編集長日記
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

この記事の所要時間: 358




指輪 引用

(写真引用元:kowabana.jp/

中国史のさまざまな謎を追う「はじさんミステリー調査班」(HMR)、今回は明の時代の墓所から発掘された、謎の指輪の正体に迫ってみようと思います。

果たしてそれはオーパーツなのでしょうか?

それとも……。




ベトナム国境近くで発掘された、金属製のスイス腕時計型指輪

指輪 引用

(写真引用元:http://fanblogs.jp/

 

2008年12月、中国で発掘されたある指輪が話題となりました。

出土したのは中国のベトナム国境近くに位置する広西チワン族自治区にある明(1368年~1644年)の時代のものと思われる墓でした。

 

その墓の棺室に収められていた粘土製の棺桶の中から、鋼でできた指輪と思しきものが発見されました。

 

驚くべきは、その指輪の形でした。

それはどう見ても、腕時計にしか見えないものだったのです。




時刻を示す長針と短針、そして『スイス製』の文字まで

 

文字盤に当たる部分には長針と短針が刻まれており、10時6分を指し示しています。

しかもなんと、その文字盤の裏には「瑞士」の文字が。

「瑞士」は中国語で“スイス”を意味します。

つまり、この時計はスイス製の腕時計を模した指輪であったのです。

 

果たして、明の時代の墓所から、スイスの腕時計をかたどったミニチュアが出土することなど、ありえるのでしょうか?

 

腕時計は19世紀の発明品

ナヴォーナ広場のオベリスク wiki

(写真はナヴォーナ広場のオベリスク)

時計の歴史は古く、紀元前3500年頃にはエジプトで日時計が使われていたことが記録に残されています。

イタリアのナヴォーナ広場や、パリのコンコルド広場などに移設され有名なあのオベリスク(方尖塔)も、その影を日時計として利用されていたことが知られています。

しかし、腕時計が出現するのは機械式時計が発明された後、

オベリスクが日時計として使用されていた時代から5500年もの未来、19世紀後半を待たなければいけません。

明は14世紀から17世紀にかけて存在した王朝です。その時代の墓に、腕時計を模した指輪が副葬品として収められるわけがありません。まして中国にスイス製の腕時計が輸入されるようになったのは、第二次世界大戦以降のことだと言われています。どう考えても、このようなものが出土するなどありえません。

果たして、この腕時計型指輪は本当にオーパーツと言えるものなのでしょうか?

 

中国の時計の歴史を辿ってみる

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

 

中国で最初に用いられた時計は水時計だったされています。

水時計とは、流れる水を容器に入れ、その量(水面の高さ)で時刻を調べる仕組みの原始的な時計で、日時計と同様の古い歴史があると考えられています。

 

中国で水時計が使用されるようになったのは、実在したことが確認されている最古の王朝である殷の時代(紀元前17世紀~紀元前11世紀)で、

メソポタミアから持ち込まれた水時計がその源流にあるとされています。

 

水時計は中国から周辺アジアへと広まり、『漏刻(ろうこく)』とも呼ばれました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史
  2. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  3. 涙なしには語れない桃園の結義
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5…
  5. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  6. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  7. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  8. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  2. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  3. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  4. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  5. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  6. 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?

おすすめ記事

  1. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  2. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  3. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  4. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  5. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  6. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  7. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP