三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介




 

おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)。

12話は井伊家にとって激動の時代でした。

まず井伊家当主である井伊直親(いいなおちか)が今川家の武士達に包囲されて、

惨殺されてしまいます。

そして今川家は井伊直親の嫡男・虎松(とらまつ)を殺害するように命令。

井伊家は今川のお目付け役であった新野(にいの)さんの働きによって

なんとか虎松の命は助けられることになります。

しかし今川家は虎松の命を助ける代わりに

今川が行う戦に井伊家の軍勢を出すように命令。

ご隠居様・井伊直平(いいなおひら)達は氏真(うじざね)の命令に従って、

戦に参加することになりますが亡くなってしまうのです。

さらに今川家に捕らえられていた小野正次(おのさまつぐ)が井伊谷に戻ってきて、

氏真から「虎松の後見役として井伊家の当主として井伊谷を治めよ」と

命令を受けたと述べます。

こうして井伊谷(いいのや)の井伊家最大の危機が訪れることになります。

この井伊家最大の危機を救ったのは竜宮小僧として暗躍していた・次郎法師(じろうほうし)でした。

彼女は直親や直平が亡くなったのは自らのせいだと己を責めておりましたが、

過去を振り返って自らの覚悟を固めて虎松の後見役として井伊家を治める決意を固め、

井伊家当主の位に就任することになります。

そしておんな城主・井伊直虎として井伊谷を治めることになりました。

さておんな城主井伊直虎としてはじめての一回目の放映。

井伊谷はどのような船出になるのでしょうか。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介




第13話 城主はつらいよの見どころその1:みんなから大反対される

 

龍潭寺(りゅうたんじ)の南渓和尚(なんけいおしょう)は、

直虎が当主となるべしと皆に説きます。

すると直平と一緒に亡くなってしまった井伊家の家老・中野さんの息子は

「おなごに当主が務まるか」と大いに反対意見を述べます。

さらに井伊直親の奥さんで狂犬の異名を持つシノの兄貴も直虎の井伊家当主の就任に反対。

しかし南渓和尚は「次郎法師は還俗しないで、虎松の後見役として井伊家を治めるのじゃ。

虎松が元服したら彼が井伊家の当主となる」と説得を続けます。

そして和尚は小野正次へ「お主はどう思う」と訪ねます。

すると彼は「直虎様の覚悟がどの程度かわかりません」とさらっと述べます。

直虎は「私は井伊谷のみんなが笑顔で暮らせるような国を作っていきたい」と決意を述べます。

この言葉を聞いた正次は「左様でございますか。

ならば正次は井伊家家老として誠心誠意直虎様を支えていく所存にございます」

としれっと述べるのでした。

この正次の発言が契機となり皆彼の言葉に従って、

直虎が井伊家当主となることを渋々認める事になるのです。

みんなに一応井伊家当主の就任を認めてもらった直虎ですが、

どのような苦難が待ち受けているのでしょうか。

そして前当主・直親の奥さんであった狂犬の異名を持つしのが、

直虎が井伊家の当主として井伊谷を治めることに賛成するのでしょうか。




第13話 城主はつらいよの見どころその2:はじめての城主

 

さて春になると新入生やら、新入社員やら色々と新の付く新しい事柄が増えてきます。

そんな中、大河ドラマ井伊直虎も新城主としてはじめて国を治めることになります。

彼女はカナ目録(駿河の今川家が定めた法令集、あの信長もこの法令集をみて

学んだとか学んでないとか)をみて政を勉強しておりました。

そして翌日正次が色々と書類を持ってきますが、

直虎は「もう一度見直してからもって参れ」と突っ返してしまいます。

さらに直虎は農民たちからの訴えに応じて村に行くことを軽々と決めてしまい、

中野さんの息子からイヤミを言われてしまう始末。

そして彼女は村へ行ってみるとなんと草が生えまくって手入れがしていない状態でした。

直虎は農民へ事情を聞いてみると「戦に男が駆り出されて人がいない状態なんでさ。

しかし年貢は納めなくちゃならんから金を借りてなんとか年貢を納めるけんど、

次は年貢と金を返さなきゃならん。

だんだん生活が苦しくなって土地売って金にしたりしてなんとか食いつないできましたが、

このまんまでは村が滅びてしまうけ。

徳政令をやってくだされ。直虎様」と訴えられます。

さて直虎はこの訴えにどのような裁決を下すのでしょうか。

 

第13話 城主はつらいよの見どころその3:正次の暗躍

 

ここで東海地方の勢力図を少しおさらいしましょう。

井伊谷の井伊家は当主として直虎が君臨することによってなんとか危急存亡の時を

乗り切ることに成功しますが、井伊家の経済状況は最悪な状態でした。

そして今川家から独立して勢力拡大に励んでいた松平元康(まつだいらもとやす)は、

三河(みかわ)で起きた一向一揆衆(いっこういっきしゅう)の反乱と激闘を繰り広げており、

勢力拡大ができない状態でした。

今川家は遠江(とおとうみ)の反対勢力をすり潰すことに成功し、

勢力を少し盛り返していました。

そして井伊家では小野正次が駿府へ向かい井伊直虎が城主として井伊谷を支配していることを

今川義元(いまがわよしもと)の母親寿桂尼(じゅけいに)へ報告しておりました。

寿桂尼は「お前に井伊谷を任せたのだからおめおめと退くことは許さんぞよ」と

釘をさします。

すると正次は寿桂尼へ秘策を披露することになるのですが、

正次はどのような秘策を寿桂尼へ示したのでしょうか。

 

第13話 城主はつらいよの見どころその4:起死回生の一策とは

 

正次が駿河で寿桂尼と密談を交わしている頃、

直虎はどうすれば百姓の村々が借金から救うことが出来るのか悩んでおりました。

そんな中、百姓が耕している田畑を見ながら、

百姓がいなければ国力が低下してしまうことを改めて思い知ることになります。

そして彼女は井伊谷の井伊家や百姓達が金を借りている瀬戸の方久(せとのほうきゅう)へ

「民衆達の借金を少なくするのではなく返済期限を待ってもらうことはできないか」と

お願いします。

しかし彼は「返済期限を伸ばすのはやぶさかではないのですが、

しっかりと返済期限が来たら耳を揃えて返していただける保証があれば待ちますよ。」と

のべます。

直虎は「いやそれじゃ百姓が困ってしまうのじゃ。

百姓がいなければ国は立ち行かぬとわれは思うのじゃ。」と

自分の誠意を方久へぶつけます。

すると方久は「ならば百姓に商いをさせればいいじゃありませんか。

コメを大量に作って他国へ売るもよし。

金になりそうなものを作らせて売るもよし」とサラっと述べます。

直虎はこの言葉を聞いて大いに頷いて、

すぐに実行するべく方久の屋敷を後にするのでした。

さてこの方久が示した百姓商い計画は成功するのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて新城主一年生である井伊直虎。

井伊谷を救うために井伊家当主として君臨することになったのですが、

井伊谷の内政はズタボロで財政はいつ破綻してもおかしくない状態でした。

直親・直盛(なおもり)・直平の時代はどうやってこの経済状況を立て直していたのか。

この部分も少し描いていれば、

もっと深く井伊谷の戦国時代の状況を知ることができたように感じます。

だが視聴率は危険な水域に入っているそうです。

初回放映時から少しづつ低下していっているそうです。

このままだと「花燃る(吉田松陰(よしだしょういんの妹を主人公にした大河)」

の二の舞になりそうな気配だそうです。

昨年の「真田丸」がかなりの戦シーンを導入しており派手さもかなりありました。

しかし今回の大河は戦シーンは今までで、

桶狭間の戦でちょっとした戦闘シーンがあったのみで、

激しい戦シーンがほとんどないことや井伊直虎の知名度の低さが、

視聴率低下の原因ではないのかなとレンは思います。

ここから視聴率の回復を臨むことができるのか井伊直虎の今後に期待が高まりますね。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから
  2. 真田丸 武田信玄 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  3. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  4. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…
  5. 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  7. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  8. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛

おすすめ記事

  1. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  2. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  3. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  4. 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【後編】
  5. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ
  6. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話

三國志雑学

  1. 五斗米道の教祖・張魯
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基 戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻 苛ついている曹操 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの? 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由人

おすすめ記事

  1. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  2. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」
  3. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  4. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに袁術を追加しました
  6. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  7. 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選
  8. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP