朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?

この記事の所要時間: 238




 

後漢末期~三国終焉へ至るまでに英雄と呼ばれた人物や大きな戦が幾度も行われてきました。

そんな戦いに明け暮れていた時期ですが、

科学面や発明品においても非常に発達した時代でもありました。

今回は三国志の発明品や科学面の面から三国志の時代に興味を持ってもらおうと思います。

 

関連記事:キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問

関連記事:三国志演義に登場する兵器




紙を普及させた立役者

 

後漢時代初期、一人の宦官が紙を普及させることに大いに貢献しております。

その人物の名は蔡倫(さいりん)と言います。

彼はボロ布や麻などを活用して紙を作製し、

当時の後漢皇帝であった明帝(めいてい)に献上しております。

彼の発明品である紙ですが・・・・実は彼の発明ではありません。

前漢時代にはすでに紙は発明されていたのですが、

あまりに高すぎてあまり使用されることはありませんでした。

しかし蔡倫が安価に紙を製造できるように改良したことによって、

一気に紙が普及されるようになり後漢王朝から優れた詩や文章などは、

紙に書かれるようになっていきます。

 

関連記事:三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?




地震計測器を発明した天文学者

 

後漢中期にある科学者が地震計測器を発明。

彼は自らが発明した地震計測器を「地動儀(ちどうぎ)」と命名。

この地動儀を作成した人物の名前を張衡(ちょうこう)と言います。

地動儀はただの地震計測器ではなく、

地震が発生した場所を測定することのできる優れたものでした。

また彼は天文学者としても知られており、

世界初の天体観測系である渾天儀(こんてんぎ)を発明した人物として知られております。

 

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

 

司馬昭に仕えた地図製作者

 

江戸時代、日本地図を作った偉大な人物がおりました。

その名を伊能忠敬(いのうただたか)と言い、

彼は全国16年間も歩き回って精巧な日本全国地図を完成させます。

さて三国志の時代には伊能忠敬のように地図を作った人物はいないのでしょうか。

もちろんいます。

その人物は司馬昭(しばしょう)に仕えて活躍した裴秀(はいしゅう)という人物です。

彼は同時代において精巧な地図である「禹貢地域図(うこうちいきず)」と言われる地図などを

作成しております。

 

袁紹軍を恐れさせた発石車

 

袁紹VS曹操の激戦である官渡(かんと)の戦い。

この戦いの時に袁紹軍は土山を築いてその上に櫓(やぐら)を築いて、

官渡城へ弓矢を放って攻撃しておりました。

曹操はこの攻撃を防ぐために巨岩を放り投げる発石車(はっせきしゃ=霹靂車(へきれきしゃ))なる

兵器を製造して袁紹軍の攻撃に対抗します。

この発石車は袁紹軍の櫓めがけて巨岩を投石して攻撃を仕掛けて破壊。

音や櫓に当たった時の破壊力を目の当たりにした袁紹軍は、

曹操軍から飛んでくる巨岩に恐れをなしていたそうです。

 

関連記事:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

他にも蜀の丞相であった諸葛孔明は連発で弓矢を放つことができ、

あまり技術を必要としないで敵軍に矢を当てることのできる連弩(れんど)や

兵糧の輸送効率アップを目的とした木牛(もくぎゅう)・流馬(りゅうば)などを考案しております。

また魏の馬均(ばきん)は特定の方向を発見することのできる指南車(しなんしゃ)の復元や

農業で活躍した足踏み式水車を作り出しております。

また娯楽物として曹叡(そうえい)に機械人形を製作して献上しております。

このように三国志は戦や名将達もものすごいことを平然とやっており、

これらを楽しむのも三国志の楽しみ方としては非常に面白いです。

しかし文化面や発明品、科学面から見るとより三国時代の人々が、

どれくらいすごいのかを知ることができ、楽しさも倍増するのではないのでしょうか。

 

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい 三国志 渡辺清一著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言
  2. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  4. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  5. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってき…
  6. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  7. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  2. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?
  3. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  4. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  5. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  6. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は… 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

おすすめ記事

  1. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?
  2. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪
  3. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  4. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  5. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  6. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  7. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  8. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP