ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

山頂に陣を敷いた馬謖


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・泣いて馬謖を斬る」のコーナーです。

 

 

「泣いて馬謖を斬る」のフレーズがあまりにメジャーなので話題にするのをずっと避けてきましたが、

今回は初めて馬謖(ばしょく)を主役にお話をしていきます。

馬謖を好きか嫌いかと問われると、圧倒的に嫌いと答える人が多いのではないでしょうか。

彼の街亭の敗戦がなければ諸葛亮孔明の第一次北伐はかなりの成果をあげていたからです。

しかも敗戦の理由が自分勝手な判断で命令違反をしたのですから目も当てられません。

日本の戦場でも似たような事例はありますね。

第二次世界大戦時には、無謀なインド侵攻を独断で進めた「インパール作戦」の牟田口司令官や、

「レイテ沖海戦」で独自の判断で反転した栗田司令官も同じような評価を受けています。

大事な局面を任された将であるからこそ期待される一方で、

その期待に応えられない采配を見て周囲には大きな失望感が広がります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!


馬氏の五常

 

荊州の地で評判になっていたのが馬氏の五兄弟です。

五人とも字に常の字を含めていました。

その中でも長男の馬良(ばりょう)、字は季常はもっとも評判が良く、

眉に白毛が多かったことから「馬氏の五常、白眉、もっとも好し」といわれています。

劉備は人材不足もあり、この五兄弟を全員召し抱えようとしましたが、その父親に断られました。

一人だけなら承諾してくれるということなので、二十三歳になる長男の馬良季常を採用しました。

馬良は左将軍掾のポストに就いています。

さらに劉備が荊州を離れることになった際には留守役の関羽の主任参謀に抜擢されています。

間違いなく白眉は優秀だったわけです。


末子、幼常

 

そんな兄の活躍を聞いて末子の幼常は父親にせがみます。

自分も劉備に仕えて才能を発揮したいと願ったのです。

当時の劉備は益州を平定し、漢中王に即位していました。絶頂のときです。

父親も末子には甘かったのか、幼常の要求に応えます。

こうして五常の末子、馬謖幼常は劉備に仕えることになるのです。

その才能に驚いたのは諸葛亮孔明です。

馬謖は経書、三史、孫子、呉子、六韜などの兵書に精通していましたし、

諸葛亮孔明の問いに即答できるキレも持っていました。

諸葛亮孔明は馬謖を育てるためにエリート教育を施します。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました


馬謖の主張

 

馬謖が南征に向かう諸葛亮孔明にアドバイスをしたことは有名です。

「用兵の道は心を攻めるを上策とする」というものです。南征はこの方向性で成功しました。

いよいよ第一次北伐の際に、魏延が子午道を抜けて長安近郊の郿城攻略を提案します。

ここでも馬謖は口を挟みその危険性を主張しました。魏延の提案は却下されています。

このとき諸葛亮孔明は上庸を囮にし、

本隊は天水郡を迂回し長安へ向かう予定でしたが誰にも明かしてはいません。

しかし予想外の事態が起き、上庸の孟達司馬懿によって討たれます。

諸葛亮孔明は冷静に対処し、上庸には趙雲が向い敵を引き付け、

子午道には孟獲を向かわせ長安の兵力を割くことに成功します。

後は天水へ本隊を進軍させれば勝敗を決することができるのですが、

そのためにはどうしても固めておかねばならない道がありました。

それが街亭という丘陵の町です。

馬謖は諸葛亮孔明にすがりついて街亭の指揮を任せて欲しいと懇願しました。


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

絶対に敵を通さぬように命じられた馬謖でしたが、南に山があることに気が付き、

「高きより低きを攻める」というマニュアルに従って布陣場所を独断で決め、

水源を断たれ敗北します。

重要拠点である街亭はあっさり突破され、占拠されたのです。

 

 

諸葛亮孔明はあまりに大事に馬謖を育てすぎ、負ける経験をさせず、

挫折感を味わせなかったために、馬謖は大事な局面で自分の才を過信して大敗しました。

兄である馬良は「幼常には経験というより苦労を知らない」と危ぶんでいたそうですし、

劉備も生前に同じような危惧を抱いていました。

諸葛亮孔明は北伐失敗の責任をとる形で降格し、

敗戦の要因を招いた馬謖を斬りました。

諸葛亮孔明の人を選ぶ判断、馬謖の命令を遂行する判断、

どちらかの判断が正しければ、北伐は成功していたかもしれませんね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!…
  2. 姜維 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  3. 司馬昭と司馬師 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  5. 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  6. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  7. 蔡瑁 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…
  8. 鍾会 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  2. 楊貴妃
  3. 孔明
  4. 三国志 象兵
  5. 騙し合う呂布と袁術
  6. 岳飛(南宋の軍人)
  7. 疫病が流行った村

おすすめ記事

  1. 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」
  2. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 孔明
  3. 資本論には何が書いてあるの?【前編】 カール・マルクス
  4. キングダム603話ネタバレ予想vol2「李牧逆転勝利?鍵は舜水樹が握る」 キングダム54巻amazon
  5. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 蔡琰
  6. 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚 騎兵を率いる夏侯尚

三國志雑学

  1. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. 法正
  4. 曹芳
  5. 魏王の曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 太史享
  2. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  3. おんな城主 直虎
  4. 禰衡
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 袁紹モグラ作戦
  7. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

王倫 雍闓とはどんな人?劉備の死で運命が狂った小群雄 曹嵩 曹操の兄弟と父の曹嵩はやっぱり英雄の血を引いていたの? 王翦 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族 キングダムの王騎 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ! 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 魏延 魏延はどんな性格だったの?実はあの有名人のファンで純粋な漢だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP