曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

この記事の所要時間: 251




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志友情パワー」のコーナーです。

 

 

孫堅(そんけん)といえば劉備曹操とともに競い合った世代のひとりです。

江東の猛虎と呼ばれていたほど武勇に長けていた人物です。

小覇王と呼ばれた孫策の父であり、呉の皇帝・孫権の父でもあります。

孫堅に従っていた将兵も強かったことで知られていますが、

特に「四天王」と呼ばれた四人の武将は猛将として恐れられていたそうです。

程普」「黄蓋」「韓当」「祖茂」の四人を指します。

今回、キン肉マンたち正義超人の友情パワーに負けぬ、

素晴らしい友情を見せつけてくれるのはこの中の二人。黄蓋韓当です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




黄蓋は厳しいときには厳しい!!

 

三国志演義では鉄鞭を振るうという個性豊かな黄蓋(こうがい)

戦場で鞭使って戦うってどうやるんだろう??という疑問もありますが、

とにかく厳しいひとだったようです。

黄蓋が上司だったら怖いですよー。

石城県の県長になったときを例に出してみましょう。

とにかくこの県の役人は言うことをきかない状態でした。

統制がとれていないのです。黄蓋は二人の役人を掾に抜擢し、他の役人たちを監督させます。

そのときに黄蓋はこう言いました。

「この二人に不正やごまかしがあった場合、鞭打ちや棒叩きではすまさぬ。精一杯勤めよ」

ですが黄蓋は書類などに目を通すことはしません。

だんだんと緩んできた二人は法を守らぬようになります。

黄蓋は極秘に調査を進めていて不正の証拠を掴んでいました。

そして役人たちを集めた酒宴の席で、その罪を問いただしたのです。二人は土下座して謝罪します。

黄蓋は「鞭や棒ではすまさぬと言ったはずだ」と言って二人を処刑するのです。

石城県の役人はおろか他県の役人までが震えあがりました。

黄蓋はこうして九県の県長を歴任し、法を遵守する統治を徹底したのです。

なんせ処刑ですからね。このひとが上司だったら誰も手を抜いて仕事なんてできません。




韓当(かんとう)の部隊が気になる!!

 

三国志演義では大刀を振るう猛将です。

後に呉の特殊部隊「敢死」一万を率いています。

敢死軍とは、実に謎の集団です。

特殊部隊ですからね。どんな凄い部隊だったのかと気になります。

北方謙三先生の「三国志」にも呉には特殊部隊が登場しますね。

彼らはみな山越の異民族で構成されていて、山岳戦において異常な速度と強さを誇っていました。

彼らが夷陵の戦いで活躍するというものです。

彼らは活躍することで山越の存在を孫権に認めてもらうという使命を帯びていましたから、

死を覚悟して訓練し戦っています。

民族の存亡を託されていたからです。「致死軍」という名前です。

史実の敢死軍とはどんな感じだったのでしょうか。

名前からするとやはり、確実に決死隊的な存在でしょう。

一体どんな身の上の人たちで構成されていたのでしょうか。

 

赤壁の戦いで友情パワーさく裂!!

 

そんな二人が臨んだ戦いの一つに「赤壁の戦い」があります。

孫権軍はこの黄蓋の偽りの投降の作戦が大成功して曹操軍を焼き尽くすのです。

この功績で黄蓋はようやく准将軍になれました(武鋒中郎将)。

それはさておき、赤壁の戦いの戦場での一場面です。

黄蓋は敵の放った矢に当たり冷たい河へと落ちます。

幸運にも味方の兵に助けられるのですが、

その兵が黄蓋だと気が付かず、とりあえず厠に捨てて置いたのです。

凍死しそうな黄蓋。黄蓋は最後の力を振り絞って、韓当の名前を叫ぶのです。

その声はテレパシーとなって韓当に届きました。

韓当は混乱する戦場の中で黄蓋のもとに駆け付け、

その姿を見て涙を流しながら濡れた衣服を取り換えました。

こうして黄蓋は命を取り留め、武鋒中郎将になれたわけです。

 

関連記事:もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?

関連記事:赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

と、呉書には書かれていました。

ちなみにテレパシーというくだりはフィクションです。

すみません。私が勝手に加えてしまいました。

想像するとそんな感じだったんで。

とにかく二人の友情には感服しましたね。

 

皆さんはどう思いますか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  2. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  3. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  4. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  5. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  6. 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!
  7. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  8. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!
  2. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター
  3. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  4. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  5. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった
  6. 【告知】三国志の裏を知りたい人集まれ!よかミカンのブラック三国志入門

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ? 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介! 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 84話:龐統登場と同時に左遷(笑) 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう! 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)

おすすめ記事

  1. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  2. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  3. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  4. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  6. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話
  7. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  8. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP