広告募集
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

この記事の所要時間: 259




基礎 孔明の失敗03

 

趙雲(ちょううん)鄧芝(とうし)を囮にして、夏候楙(かこうぼう)を欺き、

自身は関山道を移動して、安定、天水、南安の城を陥落させた諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

さらに、次の一手として孔明が

目をつけたのは関羽(かんう)を見殺しにして、魏に投降した

孟達(もうたつ)を再び蜀に寝返らせる事でした。

しかし、孔明の思惑は、復活した司馬懿(しばい)に阻止されるのです。

 

前回記事:121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?




孔明は、長安、洛陽の二都に重圧をかける

陸遜 関羽

 

孔明の北伐の目的は、長安を陥落させる事でしたが、同時に、

洛陽にも重圧を掛けて、魏の戦力を分散させようと考えていました。

そこで、孔明が目をつけたのは孟達です。

かつては劉璋(りゅうしょう)に仕え、その後、劉備(りゅうび)

配下になった孟達ですが、荊州上庸を守っていた頃、関羽が

呉軍の呂蒙(りょもう)に敗れて殺される時にも援軍を出さなかった為に、

劉備に処罰される事を恐れて、魏に逃亡していました。




曹丕に信用された孟達だが、曹丕の死後、立場が不安定に

孟達

 

孟達は、魏帝の曹丕(そうひ)に、その悪びれない堂々とした態度を気に入られます。

そして、降伏した将としては異例の抜擢をされ、建武(けんぶ)将軍に任じられ、

房陵・上庸・西城の三城を統合した新城の太守に任命されます。

 

曹丕

 

しかし、曹丕が死去すると、次の明帝、曹叡(そうえい)は孟達に目を掛ける事もなく、

また、曹丕になまじ気にいられた為に、孟達を冷たい目で見る魏将も多く

「いつか讒言を受けて殺されるのでないか?」と将来に不安を感じたのです。

 

孔明は、その孟達の心の隙を突き、もう一度、蜀に仕えれば、

重く用いるし罪も許すと囁いたのです。

元々、裏切り癖のある孟達は、誘いに乗り新城から洛陽を窺おうとします。

 

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

司馬懿、孟達の裏切りを察知して殺す

孟達 司馬懿

 

しかし、同じく荊州の宛城にいた司馬懿は、孟達がどうやら二心を

持っている事を察知していました。

司馬懿は馬稷(ばしょく)の流言により謹慎の身でしたが、曹叡(そうえい)は連戦連敗の

曹真(そうしん)に愛想を尽かし司馬懿を許して洛陽に呼び戻そうとします。

 

本来ならば、洛陽に上り、「畏れながら、孟達が謀反を企んでおります」

と上奏した上で、軍を受けて孟達を討伐をするのが正式な手順ですが、

そんな悠長な事をすれば、孟達の挙兵に間に合いません。

 

司馬懿は曹叡に独断で兵を起し、新城の孟達を攻め立てました。

油断していた孟達は、司馬懿の軍に攻め落とされ殺されます。

孟達は、今回は優柔不断だった為に遂に生命を失ったのです。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

 

司馬懿、孟達を討ち取った手柄を土産に返り咲く

司馬懿

 

司馬懿は、孟達の首を手土産に洛陽に凱旋します。

本来なら越権行為ですが、孔明に押されている現状で、

そんな窮屈な理屈を口にする程、曹叡は暗君ではありませんでした。

 

司馬懿は、曹叡に手柄を称えられ、再び対蜀の指揮官として、

前線に復帰してしまう事になります。

孔明は皮肉にも、自身の計略により最強のライバルを呼び戻す

手伝いをしてしまう事になったのです。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では、馬稷の流言で宛城で謹慎させられていた事になっている司馬懿ですが

実際には、そんな事実はなく、この当時には対呉戦線の司令官でした。

孟達が裏切りそうだというのは、司馬懿が洛陽で曹叡に告げています。

これにより、孟達と仲が悪い申儀(しんぎ)の密告だけでは半信半疑だった

曹叡は孟達を討伐する事を決意しました。

 

孟達は、洛陽から新城までは、1200里(600キロ)もあり、

幾ら司馬懿が急いでも1カ月は掛かると油断していましたが、

司馬懿はその裏をかいて、昼夜兼行で8日間で1200里を走破して、

新城に出現して孟達を討ち取っています。

 

こうして、孔明の長安と洛陽に重圧を掛けるという作戦は頓挫しました。

次回記事:123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え…
  2. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  3. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  4. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  5. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  6. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  7. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?
  8. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  2. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  4. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  5. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯
  6. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 74話:孔明に嫉妬する周瑜

おすすめ記事

  1. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  2. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  4. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  5. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  6. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  7. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  8. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP