編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介

この記事の所要時間: 245




 

魏の二代目皇帝・曹丕(そうひ)

彼は三国志演義などで冷酷な人間として言われておりますが、

人に対しての好悪が激しく気に入った人物は非常に可愛がっておりました。

しかし彼が嫌いになった人物にはかなり辛くあたっており、

現代風に言うといじめもしくはパワハラに該当するのではないのでしょうか。

今回は曹丕にいじめもしくはパワハラされた被害者達をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!




曹丕のいじめを受けた被害者その1:髑髏を馬の鞍に結びつけて馬鹿にする

 

一人目の被害者は王忠(おうちゅう)です。

彼は劉備が徐州(じょしゅう)で反乱を起こした際、

曹操から命じられて劉備討伐に行った武将です。

王忠は劉備軍にフルボッコにされ劉備から

「貴様みたいな将軍なら100人来ても負けないぜ!!」と罵られた人物です。

そんな彼ですが若い頃食料が無く飢えに苦しんでいたために、

人を食ったことがあるとんでもない人でした。

曹丕は彼が人を食ったことがあるのを知っていたので、

側近に命じて墓場から髑髏を持ってこさせて、

彼が乗っている馬の鞍に結びつけたそうです。

これを見た諸将は彼の馬を見て大爆笑したそうですが、

王忠はこの時「くそ~曹丕の小僧!!調子くれやがって」と

内心激怒していたのではないのでしょうか。

史実に記載されていないので彼の気持ちを推し量るのは難しいですが、

諸将から大爆笑されていい気分な人などいないのではないのでしょうか。




曹丕のいじめを受けた被害者その2:醜い顔の男と結婚させる娘がかわいそう。

 

曹丕のいじめを受けた二人目の被害者は丁儀(ていぎ)です。

丁儀は才能豊かな人物で曹操からも気に入られていた人物でした。

曹操は丁儀が曹操に仕える前に優れた人物であるという噂を聞いただけで、

自らの娘と結婚させようとします。

すると曹丕は曹操へ「女性は結婚相手の容姿を気にするものです。

彼は固めが小さくて顔がカッコよくない人物です。

そのため娘が彼のようなカッコよくない人物と結婚してしまえば、

かわいそうではないですか」と丁儀に妹を嫁へやるのを反対します。

曹操は曹丕の反対意見を聞いて丁儀へ娘を与えることをしませんでした。

丁儀は曹丕の妨害によって曹操の娘と結婚できなかったことを恨み、

「野郎。ぜって~許さねぇからな!!」と激怒し、

丁儀は曹植と親密になって曹操の後継者へ押し上げるために色々と画策して、

曹丕に恨みを晴らそうとしておりました。

 

曹丕のパワハラを受けた被害者その3:一生懸命戦ったのに・・・・こんな仕打ちをするとは

 

曹操の古参の武将として活躍していた于禁(うきん)。

彼は曹操に命じられて関羽軍に猛攻を受けていた樊城を救援するべく大軍を率いて出陣。

しかし彼の軍勢は漢水の氾濫によって孤立することになり、

そこを関羽軍に攻められてしまったために関羽へ降伏することにします。

その後彼は呉軍が荊州(けいしゅう)を関羽から強奪して占領すると、

呉の領土で生活することになります。

曹丕が皇帝の位に就任すると孫権は于禁を魏へ返還する事にします。

于禁は魏へ帰還すると曹丕と会見。

曹丕は于禁のやつれた顔や白くなった髭を見て彼を慰めたそうです。

 

 

その後于禁を呉へ使者として派遣する際、

彼へ「于禁よ。父の墓を見舞ってから呉へ行くが良い。」と提案します。

于禁は曹丕の提案に従って曹操の墓の前に来ると驚くべき物が墓に書かれていました。

それは于禁が関羽軍に敗北して降伏する姿が描かれていたのです。

この姿を見た于禁は激怒して病に伏せってしまったそうです。

ついでにこの絵を書かせたのはパワハラ上司・曹丕なのは言う必要はありませんね。

 

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕はこのように色々な人をいじめたり、部下に対してパワハラを行ったりしておりました。

于禁は曹丕のパワハラが原因で亡くなってしまうのですが、

曹丕は彼が亡くなると彼の息子に爵位を継がせているため、

必ずしも彼が憎くて行ったわけではないのでしょうがやりすぎではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  2. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  3. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につなが…
  4. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  5. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  6. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  7. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆ…
  8. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  3. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  4. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  5. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  6. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革

おすすめ記事

  1. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介
  3. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  4. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?
  5. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  6. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】
  7. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  8. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP