広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?

この記事の所要時間: 259




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・そうだ鄴都に行こう!」のコーナーです。

 

 

なんときれいな平城京(西暦710年)、なくよウグイス平安京(西暦794年)と、

皆さん学校の歴史の授業で語呂合わせの年代暗記をした記憶があると思います。

納豆(710)食べて平城京かもしれません。

8世紀のお話しですから現代から考えるとかなり昔のことですが、

この平城京や平安京の原点は3世紀の三国志に登場する都です。

今から1800年昔のことになります。

西暦204年に建設され、魏の曹丕が皇帝に即位するまで魏の都とされた冀州の州都・鄴のことです。

今回は左思の「三都の賦」にも登場してくる「鄴都」に触れていきます。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操にとっての都

 

かつてこの鄴は河北の覇者である袁紹の本拠地でした。

西暦204年に曹操が袁家を追い出し奪い取ります。

そして建設したのが鄴都です。

曹操はその後に勢力を拡大し、魏公、魏王と昇っていきます。

その間、この鄴都は曹家の都でした。

曹操はここから天下の形勢を見つめていたのです。

西暦220年に曹丕が皇帝に即位し、文帝となると、魏の都は洛陽に定められます。

ですから、卑弥呼の使者が朝貢外交のために魏を訪れたときに向かった先は鄴都ではなく洛陽でした。

洛陽は三代目の皇帝明帝によって大規模修正されました。

この鄴都の遺跡は河北省の臨漳県で見つかっています。

6㎢の広さをもつ城郭都市だったことが判明しています。

曹操はここにあの有名な銅雀台を築くのです。




鄴都の規模

 

鄴都の城郭は東西に約3㎞、南北に約2㎞ありました。

城壁には7門あり、東西に2門、南に3門、北に2門を備えています。

東は建春門、西は重明門、西北に廐門、東北に広徳門、

西南に鳳陽門、南に中陽門、東南に広陽門となっています。

一番近い中陽門と広陽門の距離は約500mほどです。

鄴都の特徴は宮殿が北部に集約されている点です。

北部には徳政殿や文昌殿、後宮の他、外戚居住区である戚里のスペースとなっています。

南は役所と一般居住区となっており、

きれいに分割されているのが、これまでの歴代の都との大きな相違です。

この整備の仕方は、その後の洛陽の都の建設に応用され、長安建設にも受け継がれます。

それを模範にしたのが平城京と平安京です。

平城京と平安京は、曹操が建設した鄴都をモデルにしていることになるのです。

そんなつながりがあったなんて驚きですね。

 

気になる銅雀台

 

西北部には楼台が造られました。

宴会に活用されることが多くありましたが、本来の目的は軍事施設で見張り台のようなものでした。

鄴都には「氷井台」「銅雀台」「金虎台」の3つの楼台が築かれています。

ちなみにこの銅雀台に関する詩を曹操は詠んでいます。

 

 

呉の二大美女・大喬小喬姉妹をこの銅雀台に囲いたいというものです。

三国志演義に登場する「銅雀台賦」です。

 

 

実際に詠んだのは曹植だったそうです。

呉の周瑜はこの詩を耳にして激高して曹操との開戦を決断するというのが、

三国志演義のストーリーです。

時代考証がおかしいのは、銅雀台が完成するのは西暦210年のことであり、

赤壁の戦いの2年後のことになります。

つまりこのシーンはすべてフィクションということになるのです。

 

 

羅貫中(らかんちゅう)が杜甫の詩を参考にして付け足した場面ですね。

曹操の悪役ぶりを脚色したというわけです。

あの世でこのことを知ったら曹操も苦笑いでしょう。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操の構築したマイホームである鄴都。

このスタイルは後世に大きな影響を及ぼし、様々な王朝がこの鄴都を参考にしています。

まさに戦国乱世の時代のモデルルームともいえる傑作ですね。

ここでも曹操の天才ぶりが発揮されています。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  2. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  3. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  4. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  5. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  6. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  7. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  8. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  2. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  3. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  4. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  5. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  6. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  2. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  3. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  4. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  5. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  6. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  7. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  8. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP