はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革

この記事の所要時間: 315




 

孫臏(そんぴん)は後世「孫臏兵法(そんひんひょうほう)」という書物によって、

その名を大いに知られることになります。

彼は斉の国の田忌(でんき)という将軍の元で客として養われておりました。

田忌は最初彼の実力を疑っておりましたが、古代中国の馳逐(ちちく=現在の競馬のような

ギャンブル)が行われた時に彼のアドバイス通りに行ったことで、大金を手にします。

このことがきっかけで田忌は孫臏の才能を認めることになり、

威王(いおう)からも才能を認められることになります。

そして威王は孫臏と田忌のコンビにある作戦を任せることになるのですが、

この時の斉兵は超絶に弱兵でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦




敵である趙から助けを求められる

photo credit: dark flowers (roses) via photopin (license)

 

威王が斉王として君臨していた時代は戦国時代が幕を開けてから数十年しか経っておりません。

この時代は魏と楚の勢力が他の諸侯の勢力よりも強い時代でした。

威王が斉王としていた頃、魏の君主は恵王で斉とは仲良く国交を交えておりました。

そんな魏の恵王は趙へ攻撃を仕掛けるべく大軍を率いて、趙の首都・邯鄲(かんたん)を包囲。

趙はこのままでは滅亡することになると考え、以前から敵同士であった斉へ援軍を要請します。

威王の元へ趙の使者がやってきて救援要請を行った後、重臣達を集めて会議を開きます。

この会議では趙を救うのか。それとも見殺しにするのかを議論。

ナルシスト宰相である鄒忌(すうき)は「敵である趙を救う必要はないでしょう。」と述べます。

しかし他の重臣から「魏が趙の領土を得た場合、斉は魏からの圧迫を凌げるのでしょうか。

ここは趙の救援に対して応えたほうがいいのではないのでしょうか。」と進言。

威王は鄒忌の意見を却下して、趙を救援することに決定します。




孫臏に断られる

 

威王は趙救援軍を誰に任せればいいのか判断に迷いますが、

孫臏を将軍に仕立てて趙救援に赴かせればいいのではないのかと考え、

孫臏に「君を将軍にして趙を救援してきてもらいたい。」とお願いしますが、

孫臏は「私は受刑者ですから無理です。」とあっさり断られてしまいます。

そのため威王は田忌を救援軍の将軍に任命して、趙の救援へ向かわせることにします。

 

斉軍は超弱い兵だった

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

戦国時代初期の中でトップレベルの兵は南方の超大国である楚(そ)の兵士と

魏の兵士がトップレベルでした。

楚は鉄を加工する技術に優れており、国内からも豊富な鉄を獲得する事ができたからです。

また魏はよく訓練された兵で、呉起(ごき)のおかげで兵士の質は非常に良かったそうです。

それに比べて斉の軍は体力は楚と魏の兵士に劣っており、武器の質もあまり良くありませんでした。

そのため他国から「斉兵は弱いから戦いが楽だ」と侮られておりました。

 

孫臏の改革

 

孫臏と田忌はこのような弱兵を率いて天下最強の兵である

魏軍と戦わなければならなかったのですが、真正面から戦えば勝つことはほとんど不可能でした。

そのため孫臏は弩(ど)を斉兵に充実することにします。

弩は三国志の時代にも使用されている武器で引き金を引くだけで飛んでいく弓で、

訓練されていない兵でも簡単に扱うことができる武器でした。

この武器を充実することで天下最強の兵である魏軍に勝利を飾ろうと考えます。

 

桂陵の戦いで大勝利

 

軍を改革させた孫臏は魏軍を趙の首都から退かせるために魏の首都である大梁(たいりょう)へ

攻撃を仕掛けます。

魏軍は斉軍が自国の首都へ攻撃していると知り急いで帰国。

趙の首都はこうして魏軍の包囲から脱することになります。

魏軍は首都防衛の為に急いで帰還することになるのですが、

桂陵で斉軍の伏兵にあってしまいます。

だが魏軍は自らの軍勢が超弱兵の集まりである斉兵に負けるわけがないと思っていることから

攻撃を仕掛け撃退しようとします。

孫臏は魏軍がやってくると充実させた弩で敵兵に攻撃を仕掛け、魏軍を混乱させたところに

歩兵の突撃を行わせたことで天下最強の魏軍を打ち破ることに成功します。

孫臏の軍改革が成功した結果がこの大勝利に現れることになり、

彼の名前は天下に轟くことになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

孫臏の魔術の一つである超弱兵が天下最強の軍に勝つことのできたのは弩のおかげです。

この為、戦国時代の斉軍=弩のイメージが付くことになり、

魏は桂陵の戦いの後孫臏のライバルである龐涓(ほうけん)と戦うことになるのですが、

この時も弩部隊が活躍することになります。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  2. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  3. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  4. キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人…
  6. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  7. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志…
  8. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  2. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  3. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  4. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  5. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  6. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

おすすめ記事

  1. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  2. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  3. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介
  4. 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  6. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  7. 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  8. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP