編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?

この記事の所要時間: 259




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・そうだ鄴都に行こう!」のコーナーです。

 

 

なんときれいな平城京(西暦710年)、なくよウグイス平安京(西暦794年)と、

皆さん学校の歴史の授業で語呂合わせの年代暗記をした記憶があると思います。

納豆(710)食べて平城京かもしれません。

8世紀のお話しですから現代から考えるとかなり昔のことですが、

この平城京や平安京の原点は3世紀の三国志に登場する都です。

今から1800年昔のことになります。

西暦204年に建設され、魏の曹丕が皇帝に即位するまで魏の都とされた冀州の州都・鄴のことです。

今回は左思の「三都の賦」にも登場してくる「鄴都」に触れていきます。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操にとっての都

 

かつてこの鄴は河北の覇者である袁紹の本拠地でした。

西暦204年に曹操が袁家を追い出し奪い取ります。

そして建設したのが鄴都です。

曹操はその後に勢力を拡大し、魏公、魏王と昇っていきます。

その間、この鄴都は曹家の都でした。

曹操はここから天下の形勢を見つめていたのです。

西暦220年に曹丕が皇帝に即位し、文帝となると、魏の都は洛陽に定められます。

ですから、卑弥呼の使者が朝貢外交のために魏を訪れたときに向かった先は鄴都ではなく洛陽でした。

洛陽は三代目の皇帝明帝によって大規模修正されました。

この鄴都の遺跡は河北省の臨漳県で見つかっています。

6㎢の広さをもつ城郭都市だったことが判明しています。

曹操はここにあの有名な銅雀台を築くのです。




鄴都の規模

 

鄴都の城郭は東西に約3㎞、南北に約2㎞ありました。

城壁には7門あり、東西に2門、南に3門、北に2門を備えています。

東は建春門、西は重明門、西北に廐門、東北に広徳門、

西南に鳳陽門、南に中陽門、東南に広陽門となっています。

一番近い中陽門と広陽門の距離は約500mほどです。

鄴都の特徴は宮殿が北部に集約されている点です。

北部には徳政殿や文昌殿、後宮の他、外戚居住区である戚里のスペースとなっています。

南は役所と一般居住区となっており、

きれいに分割されているのが、これまでの歴代の都との大きな相違です。

この整備の仕方は、その後の洛陽の都の建設に応用され、長安建設にも受け継がれます。

それを模範にしたのが平城京と平安京です。

平城京と平安京は、曹操が建設した鄴都をモデルにしていることになるのです。

そんなつながりがあったなんて驚きですね。

 

気になる銅雀台

 

西北部には楼台が造られました。

宴会に活用されることが多くありましたが、本来の目的は軍事施設で見張り台のようなものでした。

鄴都には「氷井台」「銅雀台」「金虎台」の3つの楼台が築かれています。

ちなみにこの銅雀台に関する詩を曹操は詠んでいます。

 

 

呉の二大美女・大喬小喬姉妹をこの銅雀台に囲いたいというものです。

三国志演義に登場する「銅雀台賦」です。

 

 

実際に詠んだのは曹植だったそうです。

呉の周瑜はこの詩を耳にして激高して曹操との開戦を決断するというのが、

三国志演義のストーリーです。

時代考証がおかしいのは、銅雀台が完成するのは西暦210年のことであり、

赤壁の戦いの2年後のことになります。

つまりこのシーンはすべてフィクションということになるのです。

 

 

羅貫中(らかんちゅう)が杜甫の詩を参考にして付け足した場面ですね。

曹操の悪役ぶりを脚色したというわけです。

あの世でこのことを知ったら曹操も苦笑いでしょう。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操の構築したマイホームである鄴都。

このスタイルは後世に大きな影響を及ぼし、様々な王朝がこの鄴都を参考にしています。

まさに戦国乱世の時代のモデルルームともいえる傑作ですね。

ここでも曹操の天才ぶりが発揮されています。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  2. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きと…
  3. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  4. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  5. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  6. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  7. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  8. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  2. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  3. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  4. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  5. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  6. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

おすすめ記事

  1. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  3. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  4. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  5. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる
  6. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  7. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  8. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP