キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!

この記事の所要時間: 216




 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)

彼が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの人物が魏へ寝返ってきます。

その名を孟達(もうたつ)です。

曹丕孟達が魏へ降伏してきたと知ると彼にラブコールを送っていたのをご存知でしょうか。

敵の武将が寝返ってくるのは喜ばしいことなので、

ある程度のラブコールや褒めるのはよくある話ですが、

曹丕の場合はやりすぎでちょっと引いてしまうほどでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?




孟達が寝返る

 

曹丕曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの武将が寝返ってきます。

その武将の名前を孟達と言います。

曹丕は彼が寝返ってくる前から彼に関してのある程度の情報を知っておりましたが、

いざ彼が寝返ってくると再度調査をするために文官を彼の元へ派遣。

その文官が孟達を観察して戻ってくると曹丕へ「将軍は大臣の器といっていいでしょう」と

報告してきます。

曹丕はこの報告を聞くと孟達をまだ見ても居ないのにすごく気に入ってしまい、

彼にラブレターを送ります。




孟達へのラブレターその1:めちゃくちゃ孟達を持ち上げる

 

曹丕は孟達と会見する前に彼へ手紙を書きます。

彼が孟達へ書いた手紙の内容は「君は時勢を観ることに優れ、

優れた才能を持っているそうですね。

平和となっている我が国にとって欠かすことのできない人物がやってきたことを

私は嬉しく思います。

当然君のような優れた人物は、

伝記に名を残してもおかしくない人物であると思っています。」と

孟達の事をかなり持ち上げて褒めまくっております。

しかし曹丕のラブレターはこれだけでは終わりませんでした。

 

孟達へのラブレターその2:古の武将を超える人材

 

曹丕は日を改めて降伏してきた孟達へラブレターを送ります。

今度の内容は前よりもすごく「前漢の陳平を見た劉邦(りゅうほう)は一度見ただけで、

彼を自らの車に載せたそうです。

私の君に対する気持ちは劉邦や他の古の人々の気持ちよりも優っていると思っている。

そこで私の気持ちを表す物として私が使っている馬具と馬を君へ届けて、

私がどれだけ君のことを思っているのかわかっていただきたい」との

内容を書いて孟達へラブレターを送ったそうです。

ついでに孟達は男の人で女性ではないです。

古の人々の気持ちよりも優っている気持ちってどんななのか想像できませんが、

曹丕が孟達を魏の諸将よりも愛していたことは間違えないでしょう。

 

孟達がやってくると歓喜のあまり

 

曹丕が待ちわびていた日がついにやってきます。

孟達が曹丕へ会見する日です。

曹丕は孟達が自らにお目通りした際優雅な雰囲気を醸し出して、

曹丕に対して述べる言葉は気品溢れて優れていたそうです。

彼は孟達をよんで自らの車に陪乗させて一緒にデートを行ったそうです。

もちろん近衛兵はいたと思いますが・・・・。

それにしても曹丕はどんだけ孟達に魅力を感じていたのか不思議でしょうがありません。

 

関連記事:野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕は孟達を車に乗せた際彼の背中を触って

「きみ~。もしかしたら劉備に俺を暗殺して来いなんて言われてないよね」と

かなりブラックな冗談を言ったそうです。

しかし孟達はさほど気にすることなく「そんなことはありません」と言ったそうです。

それにしても曹丕の猛アタックぶりは狂気を帯びているのではないかと感じるくらいです。

父・曹操関羽には非常に甘く、関羽が亡くなった時に彼の葬式を行うほどでした。

そのため曹丕の孟達への偏愛ぶりは、

父曹操から譲られたものだからしょうがないのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  2. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  3. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  4. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  5. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  6. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  8. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人
  2. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  3. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  4. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  5. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!
  6. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった 蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介 はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!

おすすめ記事

  1. キングダム 531話 ネタバレ予想:必殺の別働隊
  2. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  3. 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  4. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  6. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  7. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  8. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP