広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?

この記事の所要時間: 341




 

古代中国の時代には春秋戦国時代という時代があります。

でもこの時代って二つの時代に区別することができるのをみなさん知っていましたか。

今回は中学時代や高校時代の歴史の授業で一度は耳にしたことのある春秋戦国時代の

始まりと終わり。

この点についてご紹介していきたいと思います。

歴史の勉強をしている中学生や高校生には是非一読してもらいたいです。

 

関連記事:秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




春秋時代って一体何ぞ(周王朝成立~覇者登場まで)

 

古代中国史に置いて春秋戦国時代という時代がありました。

これは歴史(高校生の歴史の教科書や中学生の歴史の教科書に載っております)の授業で

一度は耳にしたことがある読者も多いのではないのでしょうか。

しかし歴史の授業ではこの春秋戦国時代を一緒くたにして説明していたのではないのでしょうか。

ここではまず春秋時代についてご紹介していきたいと思います。

春秋時代の成立は殷王朝をぶっ倒した周の武王・姫発(ぶおうきはつ)から始まります。

現在ジャンププラスで周王朝時代に生きた

仙人・太公望が主人公である封神演義(ほうしんえんぎ)が無料で読めますので

周王朝成立と殷王朝の滅亡原因を楽しく知りたい方はよかったら

読んでみてはどうでしょう。

話が連れてすいません・・・・元に戻します。

この周の武王が殷の紂王(ちゅうおう)を討伐したことがきっかけで、

周王朝が成立することになります。

周王朝の時代は中国の天下に周王朝に協力した諸侯がたくさんおり、

この周王朝の諸侯同士が争っていた時代です。

そのためこの時代はあくまでも周王が諸侯の上に君臨している時代でしたが、

時代が経つにつれてだんだん周王朝の力が弱っていき、諸侯の力が強力になっていきます。

そして諸侯は周王朝を天下をまとめる盟主として据え置いて、

その下に実力ある国を覇者として盟主に据えることで天下の諸侯をまとめて行くようになります。

この覇者と言われる地位にいたのがはじめての三国志でも何度か紹介されている

晋の文公や斉の桓公と言われる人物です。

この覇者が天下の諸侯を周王朝に変わってまとめておりました。

これらの時代(細かいことは多々ありますがざっくりと説明すると)が春秋時代と言われる時代です。




春秋時代の終わりと戦国時代の幕開け

 

春秋時代は周王朝が諸侯の上に立っていた時代ですが、この時代も終わりがあります。

この時代が終わりとなったきっかけのひとつは周王が亡くなったことです。

このことが春秋時代の終わりと戦国時代の幕開けのきっかけの一つですが、

周王が代替りしたことはあんまり春秋の終わりと

戦国の始まりのきっかけにしてはあんまり区別がつきません。

一春秋の終わりとなった大きなきっかけとしては北方の超大国である晋が分裂したことです。

春秋時代はざっくりで簡単に説明すると北の晋・東の斉、

その他諸侯と南の超大国である楚との争いの時代です。

この春秋時代の末期に晋は三つの国へ分裂してしまいます。

その三つこそキングダムでも出現している魏(ぎ)・韓(かん)・趙(ちょう)の

三国に別れたことによって春秋時代に幕が下ろされることになり、戦国時代の幕開けとなります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

春秋時代の始まりと終わり、そして戦国時代の開幕についてご紹介してみました。

春秋時代の終わりについては他にも色々と原因はあります。

例えば周王朝が弱体化しすぎていたことが原因で、周王朝を凌駕する力を手に入れた諸侯は

周王朝と同じく王を名乗っていくことになります。

春秋時代の始まりと終わりを上記で記しましたが、戦国時代の終わりは上記と同じ考え方でいくと

周王朝が滅亡した時に終わりを迎えるのでしょうか。

これは間違えです。

戦国時代は周王朝が滅亡して(周王朝がなくなったのは秦が原因)も中国に割拠した王様達は

争いを止めるどころか激化していくことになります。

では戦国時代はいつごろ終わったのかというと

キングダムで活躍中の秦王政が天下統一した事で戦国時代は終了することになります。

まとめとしては春秋時代の始まりは周の武王が殷を倒した時から始まり、

春秋時代の終わりは周王の代替わりや北の超大国の晋が三つの国に分裂したことなどが原因で、

春秋時代が幕を閉じて戦国時代が始まることになるという点を覚えておけば大丈夫でしょう。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  2. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  3. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  4. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  5. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  6. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  7. 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  8. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  2. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う
  3. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  4. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?
  5. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  6. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10

おすすめ記事

  1. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  2. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  3. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  4. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  5. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!
  6. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  7. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介!
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP