魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?

城 銅雀台




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・そうだ鄴都に行こう!」のコーナーです。

 

 

なんときれいな平城京(西暦710年)、なくよウグイス平安京(西暦794年)と、

皆さん学校の歴史の授業で語呂合わせの年代暗記をした記憶があると思います。

納豆(710)食べて平城京かもしれません。

8世紀のお話しですから現代から考えるとかなり昔のことですが、

この平城京や平安京の原点は3世紀の三国志に登場する都です。

今から1800年昔のことになります。

西暦204年に建設され、魏の曹丕が皇帝に即位するまで魏の都とされた冀州の州都・鄴のことです。

今回は左思の「三都の賦」にも登場してくる「鄴都」に触れていきます。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操にとっての都

 

かつてこの鄴は河北の覇者である袁紹の本拠地でした。

西暦204年に曹操が袁家を追い出し奪い取ります。

そして建設したのが鄴都です。

曹操はその後に勢力を拡大し、魏公、魏王と昇っていきます。

その間、この鄴都は曹家の都でした。

曹操はここから天下の形勢を見つめていたのです。

西暦220年に曹丕が皇帝に即位し、文帝となると、魏の都は洛陽に定められます。

ですから、卑弥呼の使者が朝貢外交のために魏を訪れたときに向かった先は鄴都ではなく洛陽でした。

洛陽は三代目の皇帝明帝によって大規模修正されました。

この鄴都の遺跡は河北省の臨漳県で見つかっています。

6㎢の広さをもつ城郭都市だったことが判明しています。

曹操はここにあの有名な銅雀台を築くのです。




鄴都の規模

 

鄴都の城郭は東西に約3㎞、南北に約2㎞ありました。

城壁には7門あり、東西に2門、南に3門、北に2門を備えています。

東は建春門、西は重明門、西北に廐門、東北に広徳門、

西南に鳳陽門、南に中陽門、東南に広陽門となっています。

一番近い中陽門と広陽門の距離は約500mほどです。

鄴都の特徴は宮殿が北部に集約されている点です。

北部には徳政殿や文昌殿、後宮の他、外戚居住区である戚里のスペースとなっています。

南は役所と一般居住区となっており、

きれいに分割されているのが、これまでの歴代の都との大きな相違です。

この整備の仕方は、その後の洛陽の都の建設に応用され、長安建設にも受け継がれます。

それを模範にしたのが平城京と平安京です。

平城京と平安京は、曹操が建設した鄴都をモデルにしていることになるのです。

そんなつながりがあったなんて驚きですね。

 

気になる銅雀台

 

西北部には楼台が造られました。

宴会に活用されることが多くありましたが、本来の目的は軍事施設で見張り台のようなものでした。

鄴都には「氷井台」「銅雀台」「金虎台」の3つの楼台が築かれています。

ちなみにこの銅雀台に関する詩を曹操は詠んでいます。

 

 

呉の二大美女・大喬小喬姉妹をこの銅雀台に囲いたいというものです。

三国志演義に登場する「銅雀台賦」です。

 

 

実際に詠んだのは曹植だったそうです。

呉の周瑜はこの詩を耳にして激高して曹操との開戦を決断するというのが、

三国志演義のストーリーです。

時代考証がおかしいのは、銅雀台が完成するのは西暦210年のことであり、

赤壁の戦いの2年後のことになります。

つまりこのシーンはすべてフィクションということになるのです。

 

 

羅貫中(らかんちゅう)が杜甫の詩を参考にして付け足した場面ですね。

曹操の悪役ぶりを脚色したというわけです。

あの世でこのことを知ったら曹操も苦笑いでしょう。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操の構築したマイホームである鄴都。

このスタイルは後世に大きな影響を及ぼし、様々な王朝がこの鄴都を参考にしています。

まさに戦国乱世の時代のモデルルームともいえる傑作ですね。

ここでも曹操の天才ぶりが発揮されています。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介
  2. 宦官の趙高 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  3. 曹操は関羽をGET どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  4. 関羽が好きすぎる曹操 関羽がもらった爵位「漢寿亭侯」の深イイ話
  5. 苛ついている曹操 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説
  6. 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  7. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇…
  8. 【三国時代】英雄の地位はどの位?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 周瑜と孫策
  3. はじめての三国志
  4. 徐庶
  5. 周瑜 美男子
  6. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  7. 呂布に暗殺される董卓

おすすめ記事

  1. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!? 劉備と郭嘉
  2. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  3. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 武器・農業器具を制作する張裔
  4. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 始皇帝(キングダム)
  5. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」
  6. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康 武田信玄と徳川家康

三國志雑学

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 司馬懿と公孫淵
  3. 人望のある劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳平
  2. 許靖
  3. 于禁、曹操、青州兵
  4. 公孫淵
  5. 殷の大様002

おすすめ記事

李元昊 西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介 羌瘣 キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した! 犯人探しをする名探偵国淵 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】 苦笑いするしかなかった公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの? 燃える本能寺 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 魔王曹操 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像 呂布のあっけない最後 呂布の最期、下邳の戦い。もう一度呂布という武将を見直そう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP