キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?

この記事の所要時間: 259




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・そうだ鄴都に行こう!」のコーナーです。

 

 

なんときれいな平城京(西暦710年)、なくよウグイス平安京(西暦794年)と、

皆さん学校の歴史の授業で語呂合わせの年代暗記をした記憶があると思います。

納豆(710)食べて平城京かもしれません。

8世紀のお話しですから現代から考えるとかなり昔のことですが、

この平城京や平安京の原点は3世紀の三国志に登場する都です。

今から1800年昔のことになります。

西暦204年に建設され、魏の曹丕が皇帝に即位するまで魏の都とされた冀州の州都・鄴のことです。

今回は左思の「三都の賦」にも登場してくる「鄴都」に触れていきます。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操にとっての都

 

かつてこの鄴は河北の覇者である袁紹の本拠地でした。

西暦204年に曹操が袁家を追い出し奪い取ります。

そして建設したのが鄴都です。

曹操はその後に勢力を拡大し、魏公、魏王と昇っていきます。

その間、この鄴都は曹家の都でした。

曹操はここから天下の形勢を見つめていたのです。

西暦220年に曹丕が皇帝に即位し、文帝となると、魏の都は洛陽に定められます。

ですから、卑弥呼の使者が朝貢外交のために魏を訪れたときに向かった先は鄴都ではなく洛陽でした。

洛陽は三代目の皇帝明帝によって大規模修正されました。

この鄴都の遺跡は河北省の臨漳県で見つかっています。

6㎢の広さをもつ城郭都市だったことが判明しています。

曹操はここにあの有名な銅雀台を築くのです。




鄴都の規模

 

鄴都の城郭は東西に約3㎞、南北に約2㎞ありました。

城壁には7門あり、東西に2門、南に3門、北に2門を備えています。

東は建春門、西は重明門、西北に廐門、東北に広徳門、

西南に鳳陽門、南に中陽門、東南に広陽門となっています。

一番近い中陽門と広陽門の距離は約500mほどです。

鄴都の特徴は宮殿が北部に集約されている点です。

北部には徳政殿や文昌殿、後宮の他、外戚居住区である戚里のスペースとなっています。

南は役所と一般居住区となっており、

きれいに分割されているのが、これまでの歴代の都との大きな相違です。

この整備の仕方は、その後の洛陽の都の建設に応用され、長安建設にも受け継がれます。

それを模範にしたのが平城京と平安京です。

平城京と平安京は、曹操が建設した鄴都をモデルにしていることになるのです。

そんなつながりがあったなんて驚きですね。

 

気になる銅雀台

 

西北部には楼台が造られました。

宴会に活用されることが多くありましたが、本来の目的は軍事施設で見張り台のようなものでした。

鄴都には「氷井台」「銅雀台」「金虎台」の3つの楼台が築かれています。

ちなみにこの銅雀台に関する詩を曹操は詠んでいます。

 

 

呉の二大美女・大喬小喬姉妹をこの銅雀台に囲いたいというものです。

三国志演義に登場する「銅雀台賦」です。

 

 

実際に詠んだのは曹植だったそうです。

呉の周瑜はこの詩を耳にして激高して曹操との開戦を決断するというのが、

三国志演義のストーリーです。

時代考証がおかしいのは、銅雀台が完成するのは西暦210年のことであり、

赤壁の戦いの2年後のことになります。

つまりこのシーンはすべてフィクションということになるのです。

 

 

羅貫中(らかんちゅう)が杜甫の詩を参考にして付け足した場面ですね。

曹操の悪役ぶりを脚色したというわけです。

あの世でこのことを知ったら曹操も苦笑いでしょう。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操の構築したマイホームである鄴都。

このスタイルは後世に大きな影響を及ぼし、様々な王朝がこの鄴都を参考にしています。

まさに戦国乱世の時代のモデルルームともいえる傑作ですね。

ここでも曹操の天才ぶりが発揮されています。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  2. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  3. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  4. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  6. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  7. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  8. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  2. 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?
  3. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  4. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  5. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  6. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに? 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?

おすすめ記事

  1. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想
  2. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  3. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  4. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  5. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  6. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  7. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  8. ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP