ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点




真田信之

 

歴史上の人物には有能な力を持っていたとしても、有能な人材や活躍した人が周りに大勢いると知名度が低くなってしまい、地味な存在になってしまいます。

今回は有能だが知名度の低い地味な真田信之(さなだ のぶゆき)と魏の優秀であるが、地味な知恵者・程昱(ていいく)

この二人に焦点を当て、二人の似ているところを比べてみました。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




信之と程昱地味なふたりの共通点その一:有能だが名前はあまり知られていない

photo credit: Time to fly via photopin (license)

 

真田信之は真田昌幸の長男として生まれます。

青年期は武田に人質として出されておりましたが、武田家滅亡後、父の居城である上田城に戻ります。

信之は上田城に戻ると800人の軍勢を与えられ、父昌幸から「北条軍5000が篭城している城を奪ってこい」と伝えられます。

城を攻撃する場合は、守備側の数倍の兵力で攻撃しなければ城を落とすのは難しいとされております。

信之は手勢800人を率いて6倍以上の兵士が篭る敵の城をわずか1日で攻略するというとんでもない武功を挙げます。

武功を挙げ、父昌幸や近隣の大名家に信之の名は知れ渡ります。

こんな大活躍をしても、弟幸村が華々しい活躍しているため、彼の名はあまり広がりませんでした。




程昱も国境に近い城を少数で守っていた

賈詡

 

程昱も有能な人物です。

彼は袁紹との国境に近い城を少数の兵で守っておりました。

ある日袁紹軍の大軍が曹操の領地に侵入してくる気配を示します。

曹操(そうそう)は程昱に援軍を送ろうとします。

しかし程昱は「守備する兵数が少なければ袁紹軍は見逃すはずです。しかし、援軍を送られると袁紹軍は攻撃を仕掛けるはずです。篭城戦になれば多数の兵士が命を落とすことになりますから、援軍は不要です。」と援軍を断ります。

袁紹軍は、少数がこもっている城を素通りして攻撃を仕掛けてきませんでした。

程昱の予想は見事適中します。彼の度胸の良さを曹操は大いに褒めます。

素晴らしい予見力を持った程昱ですが、曹操の謀臣には、郭嘉(かくか)荀彧(じゅんいく)司馬懿(しばい)など優れた人物の影に埋もれてしまった人物です。

 

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

関連記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

信之と程昱地味なふたりの共通点その2:すごい長生き

photo credit: via photopin (license)

 

信之はなんと93歳まで行きます。

信長は幸若舞の「敦盛」で「人間五十年。化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり…」とよく歌いながら舞っていたそうです。

戦国時代の人間の寿命は医学が劣っていたため、平均寿命は50~60歳前後でありました。

この平均寿命を大幅に超えて長生きした信之は当時の人から見れば歩く歴史辞典的な存在であったに違いありません。

 

【次のページに続きます】




程昱も長生き




photo credit: Sakura HK via photopin (license)

 

程昱も長寿を全うします。

彼は80歳でなくなったとされています。

三国志の時代はあまり衛生環境など整っていない中で80歳まで生きるのは驚異的な事です。

彼は三国時代の神様のように周りから崇められていたのではないでしょうか。




信之と程昱地味なふたりの共通点その3:君主から信頼を寄せられる

真田丸02(武田信玄)

 

徳川家康は真田信之実力を高く評価し、股肱の臣である本多忠勝の娘・小松姫を自らの養女として迎えた後、信之に結婚を持ちかけます。

信之は父昌幸から結婚を進められ、徳川に仕えることになります。

関ヶ原の戦いでは昌幸と幸村は豊臣家率いる西軍に味方しますが、信之は徳川家率いる東軍に味方します。

家康は関ヶ原の戦いで東軍が勝つと、信之に父の領地に新たな領地を加えて彼に与えます。

家康は父昌幸と弟である幸村が敵に味方していた事を理由に、解雇もしくは処罰されてもおかしくありません。

しかし信之は主君家康から信頼をよせられていた事と彼の才能を高く評価されていた結果、領地をもらうことができたのです




程昱も曹操から信頼を得ていた

曹丕 残忍

 

程昱も曹操や曹丕(そうひ)から信頼を寄せられていました。

曹操はある日宴会を開き、程昱に「兗州で呂布(りょふ)が反乱した際に、弱気になった私は家族を人質に出し、袁紹から援軍を得ようとした。その時お前が私を止めてくれなければ今の私はなかった」と彼を大いに褒めたたえます。

また曹操の息子である曹丕(そうひ)からも信頼され、程昱が亡くなった時には涙を流して悲しんだそうです。

冷酷非道なイメージの強い曹丕が涙を流して悲しむほど程昱に信頼を寄せていた証拠ですね。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は地味な二人に焦点を当てて紹介しました。

二人共みなさんが知らないような活躍など歴史に名を残しているのにあまり有名じゃないかわいそうな二人です。

この記事を書いたことで少しでも彼らの知名度を上がれば幸いです。

今回はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

関連記事:【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

関連記事:【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた



よく読まれている記事

 

真田丸 武田信玄

 

よく読まれている記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 桓騎 キングダム 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備 蜀が夷陵の戦いで敗北したことによってどんな影響を受けたの?
  4. 馬超の兜にフォーカス 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  5. 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  7. 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  8. 献帝 恩賜の御衣 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布 VS 曹操
  2. 陸遜
  3. 鱸魚を釣る左慈
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 孔融と禰衡
  6. 不老不死を求める始皇帝
  7. 夏侯惇
  8. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  9. 張飛が使う蛇矛

おすすめ記事

  1. Webサイトリニューアルのお知らせ はじめての三国志
  2. 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 陸遜 剣と刀
  3. 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る 真田丸 武田信玄
  4. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  5. 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 劉禅と孔明

三國志雑学

  1. 法正
  2. 疫病が流行った村
  3. 曹宇
  4. 袁術と孫策
  5. 挑発する諸葛亮孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. 呉の孫権
  4. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

おすすめ記事

三国志の計略と孔明 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食! 孔融 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? 曹操にコテンパにされる袁紹 袁紹が負けた原因はオトモダチ軍閥だったから?官渡の戦いを考察 バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【お知らせ】はじめての三国志コミュニティに参加しよう! 馬超と羊 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 島津斉興「せごどん」では教えない真実 ロバ顔の諸葛瑾 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP