朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介

この記事の所要時間: 245




 

魏の二代目皇帝・曹丕(そうひ)

彼は三国志演義などで冷酷な人間として言われておりますが、

人に対しての好悪が激しく気に入った人物は非常に可愛がっておりました。

しかし彼が嫌いになった人物にはかなり辛くあたっており、

現代風に言うといじめもしくはパワハラに該当するのではないのでしょうか。

今回は曹丕にいじめもしくはパワハラされた被害者達をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!




曹丕のいじめを受けた被害者その1:髑髏を馬の鞍に結びつけて馬鹿にする

 

一人目の被害者は王忠(おうちゅう)です。

彼は劉備が徐州(じょしゅう)で反乱を起こした際、

曹操から命じられて劉備討伐に行った武将です。

王忠は劉備軍にフルボッコにされ劉備から

「貴様みたいな将軍なら100人来ても負けないぜ!!」と罵られた人物です。

そんな彼ですが若い頃食料が無く飢えに苦しんでいたために、

人を食ったことがあるとんでもない人でした。

曹丕は彼が人を食ったことがあるのを知っていたので、

側近に命じて墓場から髑髏を持ってこさせて、

彼が乗っている馬の鞍に結びつけたそうです。

これを見た諸将は彼の馬を見て大爆笑したそうですが、

王忠はこの時「くそ~曹丕の小僧!!調子くれやがって」と

内心激怒していたのではないのでしょうか。

史実に記載されていないので彼の気持ちを推し量るのは難しいですが、

諸将から大爆笑されていい気分な人などいないのではないのでしょうか。




曹丕のいじめを受けた被害者その2:醜い顔の男と結婚させる娘がかわいそう。

 

曹丕のいじめを受けた二人目の被害者は丁儀(ていぎ)です。

丁儀は才能豊かな人物で曹操からも気に入られていた人物でした。

曹操は丁儀が曹操に仕える前に優れた人物であるという噂を聞いただけで、

自らの娘と結婚させようとします。

すると曹丕は曹操へ「女性は結婚相手の容姿を気にするものです。

彼は固めが小さくて顔がカッコよくない人物です。

そのため娘が彼のようなカッコよくない人物と結婚してしまえば、

かわいそうではないですか」と丁儀に妹を嫁へやるのを反対します。

曹操は曹丕の反対意見を聞いて丁儀へ娘を与えることをしませんでした。

丁儀は曹丕の妨害によって曹操の娘と結婚できなかったことを恨み、

「野郎。ぜって~許さねぇからな!!」と激怒し、

丁儀は曹植と親密になって曹操の後継者へ押し上げるために色々と画策して、

曹丕に恨みを晴らそうとしておりました。

 

曹丕のパワハラを受けた被害者その3:一生懸命戦ったのに・・・・こんな仕打ちをするとは

 

曹操の古参の武将として活躍していた于禁(うきん)。

彼は曹操に命じられて関羽軍に猛攻を受けていた樊城を救援するべく大軍を率いて出陣。

しかし彼の軍勢は漢水の氾濫によって孤立することになり、

そこを関羽軍に攻められてしまったために関羽へ降伏することにします。

その後彼は呉軍が荊州(けいしゅう)を関羽から強奪して占領すると、

呉の領土で生活することになります。

曹丕が皇帝の位に就任すると孫権は于禁を魏へ返還する事にします。

于禁は魏へ帰還すると曹丕と会見。

曹丕は于禁のやつれた顔や白くなった髭を見て彼を慰めたそうです。

 

 

その後于禁を呉へ使者として派遣する際、

彼へ「于禁よ。父の墓を見舞ってから呉へ行くが良い。」と提案します。

于禁は曹丕の提案に従って曹操の墓の前に来ると驚くべき物が墓に書かれていました。

それは于禁が関羽軍に敗北して降伏する姿が描かれていたのです。

この姿を見た于禁は激怒して病に伏せってしまったそうです。

ついでにこの絵を書かせたのはパワハラ上司・曹丕なのは言う必要はありませんね。

 

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹丕はこのように色々な人をいじめたり、部下に対してパワハラを行ったりしておりました。

于禁は曹丕のパワハラが原因で亡くなってしまうのですが、

曹丕は彼が亡くなると彼の息子に爵位を継がせているため、

必ずしも彼が憎くて行ったわけではないのでしょうがやりすぎではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められる…
  2. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  3. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  4. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿…
  5. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  6. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  7. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  8. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  2. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!
  3. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  4. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  5. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)
  6. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説 これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?

おすすめ記事

  1. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  2. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  3. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ
  4. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」
  5. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  6. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  7. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  8. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP