英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

馬謖を斬り悲しむ孔明




孔明と姜維

 

劉備(りゅうび)以来の古参の将軍、魏延(ぎえん)との間に

魏への進攻ルートを巡り不協和音を起しながらも、諸葛亮孔明は、

大きくルートを迂回して、天水で後継者姜維(きょうい)を得る事に成功します。

しかし、一方で荊州、新城の孟達(もうたつ)を寝返らせて洛陽を衝く作戦は

失敗した上に、それを察知した司馬懿(しばい)孟達を討たれてしまいます。

 

前回記事:122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活




司馬懿の復活に孔明は街亭防衛を馬謖に命じる

馬謖 孔明

 

司馬懿が再び、曹叡(そうえい)に呼び出された事は孔明にとっては痛いニュースでした。

戦略眼に長けた司馬懿が、天水と成都と長安を結ぶ要である街亭(がいてい)を、

奪いに来る事は容易に予想できたからです。

 

そこで、孔明は愛弟子である馬謖(ばしょく)を呼び出し、

街亭に布陣させて、司馬懿の攻撃に備える事に決めます。




孔明は、しつこく、馬謖に山上に布陣しないように念を押す

馬謖 孔明

 

孔明は、直弟子でも、戦勝を挙げた事がない馬謖には、

街亭の守備はよい経験であり、手柄になるだろうと考えました。

その一方で、万一の手抜かりもないように、街亭の地図を広げ、

補給路としての戦略的な重要性を教え、何が何でも失ってはいけない事、

それに、水源は麓にあるので、山上に陣を敷かない事を命じました。

 

馬謖は承知しましたが、心配症な孔明は、実戦に秀でた

ベテラン王平(おうへい)を副官につけて、

さらに魏延を援軍に送ろうとしていました。

 

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

関連記事:王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣

 

街亭の地形を見て油断した馬謖 山頂に布陣してしまう

馬謖

 

馬謖の軍勢1万は、魏の張郃の軍勢より先に、街亭に到着します。

しかし、ここで馬謖は、孔明の言いつけを破り、山頂に布陣しようとします。

 

王平「何をなされているのです!山頂に布陣をしてはいけません」

 

馬謖「敵より高い場所を得て、視界を確保するのは兵法の常道だ」

 

王平「それは、水が山頂にもある場合に限ります。

麓にしか水源がない以上は山頂に陣を敷くのは絶対に危険です」

 

馬謖「はっ、、こんな田舎に魏軍が来るものか、、

丞相は神経質すぎるのだ、構わん、兵を山頂に上げよ」

 

王平(これはいかん、すぐに丞相に知らせねば・・)

 

王平は馬謖を説得しつつ、孔明に急を知らせる伝令を立てました。

 

張郃(ちょうこう)、馬謖の失態を見逃さず、街亭を包囲する

張郃

 

街亭に急行していたのは、歴戦の名将、魏の五虎将軍、張郃でした。

馬謖の陣を一目見て、張郃は狂喜します。

 

張郃「しめた、馬謖のバカは戦を知らん、すぐに騎兵を急行させて、

街亭を包囲して水源を断て!!」

 

馬謖も張郃が来たのを見て、慌てて山を降りようとしますが、

間に合いません、見る間に包囲されて水を断たれました。

 

その日から、馬謖軍は、飢えと渇きに苦しむ事になります。

水が無いので、煮炊きも出来ないからです。

王平は、だから言わんことではないと悔やみますが、

いまさら馬謖をなじってもどうにもなりません。

 

関連記事:正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

張郃、総攻撃、馬謖 魏延に救われる

魏延

 

10日も包囲を続けてから、張郃は頃合いと考えて、兵を

山頂に殺到させ、山には火を放ちました。

 

飢えと渇きに苦しめられた馬謖軍に戦う力はありません。

もはやこれまでと思った所に、孔明が派遣した魏延が間に合い

馬謖は命からがら、街亭を落ちていきました。

【次のページに続きます】


ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  2. ツンデレ曹丕 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  3. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  4. 劉備と呂布 どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  5. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  6. 撃剣を使う曹丕 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  7. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  8. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スサノオノミコト(日本神話)
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 劉備に降伏する劉璋

おすすめ記事

  1. 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団 暴れまわる異民族に困る梁習
  2. 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀? 曹植は軟弱ではなかった曹植
  3. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?
  4. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた?
  5. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  6. キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか?

三國志雑学

  1. 法正
  2. 蜀の兵士
  3. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 小松帯刀
  3. 劉備と再開する趙雲
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 法正と劉備
  6. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

東京五輪のボランティア いだてん 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは? 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布 【9月の見どころ】9/24公開予定:【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 王允と呂布 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP