よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

この記事の所要時間: 315




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

人と人の出会いは「縁」や「運命」といった要素も重要になります。

どんなイケメン俳優だって、日本中のすべての女性を口説き落とせるわけではありません。

断られることだって絶対にあるはずです。

「海猿」で有名なあの伊藤英明さんだって、

100人の女性に恋したとしたら1人くらいはイヤですってフラれるはずなんです(たぶん)。

そこで執拗に攻めても上手くいくとは限りません。

逆効果になってストカー扱いされる可能性もあります。

状況によっては、劉備諸葛亮孔明だって良縁を結べなかったかもしれないのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




諸葛亮孔明に野心はあったのか

 

荊州に住んでいた頃の諸葛亮孔明は、

梁父吟を口ずさみながら日々畠を耕す若者でした。

勉強熱心だったのか、地元の名士たちにも顔を知られています。

才能あふれる名士コミュニティです。

その後に劉備に仕えた徐庶龐統馬良などの他にも、

司馬徽や龐徳公など他国にも名が広まっている大物もいました。

諸葛亮孔明はこの龐徳公に師事していたといわれています。

諸葛亮孔明に「臥竜」と名付けた人物です。

このときの諸葛亮孔明は、

自分自身を春秋戦国時代のスターである管仲や楽毅になぞらえていたといいますから、

このまま在野の農民で終わる気はさらさらなかったでしょう。

いつか世に出てやる!という野心を持っていたのではないでしょうか。




三顧の礼

 

三国志でもかなり有名なフレーズです。

諸葛亮孔明を陣営に迎え入れたい劉備は、徐庶の助言もあって、自ら諸葛亮孔明の自宅を訪れます。

肝心なときに諸葛亮孔明は留守をしており、都合三回も劉備は諸葛亮孔明のもとを訪れています。

これを「三顧の礼」と呼ぶのです。

それだけ期待しており、それだけの扱いを今後もしていくという約束を兼ねています。

本来であれば三顧の礼は、

後漢において三公に就任したことのあるような名士を在野から招く際に行われた最高の礼です。

例えば一度朝廷の政から離れた楊彪を再び呼び戻すようなものです。

そう考えると、無官の若者である諸葛亮孔明に対して、劉備は最大限の評価をしたことになります。

諸葛亮孔明はその待遇にも感激し、劉備に仕えることを決めます。

 

三顧の礼でもフラれるときはフラれる

 

日本でもプロ野球でドラフト指名のときはよく監督や会社代表が選手の自宅に訪れます。

日本ハムが高校を卒業する大谷翔平をドラフト指名したときなど、

球団GMや栗山監督は何度も大谷のもとを訪れて将来の展望を話し、気持ちを揺れ動かしました。

当時、大谷は絶対に日本のプロ野球には進まない。メジャーに挑戦すると公言していたからです。

しかし日本ハム側の三顧の礼が実を結び、日本ハム入団にこぎつけたのです。

でも前年のドラフト会議では一位指名した菅野智之投手に完全にフラれました。

直接交渉を何度もしたからって上手くいくときと、いかないときがあるのです。

つまり三顧の礼はあくまでも礼であって、絶対に相手を口説き落とせるものではないのです。

 

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

 

諸葛亮孔明なしの劉備の陣営でどこまでやれたか

 

三顧の礼が逆効果に働き、

「なんかストーカーっぽいから仕えのイヤだ」って

諸葛亮孔明がなっていたら劉備はどうなっていたのでしょうか。

これまでは群雄が割拠している時代で、どこの勢力も拮抗していましたから

劉備にも逆転の可能性が残されていました。

しかし官渡の戦いで袁紹を破り、河北・中原を制して巨大化した

曹操に対抗する手段はもはや劉備には思いつきませんでした。

曹操軍が南下してきた時点で劉備軍は壊滅しているか、

落ち延びて孫権の客将、または益州の劉璋の客将といったところに落ち着いたのかのどちらかでしょう。

そもそも戦略という概念がこのときの劉備の陣営にはありませんので、

その場しのぎの戦いを繰り広げています。

これではとても一国の主にはなれません。

 

関連記事:【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結論・三顧の礼をしても劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら蜀の建国はなかった。

劉備や関羽張飛は赤壁の戦いで孫権の命じるままいいように先陣を切らされ、

戦場で討ち死にしていたかも。

やっぱり劉備と諸葛亮孔明は「水魚の交わり」なんです。

諸葛亮孔明がいてこその劉備であり、蜀なんですね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  2. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  3. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  4. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝
  5. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  6. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. 【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  2. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  3. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  4. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?
  5. 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  6. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた

おすすめ記事

  1. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖
  2. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  3. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  4. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  5. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?
  6. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣
  7. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  8. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP