呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

撃剣を使う曹丕




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志もしもボックス」のコーナーです。

 

 

これまで三国志の世界の中で多くの「if」についてお話をしてきましたが、

今回は夷陵の戦いの後の魏のリーダーである曹丕の決断についてです。

リーダーにもいろいろな種類がいます。果敢に攻めるリーダーもいれば、

守りを重視するリーダーもいます。

どちらにせよリーダーの決断とは実に重いものです。

時にそれが国の命運を左右することになります。

戦国時代にはやはり活発に動き回るリーダーが注目を集めます。

 

 

曹操孫策がその筆頭でしょう。

日本でも織田信長や豊臣秀吉はその部類なのではないでしょうか。

ハイリターンにハイリスクは付き物です。

侵略には大きな賭けの要素も加わります。しくじると国は傾くのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!




夷陵の戦い

 

西暦222年に蜀の劉備は、関羽の仇討ちと荊州奪還のために呉の領地を攻めます。

ちなみに劉備は前年に蜀を建国しており、皇帝という位です。

孫権は前年に魏に臣従を誓っており、呉王に封じられています。

ですから見方によれば蜀が魏の領地に攻め込んだことにもなるのです。

しかし魏の曹丕はまったく援軍を出していません。

両者が必死に戦い合い、瀕死の傷を負うことを待っていたような日和見状態です。

 

 

曹丕は西暦220年10月に皇帝に即位したばかりでした。

しかも前代未聞の禅譲による簒奪です。

後漢が滅んだことで動揺した民衆や名士は多かったのではないでしょうか。

まずは国内を落ち着かせること。それが曹丕に課せられた急務だったはずです。

九品官人法を徹底して落とし込むことにも時間は必要でした。

つまりまだ曹丕は戦争をしたくなかった(その時期ではなかった)と判断していたと思われます。

曹丕はリスクを回避し、守りを選んだのです。




夷陵の戦い後に蜀を攻めていたら

 

ここで三国志ifです。

では、夷陵の戦いの大敗後の蜀に魏が攻め込んでいたらどうなっていたでしょうか。

蜀は劉備が大敗のショックで白帝城に引き籠っている状態です。

しかも本陣の兵を多数失っています。蜀のダメージは計り知れません。

兵力、将の数、兵糧、どの面でも魏は蜀を圧倒しています。

しかし問題は蜀が長江の上流に位置し、四方を高い山脈に囲まれた天然の要塞だということです。

守るのはたやすく、これを攻めるのは非常に困難でした。

かなりの労力と損害を覚悟しなければなりません。

 

 

蜀に関羽張飛がいないといえども、軍師には諸葛亮孔明がいますし、

趙雲魏延馬超(西暦222年に亡くなったようですが)も健在です。

何よりも危惧されるのはその隙に呉が蜀の領土に侵攻することです。

魏にとって呉が巨大化することは一番厄介でした。

魏が漢中辺りでモタモタしている間に、呉は長江を遡って成都まで落としてしまうかもしれないのです。

魏が蜀を攻めることで一番得をするのは呉になる可能性があったのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

先に呉を潰す

 

曹丕にとって孫権の臣従という結果は喜ぶものでしたが、

まだ信用するには足りなかったようで、しきりに孫権の息子を人質に出すよう要求しています。

しかし、呉にとっても魏がこれ以上に勢力を拡大することは避けねばならないことでした。

また、自治を守り、魏に対抗するためには蜀の協力が絶対に必要だったのです。

ここで孫権は時間稼ぎをします。それが曹丕の逆鱗に触れました。

ここに長きにわたる「合肥の戦い」が幕を開けます。

魏にとって最も邪魔な存在は、蜀よりも国力が豊かな呉でした。

先に呉を潰してしまえば、蜀など後でどうにでもなるからです。

しかも荊州と大勢の兵を失った蜀が魏に攻め込んでくることなどありえません。

戦力が整うのは随分と先になると曹丕は見ていました。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結論、魏が蜀に攻め込んでいたら蜀を滅ぼせていたが、将兵を多く失い、

また最大のライバル国である呉の国力を高めることになった。

つまり魏と呉の国力の差が縮まるということです。

蜀より、先に呉を叩こうとした曹丕の決断は必ずしも誤りではなかったのではないでしょうか

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  2. 曹丕 そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めち…
  3. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  4. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  5. 絶世美女 貂蝉 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  6. 夏侯惇 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  7. 魯粛と周瑜が詐欺を決行 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  8. 張飛にお酒はだめだよ 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 孔明と司馬懿
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 曹植
  5. 曹操
  6. 馬にまたがって戦う明智光秀
  7. キングダム53巻
  8. 陸遜

おすすめ記事

  1. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック 朝まで三国志の公孫瓚
  2. いまさら聞けない真田丸って一体何なの? 真田丸
  3. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  4. はじめての三国志 facebook はじめました。
  5. 宰相とはどんな役職なの?古代中国から清の時代まで続いた役職・宰相 曹操丞相えらいねんで!
  6. 樊城の戦いは魏の援軍が要だった!魏の援軍たちとその数を知る 援軍に向かう陳表軍

三國志雑学

  1. 笑う曹操
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 結婚を喜ぶ孫策
  4. 魏延と孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と劉備
  2. 周倉とホウ徳
  3. 王異
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. パワハラをする張飛

おすすめ記事

意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった? 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは? 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 キングダム45 これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? 鄒氏 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女 司馬昭 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!? 曹操と荀彧 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP