編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!

この記事の所要時間: 216




 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)

彼が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの人物が魏へ寝返ってきます。

その名を孟達(もうたつ)です。

曹丕は孟達が魏へ降伏してきたと知ると彼にラブコールを送っていたのをご存知でしょうか。

敵の武将が寝返ってくるのは喜ばしいことなので、

ある程度のラブコールや褒めるのはよくある話ですが、

曹丕の場合はやりすぎでちょっと引いてしまうほどでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?




孟達が寝返る

 

曹丕が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの武将が寝返ってきます。

その武将の名前を孟達と言います。

曹丕は彼が寝返ってくる前から彼に関してのある程度の情報を知っておりましたが、

いざ彼が寝返ってくると再度調査をするために文官を彼の元へ派遣。

その文官が孟達を観察して戻ってくると曹丕へ「将軍は大臣の器といっていいでしょう」と

報告してきます。

曹丕はこの報告を聞くと孟達をまだ見ても居ないのにすごく気に入ってしまい、

彼にラブレターを送ります。




孟達へのラブレターその1:めちゃくちゃ孟達を持ち上げる

 

曹丕は孟達と会見する前に彼へ手紙を書きます。

彼が孟達へ書いた手紙の内容は「君は時勢を観ることに優れ、

優れた才能を持っているそうですね。

平和となっている我が国にとって欠かすことのできない人物がやってきたことを

私は嬉しく思います。

当然君のような優れた人物は、

伝記に名を残してもおかしくない人物であると思っています。」と

孟達の事をかなり持ち上げて褒めまくっております。

しかし曹丕のラブレターはこれだけでは終わりませんでした。

 

孟達へのラブレターその2:古の武将を超える人材

 

曹丕は日を改めて降伏してきた孟達へラブレターを送ります。

今度の内容は前よりもすごく「前漢の陳平を見た劉邦(りゅうほう)は一度見ただけで、

彼を自らの車に載せたそうです。

私の君に対する気持ちは劉邦や他の古の人々の気持ちよりも優っていると思っている。

そこで私の気持ちを表す物として私が使っている馬具と馬を君へ届けて、

私がどれだけ君のことを思っているのかわかっていただきたい」との

内容を書いて孟達へラブレターを送ったそうです。

ついでに孟達は男の人で女性ではないです。

古の人々の気持ちよりも優っている気持ちってどんななのか想像できませんが、

曹丕が孟達を魏の諸将よりも愛していたことは間違えないでしょう。

 

孟達がやってくると歓喜のあまり

 

曹丕が待ちわびていた日がついにやってきます。

孟達が曹丕へ会見する日です。

曹丕は孟達が自らにお目通りした際優雅な雰囲気を醸し出して、

曹丕に対して述べる言葉は気品溢れて優れていたそうです。

彼は孟達をよんで自らの車に陪乗させて一緒にデートを行ったそうです。

もちろん近衛兵はいたと思いますが・・・・。

それにしても曹丕はどんだけ孟達に魅力を感じていたのか不思議でしょうがありません。

 

関連記事:野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕は孟達を車に乗せた際彼の背中を触って

「きみ~。もしかしたら劉備に俺を暗殺して来いなんて言われてないよね」と

かなりブラックな冗談を言ったそうです。

しかし孟達はさほど気にすることなく「そんなことはありません」と言ったそうです。

それにしても曹丕の猛アタックぶりは狂気を帯びているのではないかと感じるくらいです。

父・曹操も関羽には非常に甘く、関羽が亡くなった時に彼の葬式を行うほどでした。

そのため曹丕の孟達への偏愛ぶりは、

父曹操から譲られたものだからしょうがないのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  2. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  3. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…
  4. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  5. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  6. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  7. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  8. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  2. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】
  4. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  6. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 曹操が遺言で見せた女性への愛情

おすすめ記事

  1. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  2. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  3. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  4. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  5. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  6. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  7. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  8. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP