諸葛亮になりたかった?呉の虎の息子・諸葛恪の思惑




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呉の身内から反感を買う_諸葛恪

 

諸葛恪(しょかつかく)のお話しをしようとするとどうにも彼の擁護まで至れないのが現状。しかし彼の性格はどこから来たんだと思いながら見ていると、ふと見えてきた諸葛恪の意図。

 

諸葛恪の栄光と破滅

 

もしかして彼は父ではなく、叔父になりたかったのかな……?と思ってしまったこのきっかけ。皆さんにもちょっとお話したいと思います。

 




才気煥発なお年ごろな諸葛恪

諸葛一族

 

諸葛恪と言えばそう、諸葛一族の人物。

 

ロバ顔の諸葛瑾

 

蜀の龍、魏の犬、呉のロバ……ではなく、呉の虎と言われた諸葛瑾(しょかつきん)の息子です。諸葛一族であり、諸葛瑾の息子とあって彼は才気煥発な子供でした。

 

諸葛恪の栄光と破滅02 諸葛恪、孫権

 

とにかく良く口が回る、ある種、才能を持った彼を特に孫権は寵愛しました。関係ないけどたぶん呉の大トラは孫権ですよね。

 

関連記事:諸葛瑾はどうして弟・諸葛亮よりも影が薄いと言われるのか

関連記事:諸葛瑾はイメージに反して軍事のトップだった!?

 




陸遜「その性格どうにかしろ」

諸葛恪

 

さてそんな諸葛恪、諸葛瑾の息子ながら父親に似ても似つかないせいかくをしていました。

 

諸葛恪

 

相手をとにかくやり込める、反論しないと気が済まない性格だけならまだ……まだましな方で、陸抗と任地を入れ替える際に壊れた場所を修繕しないままだったりと、何とも他人を思いやれない、そんな性格でした。それこそ皇太子相手でも言い返さずにはおれない、そんな性格であったために身を滅ぼします。

 

東興の戦いでの勝利(終わりの始まり)

諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪

 

その終わりの始まりと言うべき勝利が、東興(とうこう)の戦いでの勝利。ここで魏を追い返して大勝利を決めた諸葛恪、それから半年も経たないのに魏を攻めようと提案します。当然ながら反対意見が出るわ出るわ。しかしここで諸葛恪、反対意見を黙らせるべく見事な反論を返します。それをちょっとご紹介しましょう。

 

関連記事:144話:諸葛恪東興の役で魏の大軍を撃破す【全訳三国志演義】

関連記事:145話:合肥新城の敗北と諸葛恪の没落のはじまり【全訳三国志演義】

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義

 

 

諸葛恪は弁は立つ

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

劉表(りゅうひょう)曹操(そうそう)が弱い時に軽視していたが、袁紹(えんしょう)との戦いの後では手遅れだった」

「呉王夫差(ふさ)も手遅れだった」

(えつ)も秦も小さな国であったが、それに油断して大国たちは滅ぼされた」

「魏は秦よりも巨大な敵であり、呉も蜀も小国であるが、滅ぼされないのは魏の世代交代が起こっているからで、この機会を逃したら呉は滅ぼされる」

「私は叔父の出師の表を読む度、心を動かされる」←←

 

さて、皆さんこれを見てどうお考えでしょうか?

 

関連記事:『出師の表』に学べ!涙を誘うスピーチを用意したいなら泣かせどころをおさえた諸葛亮の名文

関連記事:【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった

 

 

諸葛恪は正しい、けれど

ポイント解説をするセン様

 

そう、現状の認識として間違いではありません。もう少し言うと、魏が落ち着いてから攻めてくる、と言うのも正しいでしょう。その時になっては手遅れだから、というのもまた正しいのです。

 

孔明による出師の表

 

ただ個人的に引っかかるのが、最後にわざわざ付け加えられている出師の表に関してです。もしかして諸葛恪は、叔父のようになりたかったのではないでしょうか?

 

関連記事:出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?

関連記事:劉禅を泣かせた出師の表のこぼれ話

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP