広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

この記事の所要時間: 251




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志友情パワー」のコーナーです。

 

 

孫堅(そんけん)といえば劉備や曹操とともに競い合った世代のひとりです。

江東の猛虎と呼ばれていたほど武勇に長けていた人物です。

小覇王と呼ばれた孫策の父であり、呉の皇帝・孫権の父でもあります。

孫堅に従っていた将兵も強かったことで知られていますが、

特に「四天王」と呼ばれた四人の武将は猛将として恐れられていたそうです。

「程普」「黄蓋」「韓当」「祖茂」の四人を指します。

今回、キン肉マンたち正義超人の友情パワーに負けぬ、

素晴らしい友情を見せつけてくれるのはこの中の二人。黄蓋と韓当です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




黄蓋は厳しいときには厳しい!!

 

三国志演義では鉄鞭を振るうという個性豊かな黄蓋(こうがい)

戦場で鞭使って戦うってどうやるんだろう??という疑問もありますが、

とにかく厳しいひとだったようです。

黄蓋が上司だったら怖いですよー。

石城県の県長になったときを例に出してみましょう。

とにかくこの県の役人は言うことをきかない状態でした。

統制がとれていないのです。黄蓋は二人の役人を掾に抜擢し、他の役人たちを監督させます。

そのときに黄蓋はこう言いました。

「この二人に不正やごまかしがあった場合、鞭打ちや棒叩きではすまさぬ。精一杯勤めよ」

ですが黄蓋は書類などに目を通すことはしません。

だんだんと緩んできた二人は法を守らぬようになります。

黄蓋は極秘に調査を進めていて不正の証拠を掴んでいました。

そして役人たちを集めた酒宴の席で、その罪を問いただしたのです。二人は土下座して謝罪します。

黄蓋は「鞭や棒ではすまさぬと言ったはずだ」と言って二人を処刑するのです。

石城県の役人はおろか他県の役人までが震えあがりました。

黄蓋はこうして九県の県長を歴任し、法を遵守する統治を徹底したのです。

なんせ処刑ですからね。このひとが上司だったら誰も手を抜いて仕事なんてできません。




韓当(かんとう)の部隊が気になる!!

 

三国志演義では大刀を振るう猛将です。

後に呉の特殊部隊「敢死」一万を率いています。

敢死軍とは、実に謎の集団です。

特殊部隊ですからね。どんな凄い部隊だったのかと気になります。

北方謙三先生の「三国志」にも呉には特殊部隊が登場しますね。

彼らはみな山越の異民族で構成されていて、山岳戦において異常な速度と強さを誇っていました。

彼らが夷陵の戦いで活躍するというものです。

彼らは活躍することで山越の存在を孫権に認めてもらうという使命を帯びていましたから、

死を覚悟して訓練し戦っています。

民族の存亡を託されていたからです。「致死軍」という名前です。

史実の敢死軍とはどんな感じだったのでしょうか。

名前からするとやはり、確実に決死隊的な存在でしょう。

一体どんな身の上の人たちで構成されていたのでしょうか。

 

赤壁の戦いで友情パワーさく裂!!

 

そんな二人が臨んだ戦いの一つに「赤壁の戦い」があります。

孫権軍はこの黄蓋の偽りの投降の作戦が大成功して曹操軍を焼き尽くすのです。

この功績で黄蓋はようやく准将軍になれました(武鋒中郎将)。

それはさておき、赤壁の戦いの戦場での一場面です。

黄蓋は敵の放った矢に当たり冷たい河へと落ちます。

幸運にも味方の兵に助けられるのですが、

その兵が黄蓋だと気が付かず、とりあえず厠に捨てて置いたのです。

凍死しそうな黄蓋。黄蓋は最後の力を振り絞って、韓当の名前を叫ぶのです。

その声はテレパシーとなって韓当に届きました。

韓当は混乱する戦場の中で黄蓋のもとに駆け付け、

その姿を見て涙を流しながら濡れた衣服を取り換えました。

こうして黄蓋は命を取り留め、武鋒中郎将になれたわけです。

 

関連記事:もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?

関連記事:赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

と、呉書には書かれていました。

ちなみにテレパシーというくだりはフィクションです。

すみません。私が勝手に加えてしまいました。

想像するとそんな感じだったんで。

とにかく二人の友情には感服しましたね。

 

皆さんはどう思いますか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  2. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  3. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  4. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救…
  5. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  6. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  7. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  8. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッシ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  2. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  3. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  4. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  5. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官
  6. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは? 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?

おすすめ記事

  1. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  2. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  3. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  4. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  5. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  6. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  7. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  8. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP