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! こいつらが悪役達だ!
  2. 太史慈と劉備はあの有名人を助けたら人生が変わった!? 太史慈
  3. 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 呂蒙
  5. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 夷陵の戦いで負ける劉備
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部

三國志雑学

  1. 孔融
  2. 劉備と孫権
  3. 夏侯惇
  4. 鍾会を説得する姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽に無視される孫権
  2. kawauso編集長
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 孫策軍をコテンパンにする陳登軍
  5. 張飛は文武両道

おすすめ記事

インスタグラムはじめました。 張コウ 張郃 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介 羽林騎時代の若き董卓 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは? 劉備と孫権 【仰天事実】劉備の蜀攻めは孫権との共同作戦だった! 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完) 梁興と馬騰 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP