キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ

この記事の所要時間: 234

 

三国志の既存の概念を壊した全く新しいスマホゲーム・

放置少女の虜になったレン。

前回放置少女をプレイした結果、

主人公・黒田レンは新しい仲間・ネコ耳姿の黄月英(こうげつえい)を加え、

怒涛の快進撃を続けあっという間に魔王・董卓(とうたく)を撃破してしまいました。

そんな黒田レンはひとつ気づいたことがありました。

それは今更ですがどこのチームにも属すことなく一人ぼっちで、

放置少女をプレイしていることです。

リアルでもあんまり友達がいないので、

せめてスマホゲーム内ではチームに所属して仲良くやろうと決意。

そんな決意を固めた矢先、放置少女でイベントが開催している事を知ります。

このイベントですが参加すれば景品をもらうことができるそうです。

なんて嬉しいお知らせなんだ。

そしてレンは二つの目標を立てます。

一つはぼっちからの脱出を図るためチームに所属する事。

二つ目はイベントに参加して景品をもらうこと。

今回はこの二つの目標を達成するため事を胸に誓って、

放置少女の世界にダイブするのでした

 

前回記事:【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!

前回記事:【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

 

アプリのダウンロードはこちら

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その11:ついに念願のぼっち脱出

 

放置少女にログインするとレベルアップしておりましたが、

一つ目の目標であるチームもしくは友人を手に入れるため、

早速フレンド機能が放置少女にあるのかを探し回りますが、

そのような機能を見つけることができませんでした。

しかしフレンド機能に似た機能を発見。

 

 

それは同盟です。

他のプレイヤーが設立したチームに所属することで同盟戦に参加できるそうです。

早速目標をクリアするため同盟に参加申請を出して参加することに。

幸いにも同盟参加の許可をもらい、

黒田レンはついにぼっちからの脱出に成功。

一つ目の目標は難なくクリアできました。

 

 アプリのダウンロードはこちら

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その12:イベントいっぱい放置少女

 

ついにぼっちから脱出することに成功した黒田レン。

次に前々から気になっていたイベントに参加することに。

まずは放置少女で一体どのようなイベントが行われているのかを調査。

その結果・・・・

 

 

射的ゲーム

 

Girls Bar

 

主人の宝蔵

 

 

甄姫(しんき)の祝福

放置少女は現在6個のイベントが同時に開催されており、

しかも無課金で参加することができるイベントでした。

そして二つ目の目標をクリアすべくイベントへ。

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その13:射的で景品を狙い撃つぜ

 

お祭りの季節になると必ず夜店で一度はお目にかかったことのある射的ゲーム。

レンは一度もやったことはありませんが、

放置少女のイベントで射的ゲームがありましたので、

「射的で景品を狙い撃つぜ」と意気込んで射的ゲームへ。

まず放置少女のイベント・射的ゲームの説明から。

イベント・射的ゲームは初級・中級・上級の三種類のレベルに分かれており、

それぞれの射的場でアイテムが手に入ります。

 

レンは装備品の欠片(定数に達すると合成できるレアアイテム)getするため、

一番簡単であろう初級からやってみることに。

すると・・・・。

鋳造(ちゅうぞう)結晶が手に入りました。

使用用途はよくわかりませんが目的であった欠片が手に入らなかったため、

中級射的場へ向かうことに。

さて中級射的場で的を狙って撃ってみると・・・・。

 

強化結晶が手に入りました。

また狙っていた装備品の欠片ではありませんでしたが、

最後の上級が残っているので向かってみることに。

 

そして上級射的場に到着すると無心でボタンをクリック・・・・。

すると・・・・。

再び鋳造結晶が・・・・。

こうして黒田レンの射的ゲームが終わることになりますが、

射的ゲームは一日一回無料でできますので、

放置少女を始めたばかりの皆さんにも毎日ログインしていれば、

かなりレアな報酬が手に入るかもしれませんよ。

 

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その13:天下無双の武を誇る・呂布へ挑戦

射的ゲームで狙っていた景品を狙い撃つことができなかった黒田レン。

ここはクエストを進めて気分転換だ。

そう考えた黒田レンは次なるボスに向かうことに。

次なるボスは一度は耳にしたことのある天下無双の武をもつ呂布でした。

敵は三国時代最強と言われ「飛将軍」の異名をもつ呂布

しっかりと装備を整えてからボス戦へ向かうことに。

 

 

さて結果は・・・・。

 

ちょっと手ごわかったですが、無事「飛将軍」呂布に勝利することができました。

 

第三回放置少女プレイ日記まとめ

 

黒田レンが主人公となって活躍している放置少女。

今回目標は全てクリア出来ましたが現在開催されているイベント射的ゲームでは、

欲しい物が手に入ることができずに惨敗。

次回は他のイベントにも参加して見たいと思いますのでみなさんお楽しみ。

また次回は全国のプレイヤーと戦うことのできる闘技場にも参加してみたいと思います。

果たして黒田レンは一体全国でどのくらいのレベルに到達しているのか。

次回の放置少女プレイ日記でご紹介しましょう。

 

 アプリのダウンロードはこちら

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  2. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  3. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英は…
  4. 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  5. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息…
  6. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  7. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  8. 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  2. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  3. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか?
  4. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  5. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ
  6. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは? 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの? 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場 ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人

おすすめ記事

  1. 三国志夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  2. 中国四大美女のひとり貂蝉
  3. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  4. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話
  5. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破
  6. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  7. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  8. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP