編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

この記事の所要時間: 312




 

キングダムより50年~100年ほど前の戦国時代の中国。

この時代を牽引していたのは斉の孟嘗君(もうしょうくん)田文と言っていいでしょう。

彼は諸侯から尊ばれ、頼りにされており

斉の国の宰相でありながら天下に人望を持っていた人物で、

彼が動けば天下が動くと言われていました。

そんな孟嘗君・田文ですが、五月に生まれてしまったことがきっかけで父から嫌われてしまいます。

彼は父に嫌われてしまっただけでなく生まれた直後に家からも追い出されてしまいます。

しかし母親は田文が青年になるまで父に見つからないように育て上げ、

青年になった田文が機略で父・田嬰(でんえい)から認められたことがきっかけで、

父の下へ戻ってくることになります。

だが父の下へ戻ってきた彼の待遇はよくありませんでしたが、

あることがきっかけで父田嬰は田文を認め、彼を後継者に任命することになるのですが、

一体どのようなことがきっかけで彼は物凄く嫌っていた田嬰から

認められることになったのでしょうか。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる




「子の子は??」

 

田文は田嬰の食客を接待する仕事を父から与えられておりましたが、

あまりに父からの待遇が良くない食客が多かったので食客の待遇を改善してもらおうと

考えておりました。

田文は父と同じ屋敷に住んでおりましたが、滅多に顔を合わせる機会を持っておりませんでした。

その原因は父が田文を嫌っていた事と田嬰が斉の宰相として忙しすぎたためです。

そんなある日珍しく父が家に帰ってきたことを知った田文は早速父の下へ出かけて行き、

ある質問をします。

田文は父に向かって「子の子は一体何と言うのでしょうか」と質問。

田嬰は嫌いな田文からの質問を嫌々ながら「孫だ」と述べます。

田文は再び田嬰へ「では孫の孫はなんと呼ぶのでしょうか」と再度質問。

田嬰は「玄孫」とぶっきらぼうに一言述べます。

田文は最後に「玄孫の孫はなんというのでしょうか」と三度質問します。

田嬰は田文の問いかけにイラっとして「知らん」と怒りを含んだ口調で述べます。

田文はこの問い掛けが終わった後、父に対して最大級の批判をします。




批判されているにも関わらず納得

 

田文は父に対して「父上は斉の重臣として三人もの王に仕えた人で、

家には多くの金銀が蓄財されております。

そのため父上が養っている奥さん達は大いに美しい着物を来て歩いておりますが、

父上が集めた食客達は粗末な服しか来ておりません。

また食事に関して父上の奥さんは贅沢なものを食べており、

奥さん達の召使いたちも豪華な食事を与えられて残しているそうです。

しかし父上の食客達は豪勢な食事ではなく粗食を与えられている有様です。

以前私が勉学に励んでいる時に将軍の客からは軍勢を率いる将軍にふさわしい人物が

出現して国へ貢献し、宰相の客からは宰相に匹敵する人物が出現して、

国政に関与するそうですが、父上の所からは一切そのような優秀な人物が出現しておりません。

これは一体なぜなのでしょうか。」と田嬰に対して最大級の批判をします。

この言葉を聞いた田嬰はイラッとするよりも田文が筋を通して客の待遇を改善するように

忠告していることに驚きを覚えます。

田文を嫌っていた田嬰ですがこの言葉を聞いて斉王からもらっていた領土である薜(せつ)の

運営を任せることにします。

 

父の後継者となる

 

田嬰はその後も斉の国政を運営するため、毎日を多忙に過ごしておりました。

そんな彼は各地の諸侯から「田文殿をあなた様の後継者にするべきです。」と進言を受けます。

田嬰は田文の力量を認めていながら彼を後継者にすることをしなかったのですが、

毎日諸侯から「田文を後継者にするべし」と伝えてくるのでついに折れて

「分かりました。では田文を後継者とすることにします。」と天下の諸侯に対して宣言。

こうして父から嫌われていた田文は実力で父の後継者として指名されることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

田嬰は青年になってから機略に富み斉の宰相として国政を担っていた父・田嬰を

屈服させるほどの論述を身につけておりました。

また薜の領土を切り盛りしていくようになると父から優遇されていたなかった

食客達の待遇を改善したことによって、

天下に散在している食客達は争って田嬰の食客に加わってくることになります。

また薜の領土は田文が横暴な統治を行わず、民のことを考えた統治を行ったことがきっかけで、

民衆からも慕われるようになります。

さらに彼は天下の諸侯が田嬰の下へ使いとしてやってきた時、

しっかりと心を込めて田文が応接したことで諸侯からも人望を得ることになります。

上記のような理由からなどから彼は父から嫌われていたけども実力でもって

他の大勢の田嬰の子供達を抜いて後継者として指名されることになるのです。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  2. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  3. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  4. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  5. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  6. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  7. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  8. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  4. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!
  5. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった? 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの? 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

おすすめ記事

  1. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  2. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  3. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  4. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  5. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  6. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  8. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP