架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

この記事の所要時間: 750





大人気漫画、キングダムにおいて元趙三大天とされている楚将廉頗(れんぱ)

彼は歴史上実在する将軍であり王騎(おうき)将軍などに比べると史料も豊富で描きやすい人物ではあります。

また、漫画においての強さも誇張ではなく秦を震え上がらせた名将でもあります。

しかし、廉頗の輝かしい生涯には、強さ故の悲劇がつきまといました。

 

前回記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




紀元前283年、廉頗、秦を破り衝撃デビュー

 

廉頗は、生没年も、どこの生まれかも分かりません。

ですが、紀元前283年には趙の将軍になり、秦を討ち昔陽(せきよう)を獲るという

戦果を挙げさらに翌年には、斉を討ち陽晋(ようしん)を奪い取りました。

こうして、廉頗は上卿(じょうけい:大臣クラス)に任じられました。




紀元前280~270年代は名将が盛り沢山

photo credit: Sunset via photopin (license)

photo credit: Sunset via photopin (license)

 

廉頗がデビューした時期は、西の秦と東の斉が二大強国で

他の5カ国は押さえこまれている時期です。

しかし、紀元前284年には、燕には名将、楽毅(がくき)が登場して、

五カ国合従軍を率いて東の大国だった斉を滅亡寸前まで追いやっています。

 

さらに同時期の趙には名将、趙奢(ちょうしゃ)が出ていますし、

同時に名宰相、藺相如(りん・そうじょ)も趙では登場しています。
滅亡寸前に陥った斉では、やがて名将、田単(でんたん)が登場し

秦には、古参の司馬錯(しば・さく)、そして天才将軍、白起(はくき)が出てきます。

まさに、キングダムに勝るとも劣らない名将が続出した時代でした。

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

廉頗、藺相如に激しいジェラシーを燃やす

photo credit: Time to fly via photopin (license)

photo credit: Time to fly via photopin (license)

 

その頃、趙では文官の藺相如が、度重なる秦の昭襄王(しょうじょうおう)の

抑圧をはねのけて、趙の誇りを守ったとして上卿に任命されていました。

しかし、趙国で唯一、この藺相如を気に喰わない男がいました。

それが、他ならない廉頗将軍でした。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

廉頗激白、「オレが藺相如を気に食わない理由(わけ)」


仕事は出来るがプライドも高い廉頗はYAZAWAバリに語ります。

 

「オレこと、廉頗は、戦場でドンパチやって危ない橋を渡ってるわけヨ

でも、藺相如は何?口先だけのビッグマウスじゃん?そんなアイツが、

オレとタメ?オカシイんじゃない、廉頗黙ってらんねェのよ、分かる?」

 

こうして、廉頗は、もし道で藺相如を見かけたら、ただじゃ置かねえ、

ギッタンギッタンのメッタメタにしてやると、のび太に騙された

ジャイアンのような事を会う人、会う人に言って回ります。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

藺相如激白 私が廉頗を避ける理由

 

もちろん、そんな廉頗の話は藺相如にも伝わる事になります。

話を聞いた藺相如は、極力、用心して歩き、廉頗に会わないようにします。

ところが、或る時、道を馬車で歩いていると廉頗が前からやってきました。

慌てた藺相如は、従者共々、路地に姿を隠して廉頗をやり過ごします。

 

「いい加減にして下さい、そんなコソコソ逃げ回る程に廉頗が怖いのですか!

もう、あなたの従者なんかやりたくありません、辞めさせて下さい」

 

従者達は、藺相如の臆病さに呆れ、全員が辞表を出そうとしますが、

藺相如は少しも慌てず、冷静に言いました。

 

藺相如「お前達は、廉頗将軍と秦王のどちらが恐ろしいか?」

 

従者「それは秦王で御座います」

 

藺相如「では秦王さえ恐れない私が廉頗を恐れると思うのか?」

 

従者「・・・・・・・・・」

 

藺相如「よいか、我が趙は私と廉破将軍の二人の力で

他国の侵略を防いでいるのだ、そのワシと廉頗が争ったとなれば、

みすみす他国に付け入る隙を与えるばかりである。

私は、その事を何より恐れているのだよ・・」

 

廉頗、荊の鞭を背負い藺相如に謝罪する

 

その話は、やがて、廉頗の耳にも入りました。

 

「何と言う事だ、藺相如は、趙国全体の事を考えて、恥を忍んで、ワシとぶつかるのを避けていたというのか・・

それをワシは、自分の事ばかりを考えて、あやつを非難ばかりしていた恥ずかしい、ワシは自分が恥ずかしいぞ・・」

 

廉頗は自ら、上半身裸になると、荊の鞭を背負い単身で藺相如の屋敷を訪問して、ひざまずきました。

 

「藺相如殿、、ワシはあなたの気持ちも考えず、勝手な事をわめいておった真実を知った今、ワシは自分が恥ずかしくてならぬ、願わくば、この荊の鞭で、ワシを気が済むまで打って欲しい」

 

刎頸の交わり

 

ちょっぴり過激な謝罪方法ですが、もちろん、藺相如は、そんな事はせずこの日から二人は、お互いの為に首を刎ねられても惜しくないという程の熱い友情を結ぶ事になりました、これを刎頸の交わりと言います。

 

老将、廉頗、秦の大軍を防いで奮戦する

 

紀元前265年、秦は天才将軍白起を派遣して韓の野王を占拠します。

こうして、孤立した上党は自分を守る為に趙に併合してくれるように頼みます。

上党を併合すれば、秦に睨まれるのは確実ですが、趙の孝成(こうせい)王は

叔父の平原君(へいげんくん)の助言を聞き入れて、上党を吸収してしまいます。

 

これに怒った秦は紀元前262年、将軍、王齕(おうこつ)を派遣して上党を攻撃して、これを陥落させます。

すでに趙の人民になっていた上党の人々は、趙の領内の長平城に逃げのびます。

 

それを見た秦は、国境を越えて趙の領内に侵攻していました。

廉頗「秦軍は多い、今、真正面から立ち向かってはいかん・・

籠城して時間を稼ぎ、秦兵が疲れた時を狙って撃ち破るのだ!」

 

長平城を守備していた廉頗はベテランの勘で籠城戦を選び、秦軍と小競り合いは起すものの、大きな戦いは起しませんでした。

そして、二年が経過すると、長い遠征で秦兵に疲れが出てきます。

廉頗の予想通りに秦は、このまま敗北するかのように思えました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  2. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  3. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  4. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  5. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  6. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  7. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  8. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンでは…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  2. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  3. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  4. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  6. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの? 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介! もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの? 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  2. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?
  3. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁
  4. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  6. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  7. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  8. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP