架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵

この記事の所要時間: 234




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の戦略」のコーナーです。

 

今回の主役は曹操軍です。

西暦201年から202年にかけて袁紹と正面からぶつかった「倉亭の戦い」に注目します。

正史と三国志演義では描かれ方が違いますので、

今回はよりダイナミックに描かれた三国志演義を見てみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




再起をかけた袁紹軍

 

西暦200年に袁紹は曹操に「官渡の戦い」で大敗を喫します。

しかし袁紹はまだ約30万を超える兵力を有していました。

それに対して勝ちの勢いに乗っているとはいえ曹操軍は約3万といわれています。

圧倒的な兵力差です。

この両雄が黄河のほとり、倉亭で激突します。

有利な袁紹でしたが、官渡の戦いの敗北がトラウマになっており、

慎重に布陣し、じっくり戦う構えでした。

ここで一計を案じたのが軍師・程昱(ていいく)です。(荀攸の勧めもあったそうです)




日本では織田信長が仕掛けられた計略

 

西暦1563年、美濃の斉藤龍興を攻めた尾張の織田信長。

美濃のマムシと恐れられた斉藤道三は息子に反乱を起こされて既に亡く、

その跡を継いだ斉藤義龍も病死しており、道三の孫の斉藤龍興が新君主となった2年後のことです。

織田信長としては弱輩と侮っていましたが、斉藤龍興のもとには天才戦略家・竹中半兵衛がいました。

竹中半兵衛は一度織田信長の軍を通過させて、その後、四方八方から伏兵で攻めます。

織田信長は絶体絶命の危機に陥りましたが、ちょうど運よく斉藤龍興の城から火の手があがり、

敵陣に退却した陣があったために命からがら撤退することができました。

その計略こそが、倉亭の戦いで程昱が発案した「十面埋伏の計」というものです。

 

曹操を囮にする

 

曹操は兵力を分け、10部隊を埋伏させます。

そして残った本陣で袁紹軍に夜襲を仕掛けるのです。

攻めたのは曹操の旗本である許褚(きょちょ)です。

袁紹は5軍で許褚を迎撃します。たまらずに許褚は敗走しました。

曹操と合流し、逃亡しますが目前には黄河。まさに背水の陣です。

ここで曹操は兵を鼓舞して袁紹の5軍にぶつかります。

背に河があり退路を断たれている曹操の兵たちは死に物狂いで立ち向かいました。

ここで曹操が討ちとられていたら作戦は失敗、曹操軍は敗北です。

しかし許褚をはじめとする旗本たちが獅子奮迅の働きをし、袁紹は一度退くことを決断します。

これこそがまさに罠。袁紹はこの後、地獄を見ることになります。

 

十面埋伏の計

 

撤退する袁紹軍に左右5隊ずつに分けられた曹操の伏兵が順に襲い掛かります。

まずは夏侯淵、高覧の2隊です。

そこをなんとか斬り抜けると、次は楽進、于禁の2隊が襲い掛かります。

ここまでで袁紹軍は崩壊しかけていたことでしょう。皆、バラバラに退却するような状態です。

追い打ちをかけるように次に李典、徐晃の2隊が攻撃を仕掛けます。

おそらく袁紹の本陣(旗本)はまだこらえていたと思われます。

ここで次に張遼、張郃の2隊が襲い掛かり、旗本も守りを崩されます。

ようやく逃げ切ったと思ったところを最後に夏候惇、曹洪の2隊が襲撃します。

袁紹の30万の兵はほぼ壊滅しました。

袁紹の敗走に従った兵は1万に満たなかったといいます。

まさに恐るべき伏兵の罠です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

というのはあくまでも三国志演義のお話ですので、実際にそれが実行されたか定かではありません。

どちらにせよ、この倉亭の戦いに敗れた袁紹は病に伏し、西暦202年5月に亡くなりました。

天下に最も近づいた男が、寡兵の曹操に二度も大敗したのです。

河北を手に入れた曹操は飛躍的に大きな勢力となりました。

しかし、この十面埋伏の計のオールスターぶりは凄いですね。まさに破壊力満点です。

成功した暁には皆、渾身のガッツポーズしていたことでしょう。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  2. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  3. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  4. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  6. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  7. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  8. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  2. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  3. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  4. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  5. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  6. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと? 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】

おすすめ記事

  1. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  2. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  3. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  4. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  5. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  6. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  7. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  8. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP