はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

キレる劉備になだめる黄権




 

孔明から「龐統(ほうとう)廖立(りょうりつ)は、

荊州(けいしゅう)の逸材というべき人物であります。」と評価を下されていた廖立(りゅうりつ)。

しかし彼はあることに不満を持っていたことが原因で、

蜀の諸将や文官達を批判しすぎて庶民に落とされてしまうのです。

今回は言葉が過ぎてしまったため庶民に落とされてしまった

残念な文官・廖立をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密




孔明から龐統と比較して遜色ない人物であると評される

 

廖立は劉備が南荊州を攻略した際に幕僚として加わることになります。

彼は劉備に仕えるとすぐに優れた才能を発揮したため、

すぐに官位が昇格することになり長沙(ちょうさ)太守として任命。

孔明は劉備が益州攻略戦に出陣した際荊州で留守番することになります。

彼は荊州で留守番をしている時、

孫権の使者がやってきて今後の展開などについて色々と話し合いが行われます。

この話し合いが終わった後に宴会となるのですが、

この席で孫権の使者から「劉備殿の陣営にはいろいろ優秀な人材が揃っていると思いますが、

誰が今後の劉備政権を背負っていくにふさわしい人物であると考えていますか。」と尋ねられます。

孔明はこの質問に「今の劉備政権で優秀な人材は、

龐統(ほうとう)と廖立の二人と言えるでしょう。

このふたりは荊州地方の逸材であり、

劉備政権を支える人物にふさわしいと考えております。」と自らの評価を述べます。




成都に帰還する

 

劉備が益州攻略に成功すると孔明や張飛趙雲といった武将達は、

劉備政権の新しい本拠地となった成都に移行されることになります。

しかし廖立は長沙太守として残り、

関羽の配下として民政をしっかりと担当していくことになります。

しかし孫呉との南荊州の領地問題が発生。

長沙・零陵(れいりょう)・桂陽(けいよう)は孫呉に属することになります。

廖立は孫呉に長沙が編入される前に逃亡することに成功し、

劉備の本拠地となっている成都に帰還することになります。

 

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

関連記事:関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

 

自らの才能に驕り悪口を言いまくる

 

廖立は益州に到着すると新たな官位をもらって、益州の政権に参画することになります。

彼は自らの才能が優れていると自負しており、

劉備死後孔明の次位の位を与えれるものだとばかり思っておりました。

しかし孔明の次位の位どころかあまり官位を昇進させてもらえませんでした。

そのため大いに不満を持ち部下であった蒋琬(しょうえん)らに

関羽は荊州の全軍を上げて樊城を攻略しようと試みたが、彼が行ったことは一州を失うと

言う大損害を出した。

また向朗(しょうろう)は大した能力を持っていないくせに高い位におり、

経済官僚としていい気になっている王連なんぞは民衆を疲弊させた悪人である。」と

蜀の文官や武将の悪口を延々と述べます。

蒋琬は廖立が述べた言葉をそのまま孔明に伝えると孔明は激怒して、

劉禅に上奏して廖立を庶民に落としてしまいます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

庶民に落ちて遠方に流された廖立

 

廖立は孔明によって庶民に落とされ益州の遠方に流されてしまいます。

彼は家族と一緒に農業に励んで田畑を耕しておりましたが、

孔明が亡くなったと知ると大いに悲しんで家族へ「孔明が死んだせいで、

私は益州に戻ることができなくなってしまった」と述べたそうです。

 

関連記事:三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

廖立は孔明によって庶民に落とされますが、彼に対して恨み言を言わなかったそうです。

孔明が法律を公平に運用して誰に対しても罪と褒賞を明らかにしていたのを

廖立も知っていたので、不満を述べなかったのではないでしょうか。

また姜維(きょうい)が廖立が流された地に軍勢を率いて通過した際いろいろと語り合ったそうです。

姜維が来た時にはかなりの老齢であったにも関わらず、

蜀の政権に参加していた時と全く変らない明晰さを持っていたことに驚いたそうです。

皆様も他人を批判しすぎると廖立みたいになってしまうかもしれないので、

気をつけてくださいね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?
  2. 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  3. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 呉の孫権 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  5. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  6. 法正と劉備 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  7. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  8. 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽 関索
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 西遊記巻物 書物
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 于禁と兵士
  6. 呂雉(りょち)
  7. 徐庶

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  3. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 一騎打ちをする太史慈と孫策
  4. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!? 三国志大学で勉強する劉備
  5. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  6. 廃刀令とはどんな法律?武士の特権を奪ったリストラ政策 鄧禹と兵士

三國志雑学

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 曹沖
  3. 張飛の男気人生
  4. 周倉とホウ徳
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操

おすすめ記事

これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP