架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

この記事の所要時間: 237




 

織田信長(おだのぶなが)。

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家のトップに就任。

尾張国内に散らばって領地を持っている織田家を打倒しながら尾張統一へ向けて、

少しづつ領土を拡大しておりました。

しかし信長には尾張(おわり)国内に散らばっている織田家よりも

強力な敵がいたことをご存知でしたか。

この敵を倒したときはじめて信長が尾張を統一することになるのです。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」




信長最強の敵とは

 

信長は尾張守護の斯波家を打倒して権力を握っていた織田信友を倒します。

さらに彼は信友を倒すときに味方してくれた叔父・織田信光(おだのぶみつ)が、

家臣に殺害されると信光を殺害した家臣を討伐して、

信光の所領を吸収します。

しかし信長には上記でも説明したように最大の敵が潜んでおりました。

その敵とは信長の弟である勘十郎信行でした。

彼は父信秀が亡くなると末森城(すえもりじょう)を居城として与えられることになります。

さらに彼には重臣として後年織田軍の北陸方面司令官として活躍することになる

柴田勝家(しばたかついえ)や近畿方面で活躍した佐久間信盛(さくまのぶもり)が付けられておりました。

また信行には信長の筆頭家老である林通勝(はやしみちかつ)も味方しておりました。

信長は織田家の家中を二つに割っている信行こそ最大の敵と認識しておりました。




ついに謀反

 

信行は林通勝や柴田勝家らに担がれて信長に反旗を翻し、

織田家を真っ二つに割って信長に決戦を挑みます。

信長は信行が反乱を起こしたことを知ると急いで軍勢を整えて迎撃。

信長・信行率いる両織田軍は稲生(いのう)で激戦をくり広げることになります。

この時、信長率いる軍勢は立った700人。

対して信行率いる軍勢は約2倍の1500人ほどでした。

信長よりも信行の方が織田家の家中から人望があることが、

上記でお分かりになると思います。

さて稲生合戦ですが普通に考えれば信行軍が信長軍を撃破・・・・だと思いきや

そうなりませんでした。

その理由は信長が奮戦して兵の士気を上げると共に、

信行軍に参加していた勇将・林美作守を討ち取ったことがきっかけで信行軍は崩壊。

こうして辛勝を得ることになった信長でしたが、

弟信行を討ち取ることには失敗してしまいます。

その後信長は弟・信行と和睦することになります。

 

再び信行謀反!?

 

信行は信長と和睦しますが、彼と和睦した翌年反乱を起こすことを計画します。

しかしこの計画は事前に信長にバレてしまい、

信行は母親の前で信長に殺害されてしまいます。

信行の計画を信長に密告した人物とはいったい誰なのでしょうか。

それは柴田勝家です。

彼は信行の戦の下手さに辟易してしまい、信行を裏切って信長に味方することにします。

勝家の裏切りによって信長は最強の敵を倒すことに成功。

そして残る敵であった織田信賢(おだのぶかた)を討伐して尾張統一を成し遂げます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

信長は尾張国内に散らばっていた織田家を討伐。

そして織田家内部を真っ二つに割って勢力争いをした最強の敵・弟信行を倒して、

尾張統一を成し遂げることに成功します。

父織田信秀から家督をついで織田家のトップに就任した信長は、

足掛け9年をかけて尾張統一を果たすことになります。

この9年間は非常に辛い状況であった信長ですがいいこともありました。

それは織田家中の主導権を握ることに成功したことです。

信長は尾張統一戦を始めてから9年間、

織田家中の主導権は信長が握っていたものの、織田家の主導権は無いに等しい状態でした。

しかし彼は尾張統一戦においても苦しい状況でしたが戦に連戦連勝し、

自らの実力を家臣団に見せつけます。

信長の活躍を見ていた家臣達も信長の実力を見せつけられた事がきっかけで、

織田家のトップは信長であることを容認。

こうして信長は名実共に織田家のトップに君臨することができたことを考えると

苦しい尾張統一戦はそれなりに成果もあったと言えるでしょう。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…
  2. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  3. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…
  4. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモ…
  5. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  6. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  7. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…
  8. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  3. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  4. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  5. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  6. 董卓は実は名将軍であるという根拠

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴? ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物 これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】
  2. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  3. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  4. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  5. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  6. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  7. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  8. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP