広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

この記事の所要時間: 358




指輪 引用

(写真引用元:kowabana.jp/

中国史のさまざまな謎を追う「はじさんミステリー調査班」(HMR)、今回は明の時代の墓所から発掘された、謎の指輪の正体に迫ってみようと思います。

果たしてそれはオーパーツなのでしょうか?

それとも……。




ベトナム国境近くで発掘された、金属製のスイス腕時計型指輪

指輪 引用

(写真引用元:http://fanblogs.jp/

 

2008年12月、中国で発掘されたある指輪が話題となりました。

出土したのは中国のベトナム国境近くに位置する広西チワン族自治区にある明(1368年~1644年)の時代のものと思われる墓でした。

 

その墓の棺室に収められていた粘土製の棺桶の中から、鋼でできた指輪と思しきものが発見されました。

 

驚くべきは、その指輪の形でした。

それはどう見ても、腕時計にしか見えないものだったのです。




時刻を示す長針と短針、そして『スイス製』の文字まで

 

文字盤に当たる部分には長針と短針が刻まれており、10時6分を指し示しています。

しかもなんと、その文字盤の裏には「瑞士」の文字が。

「瑞士」は中国語で“スイス”を意味します。

つまり、この時計はスイス製の腕時計を模した指輪であったのです。

 

果たして、明の時代の墓所から、スイスの腕時計をかたどったミニチュアが出土することなど、ありえるのでしょうか?

 

腕時計は19世紀の発明品

ナヴォーナ広場のオベリスク wiki

(写真はナヴォーナ広場のオベリスク)

時計の歴史は古く、紀元前3500年頃にはエジプトで日時計が使われていたことが記録に残されています。

イタリアのナヴォーナ広場や、パリのコンコルド広場などに移設され有名なあのオベリスク(方尖塔)も、その影を日時計として利用されていたことが知られています。

しかし、腕時計が出現するのは機械式時計が発明された後、

オベリスクが日時計として使用されていた時代から5500年もの未来、19世紀後半を待たなければいけません。

明は14世紀から17世紀にかけて存在した王朝です。その時代の墓に、腕時計を模した指輪が副葬品として収められるわけがありません。まして中国にスイス製の腕時計が輸入されるようになったのは、第二次世界大戦以降のことだと言われています。どう考えても、このようなものが出土するなどありえません。

果たして、この腕時計型指輪は本当にオーパーツと言えるものなのでしょうか?

 

中国の時計の歴史を辿ってみる

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

 

中国で最初に用いられた時計は水時計だったされています。

水時計とは、流れる水を容器に入れ、その量(水面の高さ)で時刻を調べる仕組みの原始的な時計で、日時計と同様の古い歴史があると考えられています。

 

中国で水時計が使用されるようになったのは、実在したことが確認されている最古の王朝である殷の時代(紀元前17世紀~紀元前11世紀)で、

メソポタミアから持ち込まれた水時計がその源流にあるとされています。

 

水時計は中国から周辺アジアへと広まり、『漏刻(ろうこく)』とも呼ばれました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  2. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  5. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  7. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  8. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  2. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  3. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  4. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  6. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは? 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?

おすすめ記事

  1. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  2. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  3. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  4. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  5. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  6. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  7. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  8. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP