曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!

2017年5月4日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

魏の初代皇帝曹丕(そうひ)

彼が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの人物が魏へ寝返ってきます。

その名を孟達(もうたつ)です。

曹丕は孟達が魏へ降伏してきたと知ると彼にラブコールを送っていたのをご存知でしょうか。

敵の武将が寝返ってくるのは喜ばしいことなので、

ある程度のラブコールや褒めるのはよくある話ですが、

曹丕の場合はやりすぎでちょっと引いてしまうほどでした。

 

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



孟達が寝返る

 

曹丕が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの武将が寝返ってきます。

その武将の名前を孟達と言います。

曹丕は彼が寝返ってくる前から彼に関してのある程度の情報を知っておりましたが、

いざ彼が寝返ってくると再度調査をするために文官を彼の元へ派遣。

その文官が孟達を観察して戻ってくると曹丕へ「将軍は大臣の器といっていいでしょう」と

報告してきます。

曹丕はこの報告を聞くと孟達をまだ見ても居ないのにすごく気に入ってしまい、

彼にラブレターを送ります。

 

孟達へのラブレターその1:めちゃくちゃ孟達を持ち上げる

 

曹丕は孟達と会見する前に彼へ手紙を書きます。

彼が孟達へ書いた手紙の内容は「君は時勢を観ることに優れ、

優れた才能を持っているそうですね。

平和となっている我が国にとって欠かすことのできない人物がやってきたことを

私は嬉しく思います。

当然君のような優れた人物は、

伝記に名を残してもおかしくない人物であると思っています。」と

孟達の事をかなり持ち上げて褒めまくっております。

しかし曹丕のラブレターはこれだけでは終わりませんでした。

 

孟達へのラブレターその2:古の武将を超える人材

 

曹丕は日を改めて降伏してきた孟達へラブレターを送ります。

今度の内容は前よりもすごく「前漢の陳平を見た劉邦(りゅうほう)は一度見ただけで、

彼を自らの車に載せたそうです。

私の君に対する気持ちは劉邦や他の古の人々の気持ちよりも優っていると思っている。

そこで私の気持ちを表す物として私が使っている馬具と馬を君へ届けて、

私がどれだけ君のことを思っているのかわかっていただきたい」との

内容を書いて孟達へラブレターを送ったそうです。

ついでに孟達は男の人で女性ではないです。

古の人々の気持ちよりも優っている気持ちってどんななのか想像できませんが、

曹丕が孟達を魏の諸将よりも愛していたことは間違えないでしょう。

   

孟達がやってくると歓喜のあまり

 

曹丕が待ちわびていた日がついにやってきます。

孟達が曹丕へ会見する日です。

曹丕は孟達が自らにお目通りした際優雅な雰囲気を醸し出して、

曹丕に対して述べる言葉は気品溢れて優れていたそうです。

彼は孟達をよんで自らの車に陪乗させて一緒にデートを行ったそうです。

もちろん近衛兵はいたと思いますが・・・・。

それにしても曹丕はどんだけ孟達に魅力を感じていたのか不思議でしょうがありません。

 

関連記事:野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕は孟達を車に乗せた際彼の背中を触って

「きみ~。もしかしたら劉備に俺を暗殺して来いなんて言われてないよね」と

かなりブラックな冗談を言ったそうです。

しかし孟達はさほど気にすることなく「そんなことはありません」と言ったそうです。

それにしても曹丕の猛アタックぶりは狂気を帯びているのではないかと感じるくらいです。

父・曹操も関羽には非常に甘く、関羽が亡くなった時に彼の葬式を行うほどでした。

そのため曹丕の孟達への偏愛ぶりは、

父曹操から譲られたものだからしょうがないのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-はじめての変, 執筆者:黒田廉
-, , ,