架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?

この記事の所要時間: 259




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・そうだ鄴都に行こう!」のコーナーです。

 

 

なんときれいな平城京(西暦710年)、なくよウグイス平安京(西暦794年)と、

皆さん学校の歴史の授業で語呂合わせの年代暗記をした記憶があると思います。

納豆(710)食べて平城京かもしれません。

8世紀のお話しですから現代から考えるとかなり昔のことですが、

この平城京や平安京の原点は3世紀の三国志に登場する都です。

今から1800年昔のことになります。

西暦204年に建設され、魏の曹丕が皇帝に即位するまで魏の都とされた冀州の州都・鄴のことです。

今回は左思の「三都の賦」にも登場してくる「鄴都」に触れていきます。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操にとっての都

 

かつてこの鄴は河北の覇者である袁紹の本拠地でした。

西暦204年に曹操が袁家を追い出し奪い取ります。

そして建設したのが鄴都です。

曹操はその後に勢力を拡大し、魏公、魏王と昇っていきます。

その間、この鄴都は曹家の都でした。

曹操はここから天下の形勢を見つめていたのです。

西暦220年に曹丕が皇帝に即位し、文帝となると、魏の都は洛陽に定められます。

ですから、卑弥呼の使者が朝貢外交のために魏を訪れたときに向かった先は鄴都ではなく洛陽でした。

洛陽は三代目の皇帝明帝によって大規模修正されました。

この鄴都の遺跡は河北省の臨漳県で見つかっています。

6㎢の広さをもつ城郭都市だったことが判明しています。

曹操はここにあの有名な銅雀台を築くのです。




鄴都の規模

 

鄴都の城郭は東西に約3㎞、南北に約2㎞ありました。

城壁には7門あり、東西に2門、南に3門、北に2門を備えています。

東は建春門、西は重明門、西北に廐門、東北に広徳門、

西南に鳳陽門、南に中陽門、東南に広陽門となっています。

一番近い中陽門と広陽門の距離は約500mほどです。

鄴都の特徴は宮殿が北部に集約されている点です。

北部には徳政殿や文昌殿、後宮の他、外戚居住区である戚里のスペースとなっています。

南は役所と一般居住区となっており、

きれいに分割されているのが、これまでの歴代の都との大きな相違です。

この整備の仕方は、その後の洛陽の都の建設に応用され、長安建設にも受け継がれます。

それを模範にしたのが平城京と平安京です。

平城京と平安京は、曹操が建設した鄴都をモデルにしていることになるのです。

そんなつながりがあったなんて驚きですね。

 

気になる銅雀台

 

西北部には楼台が造られました。

宴会に活用されることが多くありましたが、本来の目的は軍事施設で見張り台のようなものでした。

鄴都には「氷井台」「銅雀台」「金虎台」の3つの楼台が築かれています。

ちなみにこの銅雀台に関する詩を曹操は詠んでいます。

 

 

呉の二大美女・大喬小喬姉妹をこの銅雀台に囲いたいというものです。

三国志演義に登場する「銅雀台賦」です。

 

 

実際に詠んだのは曹植だったそうです。

呉の周瑜はこの詩を耳にして激高して曹操との開戦を決断するというのが、

三国志演義のストーリーです。

時代考証がおかしいのは、銅雀台が完成するのは西暦210年のことであり、

赤壁の戦いの2年後のことになります。

つまりこのシーンはすべてフィクションということになるのです。

 

 

羅貫中(らかんちゅう)が杜甫の詩を参考にして付け足した場面ですね。

曹操の悪役ぶりを脚色したというわけです。

あの世でこのことを知ったら曹操も苦笑いでしょう。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操の構築したマイホームである鄴都。

このスタイルは後世に大きな影響を及ぼし、様々な王朝がこの鄴都を参考にしています。

まさに戦国乱世の時代のモデルルームともいえる傑作ですね。

ここでも曹操の天才ぶりが発揮されています。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  2. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  4. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  5. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  6. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  7. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  8. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  2. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?
  3. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  5. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  6. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話

おすすめ記事

  1. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!
  2. 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙
  3. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  4. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  5. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  6. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?
  7. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  8. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP