朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

この記事の所要時間: 227




 

孫権が亡くなると幼い孫亮(そんりょう)が跡を継ぎます。

しかし次期皇帝は幼かったので孫権は、

諸葛瑾(しょかつきん)の息子である諸葛恪(しょかつかく)を丞相(じょうしょう)に

任命して補佐を命じた後亡くなります。

呉の丞相として君臨して孫呉政権を担うことになった諸葛恪ですが、

彼はどのような政治を行っていこうと考えていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?




孫呉の丞相として立つ

 

諸葛恪は孫権の遺命を守って孫呉の丞相に就任。

彼は丞相に就任すると人事の刷新を行うことをしないで、

二宮の変で魯王の派閥に属していた者達を処罰することなく政権内で働かせていきます。

また民衆にかけていた税金の負担を軽くし、孫権末期政権にいたスパイ達を廃止していきます。

こうして孫呉の民衆達の負担を軽くしつつ、

政権内での厳しい取り締まりを無くしていくことに注力していきます。

諸葛恪は孫呉の豪族達から推挙されてくる名士を積極的に登用して、

孫呉政権に参画させていきます。




孫氏を左遷させる

 

諸葛恪は魏軍を東興(とうこう)の戦いで打ち破り大勝利を収めることに成功。

こうして政治のみならず軍事的にも才能がある事を内外に示すと

名士政権を孫呉の中に打ち立てるため貴族である孫氏の王様達を左遷させることにします。

孫氏の王様達は孫呉の要である長江を中心に駐屯しているため彼らを内陸部に左遷させて、

長江沿いの土地に名士達を入れていきます。

こうして孫氏一門から軍事力を切り離して軍事力を自らの元に集中ようと目論み、

曹魏を打倒するべく北伐を積極的に行っていきます。

諸葛恪は蜀の諸葛孔明のやり方を模範しようとしていたのではないかとレンは考えております。

孔明も軍事力を自分に集中させて曹魏打倒のための北伐をくり返し行っており、

一族である諸葛恪がマネっこした可能性はあるのではないのでしょうか。

 

合肥攻略戦に失敗したことが原因で・・・・

 

諸葛恪はこうして軍事力を自らの元に集めて再び曹魏討伐へ出陣。

今度の目標は孫家の宿願である合肥(がっぴ)攻略戦です。

しかし諸葛恪率いる呉軍は合肥攻略戦に失敗して撤退することになります。

諸葛恪が見本とした孔明は北伐に失敗した時には自らの爵位を降格させることで、

自らの罪を明らかにしておりました。

だが諸葛恪は合肥攻略戦で敗北したのにも関わらず、

反省することをしないでそのまま丞相の位いたままでした。

そのため彼は彼の政策に反発していた貴族である孫峻(そんしゅん)に殺害されてしまいます。

 

諸葛恪の失敗原因はなんだったのか

 

諸葛恪は何が原因で失敗したのでしょうか。

それは全てが中途半端であったにも関わらず急ぎすぎたことが原因であると考えます。

名士達を登用して名士を中心とした政権の運営も中途半端な状態のままでした。

また君主である孫亮との信頼関係をしっかりと構築しないまま魏軍へ挑戦したことや

軍をしっかりと握っていなかったことも失敗の原因ではないのでしょうか。

これらをおろそかにして突っ走ってしまったために、

彼は無残な死を迎えなければならなくなってしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

諸葛恪が目指した政治はある意味正しかったのではないのでしょうか。

孫呉は昔から名士の力が強く代表的な人物として張昭(ちょうしょう)が挙げられるでしょう。

彼は孫権と喧嘩しても自らが謝ろうとしませんでした。

そして最終的には孫権が自ら頭を下げて張昭に謝る始末です。

このエピソードが示しているのは孫権が名士張昭に対して頭を下げなくてはいけないほど、

名士達の力は孫呉の中で強力な物であったことを物語っているのではないのでしょうか。

そのため諸葛恪は名士達を中心として政権を運営していくことで、

二宮の変で磨り減った国力の回復を図ろうと考えていたのではないのでしょうか。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  2. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  3. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  4. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  5. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  6. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登…
  7. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…
  8. ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  2. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  3. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  4. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  5. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

集まれ曹操の25人の息子たち・その1 え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した? 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  2. 【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?
  3. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  4. 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦
  5. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  8. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP