編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革

この記事の所要時間: 315




 

孫臏(そんぴん)は後世「孫臏兵法(そんひんひょうほう)」という書物によって、

その名を大いに知られることになります。

彼は斉の国の田忌(でんき)という将軍の元で客として養われておりました。

田忌は最初彼の実力を疑っておりましたが、古代中国の馳逐(ちちく=現在の競馬のような

ギャンブル)が行われた時に彼のアドバイス通りに行ったことで、大金を手にします。

このことがきっかけで田忌は孫臏の才能を認めることになり、

威王(いおう)からも才能を認められることになります。

そして威王は孫臏と田忌のコンビにある作戦を任せることになるのですが、

この時の斉兵は超絶に弱兵でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦




敵である趙から助けを求められる

 

威王が斉王として君臨していた時代は戦国時代が幕を開けてから数十年しか経っておりません。

この時代は魏と楚の勢力が他の諸侯の勢力よりも強い時代でした。

威王が斉王としていた頃、魏の君主は恵王で斉とは仲良く国交を交えておりました。

そんな魏の恵王は趙へ攻撃を仕掛けるべく大軍を率いて、趙の首都・邯鄲(かんたん)を包囲。

趙はこのままでは滅亡することになると考え、以前から敵同士であった斉へ援軍を要請します。

威王の元へ趙の使者がやってきて救援要請を行った後、重臣達を集めて会議を開きます。

この会議では趙を救うのか。それとも見殺しにするのかを議論。

ナルシスト宰相である鄒忌(すうき)は「敵である趙を救う必要はないでしょう。」と述べます。

しかし他の重臣から「魏が趙の領土を得た場合、斉は魏からの圧迫を凌げるのでしょうか。

ここは趙の救援に対して応えたほうがいいのではないのでしょうか。」と進言。

威王は鄒忌の意見を却下して、趙を救援することに決定します。




孫臏に断られる

 

威王は趙救援軍を誰に任せればいいのか判断に迷いますが、

孫臏を将軍に仕立てて趙救援に赴かせればいいのではないのかと考え、

孫臏に「君を将軍にして趙を救援してきてもらいたい。」とお願いしますが、

孫臏は「私は受刑者ですから無理です。」とあっさり断られてしまいます。

そのため威王は田忌を救援軍の将軍に任命して、趙の救援へ向かわせることにします。

 

斉軍は超弱い兵だった

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

戦国時代初期の中でトップレベルの兵は南方の超大国である楚(そ)の兵士と

魏の兵士がトップレベルでした。

楚は鉄を加工する技術に優れており、国内からも豊富な鉄を獲得する事ができたからです。

また魏はよく訓練された兵で、呉起(ごき)のおかげで兵士の質は非常に良かったそうです。

それに比べて斉の軍は体力は楚と魏の兵士に劣っており、武器の質もあまり良くありませんでした。

そのため他国から「斉兵は弱いから戦いが楽だ」と侮られておりました。

 

孫臏の改革

 

孫臏と田忌はこのような弱兵を率いて天下最強の兵である

魏軍と戦わなければならなかったのですが、真正面から戦えば勝つことはほとんど不可能でした。

そのため孫臏は弩(ど)を斉兵に充実することにします。

弩は三国志の時代にも使用されている武器で引き金を引くだけで飛んでいく弓で、

訓練されていない兵でも簡単に扱うことができる武器でした。

この武器を充実することで天下最強の兵である魏軍に勝利を飾ろうと考えます。

 

桂陵の戦いで大勝利

 

軍を改革させた孫臏は魏軍を趙の首都から退かせるために魏の首都である大梁(たいりょう)へ

攻撃を仕掛けます。

魏軍は斉軍が自国の首都へ攻撃していると知り急いで帰国。

趙の首都はこうして魏軍の包囲から脱することになります。

魏軍は首都防衛の為に急いで帰還することになるのですが、

桂陵で斉軍の伏兵にあってしまいます。

だが魏軍は自らの軍勢が超弱兵の集まりである斉兵に負けるわけがないと思っていることから

攻撃を仕掛け撃退しようとします。

孫臏は魏軍がやってくると充実させた弩で敵兵に攻撃を仕掛け、魏軍を混乱させたところに

歩兵の突撃を行わせたことで天下最強の魏軍を打ち破ることに成功します。

孫臏の軍改革が成功した結果がこの大勝利に現れることになり、

彼の名前は天下に轟くことになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

孫臏の魔術の一つである超弱兵が天下最強の軍に勝つことのできたのは弩のおかげです。

この為、戦国時代の斉軍=弩のイメージが付くことになり、

魏は桂陵の戦いの後孫臏のライバルである龐涓(ほうけん)と戦うことになるのですが、

この時も弩部隊が活躍することになります。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫…
  2. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  3. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  4. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  7. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  8. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  3. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  4. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  5. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  6. 涙なしには語れない桃園の結義

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ! 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康! 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

おすすめ記事

  1. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣
  2. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  3. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  4. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  5. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  6. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  7. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP