編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

この記事の所要時間: 228




 

陳寿(ちんじゅ)が書いた三国志は、魏志、呉志、蜀志から構成されています。

簡潔で無駄を省いた名文と言われていますが、実は、陳寿の三国志には

足りない部分があり、それが後世の歴史家を悩ましているのです。

今回のはじさんは、その部分を解説致しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?




それは、三国志という名前に理由があった・・

 

陳寿が記した三国志に存在する致命的な欠陥、それは、まさに

三国志という名前に現われています。

よく見てみると、三国志以前の歴史書である史記や漢書には、志という言葉が

使われていません、後漢書や、唐書、宋書のような歴史書もそうです。

では、どうして、三国志だけが「志」なのでしょうか?




志とは、こころざしではなく、本紀や列伝以外のアラカルトを意味する

 

「三国志は、魏、呉、蜀、三国のこころざしを書いたものだから三国志だ!」

 

もし、そう思っている人がいたら、残念ながらブーです。

キャー、もう恥ずかしい、かくいうkawausoも最近までそう思ってまちた!

それは無理もないです、実際にそう書かれている本もあるのです・・

 

では、三国志の「志」とは、本当はどういう意味か?それは以下で説明します。

 

歴史書と言うのは、歴代皇帝の事蹟を記した本紀と群臣を記した列伝が

二本柱でこれを総合して「紀伝体」と言います。

しかし、実際には、これだけでは、抜け落ちる情報が多いのです。

それは、当時の祭祀や天文や地理、礼儀や音楽というような項目でした。

 

ですので、歴史書は、紀伝体以外のそういう部分を志と称して載せています。

例えば、漢書には、礼学志、律暦志、食貨志、郊祀志、天文志、刑法志など、

10項目の志が掲載されています。

 

これでお分りでしょうか?志とは、紀伝体以外のその時代の情報をまとめた

アラカルトの項目を意味しているのです。

 

陳寿が志を付け加えなかった理由は何故?

 

一般の歴史書は、ちゃんと志の部分を持っています、なので

部分にも「志」、全体でも「志」になるのはオカシイので「書」になっているのです。

ただ、三国志には、紀伝体しかないので、志でも混同が起きません。

だから、数多ある歴史書の中で三国志だけが「志」になりました。

 

では、どうして、陳寿は志を書かなかったのでしょうか?

一般的には、三国志が国に命じられて書いた歴史書ではなく陳寿個人の仕事である

という事が挙げられています。

自分の私書なのだから、通常の手続き通りに書く必要はないという事です。

 

もう一つの理由は、陳寿の性格に起因するもので、陳寿は人の言葉は、

それが無意味な長広舌でも克明に記録するのに、歴史の事実や因果などを

記したモノ、そして上奏された建議等は、ほとんど記していません。

 

例えば、屯田制を建議した棗祇(そうぎ)について、陳寿は内実を詳しく記す事はなく、

陳寿が生きていた頃には機能していた九品官人法の仕組みについても、

完全にスルーしているのです。

 

これを見ると、陳寿は人には関心があり、色々記録したが、祭祀や刑法、

社会システム、法律の類には一切興味がないという極端な性格をしていた

可能性があるようなのです。

 

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

陳寿は、三国志の時代に片足を突っ込んだ時代の人で、彼の三国志に、

本当の意味での志が書かれていたなら、後世の歴史家は、三国志の時代を

理解するのに、かなり役立ったであろうと言われています。

そういう意味では、陳寿は、歴史家泣かせの一面を持つ人であったと

言う事が出来るでしょう。

 

「祭祀や法律や、音楽なんか書くのはメンドイや、誰かが書くだろ・・

大体、自分が知ってる事なんか、あえて記す気がしなーい」

 

案外、本音はそういう事だったのかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  2. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  3. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉…
  4. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持し…
  5. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  6. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  7. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  8. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?
  2. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  4. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  5. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  6. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

中国四大美女のひとり貂蝉 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ

おすすめ記事

  1. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  2. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  3. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  4. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  5. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  6. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  7. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  8. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP