春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

この記事の所要時間: 29




石弓兵強い 袁紹

 

審配(しんぱい)が率いた石弓隊に総崩れになった曹操(そうそう)軍は、

官渡(かんと)城に籠城します。

これを見た、袁紹(えんしょう)軍の軍師、許攸(きょゆう)は

袁紹(えんしょう)に進言しました。

 

「曹操が城に立て籠っている間に、兵力の一部を裂いて、

許都に進撃しましょう。

許都の守りは手薄なので、献帝を拉致して迎えれば、

大義名分は、我々の下に入りましょう」

 

許攸(きょゆう)の進言は、実は曹操が最も恐れた事でしたが、

どうしても曹操(そうそう)を打ち破り、これを生け捕りにして自身の

強さをアピールしたい袁紹(えんしょう)はこれを却下します。

 

前回記事:46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破




曹操は新兵器を造る

発石車 曹操

 

一方、曹操(そうそう)は、石弓隊と櫓を打ち破る為に、

発石車(はっせきしゃ)を発明します。

 

発石車とは、動物の腱や紐を使って、長いクレーン式の発射台を

引っ張り、腱や紐を切って、梃子の原理で石等を遠くに飛ばす仕組みの攻城兵器の事です。

 

曹操は、これを短期間で造り上げ、城外に居並んでいる

櫓(やぐら)に向かって石を飛ばし、これを尽く破壊しました。

 

石が櫓(やふら)を破壊する音は凄まじい爆裂音で、袁紹軍の兵士は、

この発石車を霹靂(へきれき)車と呼んで恐れました。

 

因みに霹靂(へきれき)とは雷の事を意味しています。




実は最近までも使用されていた兵器

French_grenade_catapult

 

(photo by wikipedia カタパルト (投石機)

曹操が造り上げた発石車は、三国志の時代を遡る事600年

紀元前5世紀にはすでに中国では攻城兵器として使われています。

 

そればかりか、20世紀の第一次世界大戦まで世界中で、

形を変えながら使われた息の長い兵器です。

 

日本とは違い、街は城壁で囲まれているのが普通だった、

欧州や中国では、古くから城壁を打ち壊す攻城兵器として使われ

ポピュラーな兵器になっていました。

 

発石車で飛ばすものは石だけではなかった

三国志 テクスチャ

 

因みに発石車で飛ばすものは、石ばかりではなく、油壺で城を火事にしたり、

死体や汚物を放りこんで、城内の士気を落したりという事にも使われました。

 

13世紀、欧州を席捲したモンゴルは、原因不明の病気で死亡した、

兵士の死体を発石車で城の中に放りこんで退却した事があります。

 

ペストが大流行したのも実は・・・・

疫病

 

実は、この死体は、黒死病と呼ばれて恐れられたペストによる死人で、

城の中では瞬く間に死体からペスト蚤が飛び出して人に咬みついて

蔓延し、ここから、欧州ではペストが頻繁に大流行するようになったようです。

 

ペスト自体は元々はモンゴル高原に住んでいたクマネズミが持つ、

ペスト蚤がキャリアーでしたが、これがモンゴル軍の遠征に合わせて

欧州まで広がったと言われています。

 

狭い地域に密集して人が住む上に、下水道もない不衛生な欧州の都市では

クマネズミが繁殖するのに最適だったので、ペストは、

何度も大発生していったのです。

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  2. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  3. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  4. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  5. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  8. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  2. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  3. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら
  4. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  6. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる 中国四大美女のひとり貂蝉 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

おすすめ記事

  1. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  2. 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  4. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  5. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  6. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  7. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP