【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

劉孫同盟。

この同盟は曹操軍に追い詰められてた劉備と孫権が協力して、

曹操軍を撃退するために結ばれた同盟です。

赤壁の戦いで孫権軍は曹操軍を打ち破ることに成功するのですが、

赤壁の戦いが始まる前に劉備は周瑜(しゅうゆ)から孫権軍の兵数を聞いてびっくりし、

孫権軍の総司令官である周瑜に深く関わることをしなかったそうです。

今回は劉備がなぜ周瑜と深く関わろうとしなかったのかについて

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?


孔明の説得により劉孫同盟成立

 

劉備は曹操軍の追撃を受けている最中孫権軍の外交官・魯粛(ろしゅく)と会見し、

孫権と同盟するために軍師・諸葛孔明(しょかつこうめい)を孫権の元へ

派遣することに決めます。

孔明は孫権の元へ行くと曹操に降伏する派閥を説得し、

孫権が曹操と戦うように仕向けることに成功。

そして曹操と敵対している劉備との同盟締結に成功します。


毎日水辺を確認

 

劉備は樊口(はんこう)に駐屯させます。

彼は孔明が孫権と同盟を締結させるために派遣させたのですが、

孫権との話し合いがうまくいったのかどうか不安でたまりませんでした。

そのため毎日樊口の水辺をみずから見に行って、

孫呉の軍勢がやってきているか確認しておりました。

そんな中、劉備配下の役人が「孫呉の軍勢がやってきております」と劉備に報告。

劉備は役人の報告を聞いて急いで水辺に出てみると孫呉の艦隊が陣形を組んで、

突き進んでいる姿を目にし不安を取り除くことができました。

 

「少なすぎだろ」by劉備

 

劉備は周瑜の元に出向いて挨拶を行うことにします。

関羽と張飛は劉備がわざわざ孫呉の一武将のために挨拶に出向くのはおかしいと

激怒しておりましたが、彼は二人をなだめて周瑜の元に出向きます。

劉備は周瑜と挨拶を交わした後、

彼へ「周瑜殿はどのくらいの軍勢を率いてきたのですか。」と質問します。

すると周瑜は「三万ほどですが何か。」とつっけんどんに返答。

この返答にちょっとイラっとした劉備ですが、

表情にイライラを出さずに周瑜へ「少なすぎだろ」と返答します。

周瑜は「我が孫呉軍は水戦に関しては曹操軍など敵ではありません。

劉備殿は我が軍が曹操軍を壊滅させるところをご覧になっていてください」と

自信満々に答えます。

劉備は周瑜の返答を聞いた後、彼と別れて樊口へ帰還することにします。


本当に勝てるのか

 

劉備は周瑜と別れた後、孫呉の軍勢が水戦にいくら長けていたとしても

果たして三万の軍勢で勝てるのかと疑問に思います。

この時曹操軍は荊州の軍勢を手中に収めて15万ほどの軍勢で、

孫呉へ侵攻しようとしておりました。

曹操の軍略は天下一でかつ孫呉と曹操軍の兵力差は5倍もあります。

劉備は本当に周瑜が曹操軍を撃破できるのかどうか不安であったため、

周瑜と深く関わることをしない位置で、

孫呉軍が曹操軍に敗北してしまってもいいように後方へ駐屯することにします。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備が不安に思ったのは当然です。

曹操軍は河北や中原で戦を続けてきており兵士の強さは天下一と言っていい状態で、

兵力も天下の大半を手中に収めていたため、天下最大の兵力を保有していました。

曹操軍に敵対する孫権軍は周瑜率いる三万の軍勢と劉備軍一万ちょっとの軍勢で、

合わせても四万程度の軍勢にしかなりません。

こんなちっぽけな兵数では曹操軍に粉々に

打ち砕かれる可能性の方が高いと考えるのは、普通であると思います。

そのため劉備は周瑜と深く関わろうとしないで、

いつでも逃亡することのできる位置に陣取ったのは、

周瑜が曹操に勝つことができるできないを疑っているわけでもなんでもなく

戦術的に妥当な判断を劉備がおこなったとレンは考えます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟
  2. おんな城主 直虎
  3. 二刀流の劉備
  4. 黄皓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP