よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

この記事の所要時間: 29




石弓兵強い 袁紹

 

審配(しんぱい)が率いた石弓隊に総崩れになった曹操(そうそう)軍は、

官渡(かんと)城に籠城します。

これを見た、袁紹(えんしょう)軍の軍師、許攸(きょゆう)は

袁紹(えんしょう)に進言しました。

 

曹操が城に立て籠っている間に、兵力の一部を裂いて、

許都に進撃しましょう。

許都の守りは手薄なので、献帝を拉致して迎えれば、

大義名分は、我々の下に入りましょう」

 

許攸(きょゆう)の進言は、実は曹操が最も恐れた事でしたが、

どうしても曹操(そうそう)を打ち破り、これを生け捕りにして自身の

強さをアピールしたい袁紹(えんしょう)はこれを却下します。

 

前回記事:46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破




曹操は新兵器を造る

発石車 曹操

 

一方、曹操(そうそう)は、石弓隊と櫓を打ち破る為に、

発石車(はっせきしゃ)を発明します。

 

発石車とは、動物の腱や紐を使って、長いクレーン式の発射台を

引っ張り、腱や紐を切って、梃子の原理で石等を遠くに飛ばす仕組みの攻城兵器の事です。

 

曹操は、これを短期間で造り上げ、城外に居並んでいる

櫓(やぐら)に向かって石を飛ばし、これを尽く破壊しました。

 

石が櫓(やふら)を破壊する音は凄まじい爆裂音で、袁紹軍の兵士は、

この発石車を霹靂(へきれき)車と呼んで恐れました。

 

因みに霹靂(へきれき)とは雷の事を意味しています。




実は最近までも使用されていた兵器

French_grenade_catapult

 

(photo by wikipedia カタパルト (投石機)

曹操が造り上げた発石車は、三国志の時代を遡る事600年

紀元前5世紀にはすでに中国では攻城兵器として使われています。

 

そればかりか、20世紀の第一次世界大戦まで世界中で、

形を変えながら使われた息の長い兵器です。

 

日本とは違い、街は城壁で囲まれているのが普通だった、

欧州や中国では、古くから城壁を打ち壊す攻城兵器として使われ

ポピュラーな兵器になっていました。

 

発石車で飛ばすものは石だけではなかった

三国志 テクスチャ

 

因みに発石車で飛ばすものは、石ばかりではなく、油壺で城を火事にしたり、

死体や汚物を放りこんで、城内の士気を落したりという事にも使われました。

 

13世紀、欧州を席捲したモンゴルは、原因不明の病気で死亡した、

兵士の死体を発石車で城の中に放りこんで退却した事があります。

 

ペストが大流行したのも実は・・・・

疫病

 

実は、この死体は、黒死病と呼ばれて恐れられたペストによる死人で、

城の中では瞬く間に死体からペスト蚤が飛び出して人に咬みついて

蔓延し、ここから、欧州ではペストが頻繁に大流行するようになったようです。

 

ペスト自体は元々はモンゴル高原に住んでいたクマネズミが持つ、

ペスト蚤がキャリアーでしたが、これがモンゴル軍の遠征に合わせて

欧州まで広がったと言われています。

 

狭い地域に密集して人が住む上に、下水道もない不衛生な欧州の都市では

クマネズミが繁殖するのに最適だったので、ペストは、

何度も大発生していったのです。

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  3. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  4. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  5. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  6. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  7. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?…
  8. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  2. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」
  3. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  4. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  5. 周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?
  6. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱 【告知】三国志の裏を知りたい人集まれ!よかミカンのブラック三国志入門 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる

おすすめ記事

  1. キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気
  2. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  3. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  4. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  5. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  6. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」
  7. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  8. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP