呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

劉備




劉備

 

飛び込み営業の方なら経験があるでしょうが、

アポがない状態での、お客様の対応は冷ややかなものです。

最初から、こちらの言い分など聞く気もなく、

表情には「早く帰れ」という色がありありと浮かんでいます。

春秋戦国時代、そんな頑なな、お客マインドに陥った人物がいました。

それが、斉の王族、靖郭(せいかく)君、田嬰(でんえい)です。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】

関連記事:孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】




斉の王族、靖郭君、田嬰、城壁の事で揉める

 

靖郭君、田嬰は、斉の覇者である威(い)王の子であり、

斉の宣(せん)王とは、異母兄弟にあたりました。

彼は薛(せつ)という領地を持っていましたが、その領地の城壁が、

低すぎると感じて、増築を開始します。

 

ところが、当時、田嬰と、宣王の仲はよくありませんでした。

そこで、城壁を高くするのは、返って宣王の警戒心を強めると

反対する声が多かったのです。

 

「今、城壁を高くすれば、政敵に田嬰は斉から離脱する為に

城壁を高くしようとしていると讒言されます、どうか、

増築は、時期を待って頂きたい」

 

田嬰の食客は、次々にやってきて、田嬰を諫言します。

最初は、「たかが城壁位の事で、そんな事にはならないだろう」

と穏やかに返答していた田嬰ですが、沢山の食客が

同じ諫言をするので、とうとうキレてしまいます。




腹を立てた田嬰は、城壁の話は取り次ぐなと厳命

photo credit: Purple haze via photopin (license)

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

「ええい、忌々しい、たかが城壁の事で考え過ぎだと

言ったであろうが!!もう、先生達の御高説は聴きたくない

城壁の話をする者は、二度と取り次ぐな!」

 

田嬰は、こう厳命しました、これで、食客は

諫言が出来なくなってしまったわけです。

 

田嬰のガードを破る、男の奇妙な言葉

 

その事から、しばらくして、一人の男が田嬰への面会を願います。

そして、男は、渋い顔をしている田嬰に、

 

「三言だけしゃべらせてください、もし、それ以上、

しゃべったら、釜ゆでにされても文句はありません」

 

と告げました。

 

田嬰が許可すると、男は大きな声で、

 

「海!大!魚!」

 

と叫ぶと、そのまま、帰ろうとしました。

はっとした、田嬰は、男を呼びとめます。

 

田嬰「お待ちなされ!今の三言の意味をお聞かせ下さい」

 

男「申し訳ありませんが、私は釜ゆでにされたくありません」

 

田嬰「そのような事はしません、どうか、落ち着いて、

今の言葉の意味を教えてくだされ!!」

 

男は、海、大、魚の意味を伝える

photo credit: DSCN6484 via photopin (license)

photo credit: DSCN6484 via photopin (license)

 

田嬰が男を引きとめて、上座に案内して座らせると、

そこから、男は静かに語り出しました。

 

「おそれながら、只今の、私の三言について申し上げます。

まず、海とは、本国すなわち斉の事を意味しています。

そして、大魚とは、この薛におられる、あなた様の事です。

 

大魚は、海の中にいればこそ、力を遺憾なく発揮できますが

一度、陸に上がれば、あたら虫けらの餌食です。

 

あなたは、城壁を高くして薛を守ろうとお考えですが、

それによって斉王に見放されたら、どうなさいます?

それこそ海を失った大魚、例え天に届くような

城壁を積み上げても何の役にも立ちませんぞ」

 

これを聴いた田嬰は、深く頷いて、城壁の増築を

とり止めたのでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  2. 王騎 キングダム 【キングダム】王騎は実在する将軍?その偉大な功績とは?
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  4. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 嬴政(始皇帝) 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  6. 項羽と劉邦 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  7. 董卓 【有料記事】董卓が洛陽の人々から強奪した金額は何と○○円!
  8. 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 荀イクの叔父・荀爽(三公)
  3. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  4. 周瑜
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  6. 韓信将軍
  7. 板垣退助
  8. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  9. 合肥の戦いの満寵

おすすめ記事

  1. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 始皇帝(キングダム)
  2. 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 袁胤とはどんな人?袁術を守った忠義の人だけど報われない人生を送った人物 袁胤(えんいん)
  4. 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  5. 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!? 蔣琬(しょうえん)
  6. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 卞夫人 曹操

三國志雑学

  1. 周瑜 死
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 真田丸
  4. 陸遜


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明南東の風
  2. キレる曹操2
  3. 邪馬台国VS狗奴国
  4. 鼎(かなえ)
  5. 法正と劉備
  6. 真田丸

おすすめ記事

ホウ徳 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった 合戦シーン 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン 献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ! 夏侯淵 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの? 鮑信と曹操 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 荀勗(じゅんきょく) 荀勗とはどんな人?晋の皇帝をも操った大臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP