よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

この記事の所要時間: 237




 

織田信長(おだのぶなが)。

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家のトップに就任。

尾張国内に散らばって領地を持っている織田家を打倒しながら尾張統一へ向けて、

少しづつ領土を拡大しておりました。

しかし信長には尾張(おわり)国内に散らばっている織田家よりも

強力な敵がいたことをご存知でしたか。

この敵を倒したときはじめて信長が尾張を統一することになるのです。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」




信長最強の敵とは

 

信長は尾張守護の斯波家を打倒して権力を握っていた織田信友を倒します。

さらに彼は信友を倒すときに味方してくれた叔父・織田信光(おだのぶみつ)が、

家臣に殺害されると信光を殺害した家臣を討伐して、

信光の所領を吸収します。

しかし信長には上記でも説明したように最大の敵が潜んでおりました。

その敵とは信長の弟である勘十郎信行でした。

彼は父信秀が亡くなると末森城(すえもりじょう)を居城として与えられることになります。

さらに彼には重臣として後年織田軍の北陸方面司令官として活躍することになる

柴田勝家(しばたかついえ)や近畿方面で活躍した佐久間信盛(さくまのぶもり)が付けられておりました。

また信行には信長の筆頭家老である林通勝(はやしみちかつ)も味方しておりました。

信長は織田家の家中を二つに割っている信行こそ最大の敵と認識しておりました。




ついに謀反

 

信行は林通勝や柴田勝家らに担がれて信長に反旗を翻し、

織田家を真っ二つに割って信長に決戦を挑みます。

信長は信行が反乱を起こしたことを知ると急いで軍勢を整えて迎撃。

信長・信行率いる両織田軍は稲生(いのう)で激戦をくり広げることになります。

この時、信長率いる軍勢は立った700人。

対して信行率いる軍勢は約2倍の1500人ほどでした。

信長よりも信行の方が織田家の家中から人望があることが、

上記でお分かりになると思います。

さて稲生合戦ですが普通に考えれば信行軍が信長軍を撃破・・・・だと思いきや

そうなりませんでした。

その理由は信長が奮戦して兵の士気を上げると共に、

信行軍に参加していた勇将・林美作守を討ち取ったことがきっかけで信行軍は崩壊。

こうして辛勝を得ることになった信長でしたが、

弟信行を討ち取ることには失敗してしまいます。

その後信長は弟・信行と和睦することになります。

 

再び信行謀反!?

 

信行は信長と和睦しますが、彼と和睦した翌年反乱を起こすことを計画します。

しかしこの計画は事前に信長にバレてしまい、

信行は母親の前で信長に殺害されてしまいます。

信行の計画を信長に密告した人物とはいったい誰なのでしょうか。

それは柴田勝家です。

彼は信行の戦の下手さに辟易してしまい、信行を裏切って信長に味方することにします。

勝家の裏切りによって信長は最強の敵を倒すことに成功。

そして残る敵であった織田信賢(おだのぶかた)を討伐して尾張統一を成し遂げます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

信長は尾張国内に散らばっていた織田家を討伐。

そして織田家内部を真っ二つに割って勢力争いをした最強の敵・弟信行を倒して、

尾張統一を成し遂げることに成功します。

父織田信秀から家督をついで織田家のトップに就任した信長は、

足掛け9年をかけて尾張統一を果たすことになります。

この9年間は非常に辛い状況であった信長ですがいいこともありました。

それは織田家中の主導権を握ることに成功したことです。

信長は尾張統一戦を始めてから9年間、

織田家中の主導権は信長が握っていたものの、織田家の主導権は無いに等しい状態でした。

しかし彼は尾張統一戦においても苦しい状況でしたが戦に連戦連勝し、

自らの実力を家臣団に見せつけます。

信長の活躍を見ていた家臣達も信長の実力を見せつけられた事がきっかけで、

織田家のトップは信長であることを容認。

こうして信長は名実共に織田家のトップに君臨することができたことを考えると

苦しい尾張統一戦はそれなりに成果もあったと言えるでしょう。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  2. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモ…
  3. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見…
  5. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  6. 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を…
  7. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  8. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】
  2. 三国志夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  3. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!
  4. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  5. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  6. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・ 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち? 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る! 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ 【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!

おすすめ記事

  1. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  2. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  3. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ
  4. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部
  6. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  7. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  8. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP