キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

キングダム 始皇帝




 

戦国時代末期を描いた中国古代史漫画キングダム。

この漫画に登場している秦王政は天下統一の偉業を成し遂げた最初の皇帝として始皇帝

名乗り後世に伝えられる人物。

ですが、前漢や後漢、三国志の時代の皇帝達は亡くなったあとに、

生前の功績を評価して武帝や明帝などの亭号が贈られております。

という事は始皇帝という名前は秦王政が亡くなった後に付けられた帝号なのでしょうか。

それとも彼が生きている間に始皇帝と名乗ったのでしょうか。

今回は秦王政がいつごろ始皇帝と名乗ったのかを探ってみたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




秦王政の質問

 

秦王政は中華に割拠していた各国を討伐して滅ぼした後、

丞相・副丞相らを招集します。

彼は集まってきた家臣へ「私は諸将へ命令を下して各国へ軍勢を進め、

中華で数百年間絶えることなく続いた争いをなくすことができた。

私がこのような偉業を成し遂げることができたのは、

皆の努力と歴代の秦王が私を守ってくれたからこそできたのだと考えている。

そこで私はこの成果を後世に伝えるためには王を名乗ることをやめて新しい

称号を唱えたいと思っているのだが何かいい案はないか。」と相談。

丞相や副丞相達は「しばし時間をいただきたいと思います。」と言ってその日は政の元から

去っていきます。

政の元を去った三人は集まって会議を何日も行います。




重役三人の意見

 

法の番人・李斯(りし)、丞相・王綰(おうわん)、副丞相・馮劫(ふうきょう)のお偉方三人は

数日後揃って政の下へ参上します。

そして彼ら三人を代表して李斯が意見を述べます。

李斯は政へ「上古から現在まで天下統一を成し遂げるような偉業を達成した君主はいないでしょう。

五帝(中国の古の皇帝。黄帝(こうてい)・顓頊(せんぎょく)、帝嚳(ていこく)、堯(ぎょう)、舜(しゅん))

を凌ぐものと言っていいのではないかと思います。

歴史を知る博士達に聞いてみたところ五帝よりも前の時代に存在したとされる

泰皇(たいこう)と呼ばれる者が一番尊いとされておりました。

そこで王におかれましては天下統一をされた偉業を後世に語り継がせるために

泰皇と呼ばせるようにするのがいいのではないのでしょうか。」と進言します。

秦王政は李斯の進言を黙って聞いていたのですが、少し考えるように上を見上げておりました。

 

政が考えた名前とは

 

秦王政は数十分の間沈黙しておりました。

その理由は李斯の進言について考えているためでした。

そして数十分後秦王政は口を開きます。

彼は李斯達へ「泰皇はちょっとダサいから泰皇の皇の字を無くし、

上古以前からいた帝の字をくっつけて皇帝と呼ばせるようにしよう」と提案。

この提案に李斯達三人は頷き「よろしいと思います。」と賛同の声をあげます。

数日後政は文官や諸将を集めて「我が作った皇帝の尊称だが、

この尊称を使うのは私が初めてであるから、

以後私を呼ぶときは秦王政ではなく「始皇帝」と呼ぶように。」 と命令を下します。

こうして秦王政あらため始皇帝が誕生することになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

秦王政は始皇帝と言う名前を決めた時に生前の王の功績に見合った諡(おくりな)を

贈る制度を廃止。

そして始皇帝死後、皇帝の位を継いだ人物は始皇帝二世、三世という感じに呼称するように

と命令を下します。

始皇帝の死後、趙高の悪謀によって胡亥(こがい)が帝の位を継ぐことになりますが、

彼を呼ぶときは始皇帝の法令通りであるならば、

始皇帝二世と呼ぶのが正しい呼び方です。

もしキングダムで胡亥が登場することがあれば彼を胡亥と呼ぶのではなく、

二世皇帝と読んであげてくださいね。

 

参考文献 史記 司馬遷著 丸山松幸・守屋洋訳など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 鼎(かなえ) 戦国策【西周】強国の利害を利用して競わせるの巻
  3. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…
  4. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事…
  5. キングダム45 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャ…
  6. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  7. 武田信玄と徳川家康 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  8. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 美女を集めた曹叡
  2. 蒋琬(しょうえん)
  3. 奮闘する黄蓋
  4. 井伊直政
  5. 曹休
  6. 司馬懿と曹叡
  7. 承諾する曹操

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】
  2. 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 孔明
  3. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  4. 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 公孫サン(公孫瓚)
  5. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  6. 朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやすく紹介 朱然

三國志雑学

  1. 蜀の劉備
  2. 後悔する孫権
  3. 袁紹
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鼎(かなえ)
  2. スーパーDr華佗
  3. 朝まで三国志 劉備
  4. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)

おすすめ記事

曹操 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは? 曹操 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!? オオクニヌシ(日本神話) 出雲王国崩壊後のオオクニヌシの行方は?出雲王国の復活を目指した戦略 三国志の地図 三国時代の荊州でもし総選挙が行われたらどうなる?魏・呉・蜀のマニフェスト 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才 キレる劉備になだめる黄権 馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP