三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!

孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕




 

魏の初代皇帝・曹丕(そうひ)

彼が曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの人物が魏へ寝返ってきます。

その名を孟達(もうたつ)です。

曹丕孟達が魏へ降伏してきたと知ると彼にラブコールを送っていたのをご存知でしょうか。

敵の武将が寝返ってくるのは喜ばしいことなので、

ある程度のラブコールや褒めるのはよくある話ですが、

曹丕の場合はやりすぎでちょっと引いてしまうほどでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?




孟達が寝返る

 

曹丕曹操の跡を継いだ時に蜀からひとりの武将が寝返ってきます。

その武将の名前を孟達と言います。

曹丕は彼が寝返ってくる前から彼に関してのある程度の情報を知っておりましたが、

いざ彼が寝返ってくると再度調査をするために文官を彼の元へ派遣。

その文官が孟達を観察して戻ってくると曹丕へ「将軍は大臣の器といっていいでしょう」と

報告してきます。

曹丕はこの報告を聞くと孟達をまだ見ても居ないのにすごく気に入ってしまい、

彼にラブレターを送ります。




孟達へのラブレターその1:めちゃくちゃ孟達を持ち上げる

 

曹丕は孟達と会見する前に彼へ手紙を書きます。

彼が孟達へ書いた手紙の内容は「君は時勢を観ることに優れ、

優れた才能を持っているそうですね。

平和となっている我が国にとって欠かすことのできない人物がやってきたことを

私は嬉しく思います。

当然君のような優れた人物は、

伝記に名を残してもおかしくない人物であると思っています。」と

孟達の事をかなり持ち上げて褒めまくっております。

しかし曹丕のラブレターはこれだけでは終わりませんでした。

 

孟達へのラブレターその2:古の武将を超える人材

 

曹丕は日を改めて降伏してきた孟達へラブレターを送ります。

今度の内容は前よりもすごく「前漢の陳平を見た劉邦(りゅうほう)は一度見ただけで、

彼を自らの車に載せたそうです。

私の君に対する気持ちは劉邦や他の古の人々の気持ちよりも優っていると思っている。

そこで私の気持ちを表す物として私が使っている馬具と馬を君へ届けて、

私がどれだけ君のことを思っているのかわかっていただきたい」との

内容を書いて孟達へラブレターを送ったそうです。

ついでに孟達は男の人で女性ではないです。

古の人々の気持ちよりも優っている気持ちってどんななのか想像できませんが、

曹丕が孟達を魏の諸将よりも愛していたことは間違えないでしょう。

 

孟達がやってくると歓喜のあまり

 

曹丕が待ちわびていた日がついにやってきます。

孟達が曹丕へ会見する日です。

曹丕は孟達が自らにお目通りした際優雅な雰囲気を醸し出して、

曹丕に対して述べる言葉は気品溢れて優れていたそうです。

彼は孟達をよんで自らの車に陪乗させて一緒にデートを行ったそうです。

もちろん近衛兵はいたと思いますが・・・・。

それにしても曹丕はどんだけ孟達に魅力を感じていたのか不思議でしょうがありません。

 

関連記事:野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕は孟達を車に乗せた際彼の背中を触って

「きみ~。もしかしたら劉備に俺を暗殺して来いなんて言われてないよね」と

かなりブラックな冗談を言ったそうです。

しかし孟達はさほど気にすることなく「そんなことはありません」と言ったそうです。

それにしても曹丕の猛アタックぶりは狂気を帯びているのではないかと感じるくらいです。

父・曹操関羽には非常に甘く、関羽が亡くなった時に彼の葬式を行うほどでした。

そのため曹丕の孟達への偏愛ぶりは、

父曹操から譲られたものだからしょうがないのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期
  2. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  3. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  4. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  5. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  6. 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  7. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか
  8. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  2. シリア 関羽
  3. 袁術を励ます魯粛
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良

おすすめ記事

  1. 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 毛沢東(もうたくとう)
  2. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  3. 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  5. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー
  6. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 城 銅雀台

三國志雑学

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 魏延の謀反を察する孫権
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 周瑜はナルシスト
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 本多忠勝
  3. 騙し合う呂布と袁術

おすすめ記事

結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!? 曹丕 曹植 曹家の文才「三曹七子」って何? 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 魏の夏侯淵 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP