編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

この記事の所要時間: 312




 

キングダムより50年~100年ほど前の戦国時代の中国。

この時代を牽引していたのは斉の孟嘗君(もうしょうくん)田文と言っていいでしょう。

彼は諸侯から尊ばれ、頼りにされており

斉の国の宰相でありながら天下に人望を持っていた人物で、

彼が動けば天下が動くと言われていました。

そんな孟嘗君・田文ですが、五月に生まれてしまったことがきっかけで父から嫌われてしまいます。

彼は父に嫌われてしまっただけでなく生まれた直後に家からも追い出されてしまいます。

しかし母親は田文が青年になるまで父に見つからないように育て上げ、

青年になった田文が機略で父・田嬰(でんえい)から認められたことがきっかけで、

父の下へ戻ってくることになります。

だが父の下へ戻ってきた彼の待遇はよくありませんでしたが、

あることがきっかけで父田嬰は田文を認め、彼を後継者に任命することになるのですが、

一体どのようなことがきっかけで彼は物凄く嫌っていた田嬰から

認められることになったのでしょうか。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる




「子の子は??」

 

田文は田嬰の食客を接待する仕事を父から与えられておりましたが、

あまりに父からの待遇が良くない食客が多かったので食客の待遇を改善してもらおうと

考えておりました。

田文は父と同じ屋敷に住んでおりましたが、滅多に顔を合わせる機会を持っておりませんでした。

その原因は父が田文を嫌っていた事と田嬰が斉の宰相として忙しすぎたためです。

そんなある日珍しく父が家に帰ってきたことを知った田文は早速父の下へ出かけて行き、

ある質問をします。

田文は父に向かって「子の子は一体何と言うのでしょうか」と質問。

田嬰は嫌いな田文からの質問を嫌々ながら「孫だ」と述べます。

田文は再び田嬰へ「では孫の孫はなんと呼ぶのでしょうか」と再度質問。

田嬰は「玄孫」とぶっきらぼうに一言述べます。

田文は最後に「玄孫の孫はなんというのでしょうか」と三度質問します。

田嬰は田文の問いかけにイラっとして「知らん」と怒りを含んだ口調で述べます。

田文はこの問い掛けが終わった後、父に対して最大級の批判をします。




批判されているにも関わらず納得

 

田文は父に対して「父上は斉の重臣として三人もの王に仕えた人で、

家には多くの金銀が蓄財されております。

そのため父上が養っている奥さん達は大いに美しい着物を来て歩いておりますが、

父上が集めた食客達は粗末な服しか来ておりません。

また食事に関して父上の奥さんは贅沢なものを食べており、

奥さん達の召使いたちも豪華な食事を与えられて残しているそうです。

しかし父上の食客達は豪勢な食事ではなく粗食を与えられている有様です。

以前私が勉学に励んでいる時に将軍の客からは軍勢を率いる将軍にふさわしい人物が

出現して国へ貢献し、宰相の客からは宰相に匹敵する人物が出現して、

国政に関与するそうですが、父上の所からは一切そのような優秀な人物が出現しておりません。

これは一体なぜなのでしょうか。」と田嬰に対して最大級の批判をします。

この言葉を聞いた田嬰はイラッとするよりも田文が筋を通して客の待遇を改善するように

忠告していることに驚きを覚えます。

田文を嫌っていた田嬰ですがこの言葉を聞いて斉王からもらっていた領土である薜(せつ)の

運営を任せることにします。

 

父の後継者となる

 

田嬰はその後も斉の国政を運営するため、毎日を多忙に過ごしておりました。

そんな彼は各地の諸侯から「田文殿をあなた様の後継者にするべきです。」と進言を受けます。

田嬰は田文の力量を認めていながら彼を後継者にすることをしなかったのですが、

毎日諸侯から「田文を後継者にするべし」と伝えてくるのでついに折れて

「分かりました。では田文を後継者とすることにします。」と天下の諸侯に対して宣言。

こうして父から嫌われていた田文は実力で父の後継者として指名されることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

田嬰は青年になってから機略に富み斉の宰相として国政を担っていた父・田嬰を

屈服させるほどの論述を身につけておりました。

また薜の領土を切り盛りしていくようになると父から優遇されていたなかった

食客達の待遇を改善したことによって、

天下に散在している食客達は争って田嬰の食客に加わってくることになります。

また薜の領土は田文が横暴な統治を行わず、民のことを考えた統治を行ったことがきっかけで、

民衆からも慕われるようになります。

さらに彼は天下の諸侯が田嬰の下へ使いとしてやってきた時、

しっかりと心を込めて田文が応接したことで諸侯からも人望を得ることになります。

上記のような理由からなどから彼は父から嫌われていたけども実力でもって

他の大勢の田嬰の子供達を抜いて後継者として指名されることになるのです。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文…
  2. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  3. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの…
  4. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  5. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価し…
  6. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?
  7. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  8. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  2. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男
  3. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  4. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  5. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん
  6. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの? 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!? 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち

おすすめ記事

  1. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  2. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  3. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  4. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  5. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  6. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  7. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  8. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP