【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

人と人の出会いは「縁」や「運命」といった要素も重要になります。

どんなイケメン俳優だって、日本中のすべての女性を口説き落とせるわけではありません。

断られることだって絶対にあるはずです。

「海猿」で有名なあの伊藤英明さんだって、

100人の女性に恋したとしたら1人くらいはイヤですってフラれるはずなんです(たぶん)。

そこで執拗に攻めても上手くいくとは限りません。

逆効果になってストカー扱いされる可能性もあります。

状況によっては、劉備と諸葛亮孔明だって良縁を結べなかったかもしれないのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
劉備が諸葛亮にフラレたら三国志はどうなるか?と検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】


諸葛亮孔明に野心はあったのか

 

荊州に住んでいた頃の諸葛亮孔明は、

梁父吟を口ずさみながら日々畠を耕す若者でした。

勉強熱心だったのか、地元の名士たちにも顔を知られています。

才能あふれる名士コミュニティです。

その後に劉備に仕えた徐庶や龐統、馬良などの他にも、

司馬徽や龐徳公など他国にも名が広まっている大物もいました。

諸葛亮孔明はこの龐徳公に師事していたといわれています。

諸葛亮孔明に「臥竜」と名付けた人物です。

このときの諸葛亮孔明は、

自分自身を春秋戦国時代のスターである管仲や楽毅になぞらえていたといいますから、

このまま在野の農民で終わる気はさらさらなかったでしょう。

いつか世に出てやる!という野心を持っていたのではないでしょうか。


三顧の礼

 

三国志でもかなり有名なフレーズです。

諸葛亮孔明を陣営に迎え入れたい劉備は、徐庶の助言もあって、自ら諸葛亮孔明の自宅を訪れます。

肝心なときに諸葛亮孔明は留守をしており、都合三回も劉備は諸葛亮孔明のもとを訪れています。

これを「三顧の礼」と呼ぶのです。

それだけ期待しており、それだけの扱いを今後もしていくという約束を兼ねています。

本来であれば三顧の礼は、

後漢において三公に就任したことのあるような名士を在野から招く際に行われた最高の礼です。

例えば一度朝廷の政から離れた楊彪を再び呼び戻すようなものです。

そう考えると、無官の若者である諸葛亮孔明に対して、劉備は最大限の評価をしたことになります。

諸葛亮孔明はその待遇にも感激し、劉備に仕えることを決めます。


三顧の礼でもフラれるときはフラれる

 

日本でもプロ野球でドラフト指名のときはよく監督や会社代表が選手の自宅に訪れます。

日本ハムが高校を卒業する大谷翔平をドラフト指名したときなど、

球団GMや栗山監督は何度も大谷のもとを訪れて将来の展望を話し、気持ちを揺れ動かしました。

当時、大谷は絶対に日本のプロ野球には進まない。メジャーに挑戦すると公言していたからです。

しかし日本ハム側の三顧の礼が実を結び、日本ハム入団にこぎつけたのです。

でも前年のドラフト会議では一位指名した菅野智之投手に完全にフラれました。

直接交渉を何度もしたからって上手くいくときと、いかないときがあるのです。

つまり三顧の礼はあくまでも礼であって、絶対に相手を口説き落とせるものではないのです。

 

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

 

諸葛亮孔明なしの劉備の陣営でどこまでやれたか

 

三顧の礼が逆効果に働き、

「なんかストーカーっぽいから仕えのイヤだ」って

諸葛亮孔明がなっていたら劉備はどうなっていたのでしょうか。

これまでは群雄が割拠している時代で、どこの勢力も拮抗していましたから

劉備にも逆転の可能性が残されていました。

しかし官渡の戦いで袁紹を破り、河北・中原を制して巨大化した

曹操に対抗する手段はもはや劉備には思いつきませんでした。

曹操軍が南下してきた時点で劉備軍は壊滅しているか、

落ち延びて孫権の客将、または益州の劉璋の客将といったところに落ち着いたのかのどちらかでしょう。

そもそも戦略という概念がこのときの劉備の陣営にはありませんので、

その場しのぎの戦いを繰り広げています。

これではとても一国の主にはなれません。

 

関連記事:【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結論・三顧の礼をしても劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら蜀の建国はなかった。

劉備や関羽、張飛は赤壁の戦いで孫権の命じるままいいように先陣を切らされ、

戦場で討ち死にしていたかも。

やっぱり劉備と諸葛亮孔明は「水魚の交わり」なんです。

諸葛亮孔明がいてこその劉備であり、蜀なんですね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 


 

関連記事

  1. はじめての変

    意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

    曹操(そうそう)は、大金持ちの曹嵩(そうす…

  2. ミニチュアで遊ぶ董卓
  3. 項羽と呂布
  4. 胡亥

    はじめての変

    始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

    三国志で、無能の代表とされるのは、蜀の二代…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP