編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

この記事の所要時間: 224




 

劉孫同盟。

この同盟は曹操軍に追い詰められてた劉備と孫権が協力して、

曹操軍を撃退するために結ばれた同盟です。

赤壁の戦いで孫権軍は曹操軍を打ち破ることに成功するのですが、

赤壁の戦いが始まる前に劉備は周瑜(しゅうゆ)から孫権軍の兵数を聞いてびっくりし、

孫権軍の総司令官である周瑜に深く関わることをしなかったそうです。

今回は劉備がなぜ周瑜と深く関わろうとしなかったのかについて

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?




孔明の説得により劉孫同盟成立

 

劉備は曹操軍の追撃を受けている最中孫権軍の外交官・魯粛(ろしゅく)と会見し、

孫権と同盟するために軍師・諸葛孔明(しょかつこうめい)を孫権の元へ

派遣することに決めます。

孔明は孫権の元へ行くと曹操に降伏する派閥を説得し、

孫権が曹操と戦うように仕向けることに成功。

そして曹操と敵対している劉備との同盟締結に成功します。




毎日水辺を確認

 

劉備は樊口(はんこう)に駐屯させます。

彼は孔明が孫権と同盟を締結させるために派遣させたのですが、

孫権との話し合いがうまくいったのかどうか不安でたまりませんでした。

そのため毎日樊口の水辺をみずから見に行って、

孫呉の軍勢がやってきているか確認しておりました。

そんな中、劉備配下の役人が「孫呉の軍勢がやってきております」と劉備に報告。

劉備は役人の報告を聞いて急いで水辺に出てみると孫呉の艦隊が陣形を組んで、

突き進んでいる姿を目にし不安を取り除くことができました。

 

「少なすぎだろ」by劉備

 

劉備は周瑜の元に出向いて挨拶を行うことにします。

関羽と張飛は劉備がわざわざ孫呉の一武将のために挨拶に出向くのはおかしいと

激怒しておりましたが、彼は二人をなだめて周瑜の元に出向きます。

劉備は周瑜と挨拶を交わした後、

彼へ「周瑜殿はどのくらいの軍勢を率いてきたのですか。」と質問します。

すると周瑜は「三万ほどですが何か。」とつっけんどんに返答。

この返答にちょっとイラっとした劉備ですが、

表情にイライラを出さずに周瑜へ「少なすぎだろ」と返答します。

周瑜は「我が孫呉軍は水戦に関しては曹操軍など敵ではありません。

劉備殿は我が軍が曹操軍を壊滅させるところをご覧になっていてください」と

自信満々に答えます。

劉備は周瑜の返答を聞いた後、彼と別れて樊口へ帰還することにします。

 

本当に勝てるのか

 

劉備は周瑜と別れた後、孫呉の軍勢が水戦にいくら長けていたとしても

果たして三万の軍勢で勝てるのかと疑問に思います。

この時曹操軍は荊州の軍勢を手中に収めて15万ほどの軍勢で、

孫呉へ侵攻しようとしておりました。

曹操の軍略は天下一でかつ孫呉と曹操軍の兵力差は5倍もあります。

劉備は本当に周瑜が曹操軍を撃破できるのかどうか不安であったため、

周瑜と深く関わることをしない位置で、

孫呉軍が曹操軍に敗北してしまってもいいように後方へ駐屯することにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備が不安に思ったのは当然です。

曹操軍は河北や中原で戦を続けてきており兵士の強さは天下一と言っていい状態で、

兵力も天下の大半を手中に収めていたため、天下最大の兵力を保有していました。

曹操軍に敵対する孫権軍は周瑜率いる三万の軍勢と劉備軍一万ちょっとの軍勢で、

合わせても四万程度の軍勢にしかなりません。

こんなちっぽけな兵数では曹操軍に粉々に

打ち砕かれる可能性の方が高いと考えるのは、普通であると思います。

そのため劉備は周瑜と深く関わろうとしないで、

いつでも逃亡することのできる位置に陣取ったのは、

周瑜が曹操に勝つことができるできないを疑っているわけでもなんでもなく

戦術的に妥当な判断を劉備がおこなったとレンは考えます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  2. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…
  4. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  5. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  6. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  7. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦…
  8. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  2. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  3. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  4. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  5. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  6. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに? 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは? 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

おすすめ記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  3. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  4. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  5. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  6. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  7. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  8. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP