広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?

この記事の所要時間: 238




 

後漢末期~三国終焉へ至るまでに英雄と呼ばれた人物や大きな戦が幾度も行われてきました。

そんな戦いに明け暮れていた時期ですが、

科学面や発明品においても非常に発達した時代でもありました。

今回は三国志の発明品や科学面の面から三国志の時代に興味を持ってもらおうと思います。

 

関連記事:キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問

関連記事:三国志演義に登場する兵器




紙を普及させた立役者

 

後漢時代初期、一人の宦官が紙を普及させることに大いに貢献しております。

その人物の名は蔡倫(さいりん)と言います。

彼はボロ布や麻などを活用して紙を作製し、

当時の後漢皇帝であった明帝(めいてい)に献上しております。

彼の発明品である紙ですが・・・・実は彼の発明ではありません。

前漢時代にはすでに紙は発明されていたのですが、

あまりに高すぎてあまり使用されることはありませんでした。

しかし蔡倫が安価に紙を製造できるように改良したことによって、

一気に紙が普及されるようになり後漢王朝から優れた詩や文章などは、

紙に書かれるようになっていきます。

 

関連記事:三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?




地震計測器を発明した天文学者

 

後漢中期にある科学者が地震計測器を発明。

彼は自らが発明した地震計測器を「地動儀(ちどうぎ)」と命名。

この地動儀を作成した人物の名前を張衡(ちょうこう)と言います。

地動儀はただの地震計測器ではなく、

地震が発生した場所を測定することのできる優れたものでした。

また彼は天文学者としても知られており、

世界初の天体観測系である渾天儀(こんてんぎ)を発明した人物として知られております。

 

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

 

司馬昭に仕えた地図製作者

 

江戸時代、日本地図を作った偉大な人物がおりました。

その名を伊能忠敬(いのうただたか)と言い、

彼は全国16年間も歩き回って精巧な日本全国地図を完成させます。

さて三国志の時代には伊能忠敬のように地図を作った人物はいないのでしょうか。

もちろんいます。

その人物は司馬昭(しばしょう)に仕えて活躍した裴秀(はいしゅう)という人物です。

彼は同時代において精巧な地図である「禹貢地域図(うこうちいきず)」と言われる地図などを

作成しております。

 

袁紹軍を恐れさせた発石車

 

袁紹VS曹操の激戦である官渡(かんと)の戦い。

この戦いの時に袁紹軍は土山を築いてその上に櫓(やぐら)を築いて、

官渡城へ弓矢を放って攻撃しておりました。

曹操はこの攻撃を防ぐために巨岩を放り投げる発石車(はっせきしゃ=霹靂車(へきれきしゃ))なる

兵器を製造して袁紹軍の攻撃に対抗します。

この発石車は袁紹軍の櫓めがけて巨岩を投石して攻撃を仕掛けて破壊。

音や櫓に当たった時の破壊力を目の当たりにした袁紹軍は、

曹操軍から飛んでくる巨岩に恐れをなしていたそうです。

 

関連記事:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

他にも蜀の丞相であった諸葛孔明は連発で弓矢を放つことができ、

あまり技術を必要としないで敵軍に矢を当てることのできる連弩(れんど)や

兵糧の輸送効率アップを目的とした木牛(もくぎゅう)・流馬(りゅうば)などを考案しております。

また魏の馬均(ばきん)は特定の方向を発見することのできる指南車(しなんしゃ)の復元や

農業で活躍した足踏み式水車を作り出しております。

また娯楽物として曹叡(そうえい)に機械人形を製作して献上しております。

このように三国志は戦や名将達もものすごいことを平然とやっており、

これらを楽しむのも三国志の楽しみ方としては非常に面白いです。

しかし文化面や発明品、科学面から見るとより三国時代の人々が、

どれくらいすごいのかを知ることができ、楽しさも倍増するのではないのでしょうか。

 

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい 三国志 渡辺清一著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  2. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去った…
  4. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)…
  5. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  6. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  7. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  8. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  2. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  3. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  5. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  6. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争! 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

おすすめ記事

  1. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由
  2. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  4. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  5. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  6. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  7. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  8. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP