ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏候惇の父親としての評価はどうだったの?

夏侯惇




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂のこれも三国志」のコーナーです。

 

 

魏の名将・夏候惇(かこうとん)に注目し、

2回に渡り掘り下げてお伝えしてきましたが、今回はラストの3回目になります。

唐突ですが、皆さんは「2世タレント」ってご存知でしょうか。

有名タレントの御子息で、

親のコネを頼りに活動しているひとたちです。(私の偏見です)

私は個人的に「草刈正雄さんの娘で紅蘭さん」が好きですね。

彼女は親の七光りがなくても充分に芸能界を生きていける力を持っています。

物凄くパワフルなキャラです。

今回は2世タレントならぬ、三国志の「2世登場人物」を掘り下げていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析




親が凄くても子は凄くはない

 

親が頂点を極めても、その子はそこまで凄くはない。

という例は枚挙にいとまがありません。

例えばプロ野球でいうと、スーパーヒーローの長嶋茂雄さんの息子・一茂さん。

ヤクルトファンとしてはかなり期待していましたが、ほとんど活躍しませんでした。

日本の戦国時代でいくと、時代の革新児・織田信長の息子の信雄や信孝。

豊臣秀吉と徳川家康にいいように利用されています。

彼らは才能はなくても親の威光で偉くなったり、有名になったりしているのです。

(一茂さんは大学時代に活躍してましたけど)

親が凄いからといっても、それは別に子に遺伝するわけではないのです。




三国志に登場する2世たち

 

もちろん三国志の時代にも2世たちはたくさん登場してきます。

親以上に活躍した例もあります。

孫堅(そんけん)の息子の孫策(そんさく)孫権(そんけん)が代表的です。

逆に、え!?って絶句する例もあります。

劉備の息子の劉禅が代表格かもしれません(いつか劉禅特集もやりたいです)。

なぜこんなことが起こるのかは、単純に彼らにハングリーさが欠けているからだと思いますが、

理由はさておき、今回の主役たる夏候惇の子息たちはどうだったのでしょうか。

夏候惇は、大将の器であるとあの曹操が認めた人物です。

清廉潔白。武将としての闘争心も他の武将にまったく負けていません。

こんな父親を持つと、素晴らしい器量の若者が育ちそうなものですね。

 

夏候惇の子息たちを紹介

 

長男は夏候充で、夏候惇から家督を継いでいます。活躍の機会はまったくありません。

次男は夏候楙で、兄とは別の爵位を持っており、かなりの出世をしました。

三男は夏候子臧。四男は夏候子江となっています。

三国志演義では夏候楙は夏侯淵の子で養子にもらったという設定です。

三国志のシュミレーションゲームをしていても夏候楙は記憶にありますが、

夏候充は聞いたことがないです。三男・四男も同様ですね。

そしてなんで夏候楙のことを覚えているかというと、

あまりにも能力の数値が低いので記憶に残っているんです。

夏候惇と夏候楙では天と地の差がありました。

どうしてこんな評価なのでしょうか。

 

夏候楙の期待を裏切らない2世ぶり

 

まさに親の七光りで出世したお坊ちゃんが夏候楙です。

趣味は金儲けという三国志では異質なキャラぶりです。

しかも武勇の面では劣っていたそうです。

それが血統だけで出世し、安西将軍として蜀の諸葛亮孔明とぶつかるのです。

しかも西で生活していた時には女遊びも派手だったとのこと。

これが敵を油断させる作戦であればたいしたものです。まさに忠臣蔵の大石内蔵助ばりの昼行燈。

しかし、驚くことにこれが夏候楙の本性そのものだったというのです。

三国志演義では負けて捕らえられ、

解放された後は西の異民族の領地に亡命するというこれ以上はない負け犬ぶりです。

正史でも兄弟の讒言にあい処刑寸前まで追い込まれます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

これはまさに子育ての難しさを表す象徴的な話なのかもしれません。

可愛い子には旅をさせよなんていう諺もあります。

苦労や逆境がひとを育てるのでしょう。満ち足りた環境からは英雄は育たないのかもしれません。

魏を支えた夏候惇も、「父親」としては二流だったということなのでしょうか。

私はなぜか悔しい思いがします。なぜかはわかりません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

関連記事:曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁紹を説得しようとする田豊 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語
  2. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  3. 孔明 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  4. 本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実
  5. 賈逵(かき) 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…
  6. 魯粛、周瑜、袁術 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  7. ホウ徳 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった
  8. 周瑜 周瑜は諸葛亮のピエロに過ぎなかった!?孔明と周瑜の関係性を考察

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 羅貫中と関羽
  2. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  3. 張燕
  4. 董卓
  5. スーパーDr華佗07 尹正
  6. キングダム54巻amazon
  7. 鼎(かなえ)
  8. 天下三分の計
  9. 于禁

おすすめ記事

  1. 契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは? 耶律阿保機
  2. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 「魏」の旗を持った兵士
  3. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 孔明君のジャングル探検
  4. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  5. 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの? 官渡の戦い 曹操 勝利
  6. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 孔融と禰衡

三國志雑学

  1. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  2. 曹操から水攻めを受ける呂布
  3. キレる劉備になだめる黄権
  4. 空箱を受け取る荀彧
  5. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  2. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  3. 北条早雲
  4. 北伐したくてたまらない姜維
  5. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙
  6. 武田信玄と徳川家康

おすすめ記事

光武帝(劉秀)陰麗華 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 坂本龍馬(幕末時代) 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!? はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画 人物評論家として有名な李粛 李粛とはどんな人?優秀な人物を次々と推挙した人物評論家 キングダム54巻amazon キングダム606話ネタバレ予想vol2「悲惨!倉央と田里弥が道化に」 孔明 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP