架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

この記事の所要時間: 547




 

中華文明は、黄河(こうが)の周辺で誕生しました。

その意味において、黄河は中華文明のユリカゴと言えるでしょう。

しかし、同時に黄河は、何度も氾濫を繰り返す暴れ河であり、

常に居心地の良いユリカゴであり続ける事はありませんでした。

今回は、時に政治体制をも変えた、暴れ河、黄河について書きます。



黄河は、世界有数の土砂を含む河

黄河 wiki

(写真出典元:wikipedia)

黄河は、中国の北部を流れ、渤海(ぼっかい)に注いでいる大河です。

全長は5464キロにもなり、世界第6位の長さを誇ります。

しかし、黄河の特徴は実は、長さではありません。

 

黄河は上流で細かい砂を大量に含む黄河高原を通過します。

この時に、流れの中に大量のシルトと呼ばれる黄砂を含むのです。

黄河に含まれる土砂は、大量で年間で16億トンに上ります。

 

 

渤海の内陸部は、この黄河から吐き出される土砂で

自然に埋めたてられたものだったりするのです。

 

それは、俗に「水一石に泥六斗」と呼ばれる程であり、

一石は、100リットルで六斗は60リットルですから、

なんと、水の半分以上は土砂という事になります。

 

実際には、そこまで土砂の比率が高いわけではありませんが、

それでも、世界の河川では断トツに土砂を含んでおり、

それが黄河の水を黄色く濁らせているのです。



黄河を制するものは天下を制した

黄河文明 wiki

 

このように土砂を大量に含む黄河は、大変な暴れ河になります。

上流域から流れてきた土砂が、中流域で溜まり、次第に川底が、

浅くなっていくのです。

そうなると、長雨によって水流が増えると、河は簡単に氾濫を起してしまいます。

華北地方は、平坦な土地なので、黄河の氾濫は大惨事になります。

しかも、吐き出される水には大量の土砂が含まれるのです。

 

建造物は、土砂の力で押し流され、都市は黄砂に埋まります。

黄河の氾濫で消滅した都市が幾つも出ました。

そればかりではなく、黄河は、氾濫により簡単に流れを変えます。

 

例えば、平坦な道路で、ホースから水を流すと、水の強さ次第で、

簡単に流れが変わるのを理解できると思います。

土砂の堆積で底が浅くなった黄河でも、これと同じ事が起きたのです。

それまで黄河に無関係な都市が、黄河の流れの変更により消滅しました。

 

このような事から、中華文明は、黄河を治める治水技術を発展させる事になります。

また、黄河の治水は大工事なので、多くの人間を長期間、継続的に

厳しく監督するリーダーを必要とする事になります。

 

 

こうして、古代中国では、聖人と呼ばれた禹(う)のような人物が

出現し何十年という苦労の果てに、堤防を築き黄河を治めました。

土木技術者だった、禹は、こうして万民に崇められ王朝を建国します。

これが伝説上の夏(か)王朝の誕生なのです。

 

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

春秋戦国時代、核兵器のような存在だった黄河

 

時代が下り、春秋戦国時代に入ると、黄河に面している国は、

堤防を築いて、氾濫を防衛するようになります。

 

しかし、ある国が意図的に黄河をせき止めて堤防を決壊させると

下流に存在する国が消滅するので、各国は同盟し、

「黄河を戦争には利用しない」とする誓いを結びます。

 

この誓いは強力で、裏切りが当たり前だった

春秋戦国の500年間、遂に破られなかったのです。

まるで現代の核兵器のような存在が黄河でした。

 

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

紀元前132年、黄河、濮陽で大決壊!

 

紀元前132年、黄河は濮陽(ぼくよう)で決壊します。

これにより、当時の経済の中心だった、淮北平野が

土砂で覆われる事になり甚大な被害をもたらしました。

決壊した堤防は、紀元前109年に塞がれますが、

河筋が変わった黄河は、その後、頻繁に氾濫を起すようになります。

 

西暦11年、黄河さらに決壊、黄河下流が大惨事に・・

氾濫を繰り返す黄河を鎮める為に、紀元前7年に

賈譲(かじょう)という人物が、治水プランを出しますが、

王莽により簒奪寸前の前漢王朝に、そんな大土木工事を

行う力はありませんでした。

 

王莽

 

西暦11年、王莽(おうもう)による簒奪が起きてから3年後、

再び黄河は決壊、黄河の下流域に甚大な被害を与えます。

 

混乱している時代に起きた決壊ですから、

無策な王莽に民衆の不満は高まった事でしょう。

結局、王莽は黄河の治水を行えないまま、政権は23年に倒れます。

 

関連記事:王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物

関連記事:王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 

関連記事:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活

関連記事:後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

 

後漢の王景、黄河を1000年治める

photo credit: R0011229 via photopin (license)

photo credit: R0011229 via photopin (license)

 

西暦69年、ようやく国力の落ち着いた後漢王朝は、

暴れ河になった黄河の大治水工事に着工します。

その大任を受けたのは、王景(おうけい)という人物でした。

 

彼は優れた土木技術者でした。

これまでの治水工事が、結果として、土砂の堆積を招き、

長雨による決壊を招いた事を理解していた王景は、

画期的な方法を2点採用します。

 

①当時華北平野で最も低い地点で、かつ渤海まで最短距離で、

到達する河川に黄河を合流させる。

こうする事で、河のスピードがあがり土砂を堆積させず、

渤海まで持っていく事が出来る。

 

②黄河に支流を造る事で、黄河の勢いを分水させる。

これにより長雨で黄河が急に増水する事を防ぐ事が出来る。

 

工事は10万人という人夫を動員した大工事で1年で終了します。

王景の治水工事は抜群の効果を挙げ、以後、黄河は800年以上

氾濫を起す事がなく、流れの変更に関しては1034年まで、

1000年近く起きませんでした。

 

関連記事:馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

黄河の氾濫が起きなくなった、もう一つの理由

 

王景の治水工事が成功したのは、もちろん、王景の治水プランが

優れていたからですが、実は、もうひとつ理由があります。

黄河の中流域までには、漢民族の勢いが及ばず、

その土地は遊牧民の生活する土地になります。

 

その為に広大な地域は牧草地に変わり、

土砂の流出が少なくなり、黄河に含まれる

泥の量も小さくなったのです。

 

その証拠に唐代以後、漢族が再び黄河中流域に進出して、

農耕を開始すると、黄河には再び、大量の土砂が混ざり、

黄河は再び氾濫を起すようになります。

 

黄河の氾濫と水滸伝(すいこでん)の意外な関係

水滸伝

西暦944年、五代十国時代の中国で、再び黄河は氾濫を起します。

この時の洪水は、元々、海抜0メートル以下だった山東省西部に、

沢山の水たまりや沼を産み出します。

 

そこにあった梁山という山の周辺も、

黄河の氾濫で水が流れて湖になっていきました。

そうして、この地は梁山泊(りょうざんぱく)

呼ばれるようになります。

このような湖は、草が生い茂る天然の隠れ家で

夜盗や山賊が隠れるには最適でした。

 

そう、三国志から900年後を舞台にする、水滸伝は

黄河の氾濫がなければ生まれない話だったのです。

 

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

黄河こそは、中華文明の中央集権制と絶対権力を産み出した源泉です。

巨大な暴れ河だった黄河は、生半可な工事では抑えられず、

強大な権力を握る絶対者のリーダーを必要としたのです。

 

王景の考えた、分水や高低差を利用した河の流れの調整は、

今日でも、水量の多い河川の治水に使われる方法だったりします。

後漢時代の治水技術のレベルの高さがしのばれますね。



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  3. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救…
  4. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  5. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  6. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  7. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  8. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  2. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  3. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  4. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  5. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する
  6. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに? 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは? 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】

おすすめ記事

  1. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  2. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1
  3. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  4. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密
  5. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  6. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  7. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  8. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP